くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

≫ EDIT

【日記】チャレンジタッチ その13

長男君が進研ゼミの『チャレンジタッチ』を始めて、
そろそろ、3年が経とうとしております
IMG_2029.jpg
ま、小学校入学と共に始めたので、
学年数がそのまま継続年数となるのですがね

もちろん、ただ受講していた訳でなく・・・
IMG_2048.jpg
毎月更新される課題やテキスト、赤ペン先生の問題、そして、実力診断テスト、

DSC_5428_20160415221630b9d.jpg
それらを、全てバッチリこなしてきた長男君

更には、
DSC_2606.jpg
『Challenge English』も、2年生のときより追加受講をはじめまして

『継続は力なり
間違いなく、こなしてきた課題は長男君の力へとなってる事でしょう


して、そんなこんなで毎日チャレンジタッチを頑張る長男君ですが、
もちろん、一人で全ての問題が解ける訳ではないので、
特に応用問題については、
私達(親)に、どうやって解くのか聞いてくるのですが・・・

DSC_0047.jpg
嫁さんが、長男君に聞かれて考えてます・・・
『うーーーん。。。。わからん
って、応用問題といえど、
まだ、小学3年生の課題やでーーー
いつかは、答えれない問題がくるであろうと思ってましたけど、早くない

なーんて、ツッコミながら、
問題を見てみるとー・・・
DSC_0053_1.jpg  
この問題。わかりますでしょうか
確かに、一瞬『ん、どうやるんだ?』と考えこんでしまいましたが、
私はなんとか解く事ができて一安心
今回は親の面目は保つことができたな。。。
と、内心ホッと

しかし、後日、続いてー・・・
DSC_0054_20170219213041bc4.jpg
これは、長男君が解らなかった訳でなく、
たまたま、長男君がやってるのを目にした問題ですが・・・
『ボールをほうる』
・・・『ほうる』の漢字
んーむ・・・
もう、今やパソコン・スマホですっかり字を書く習慣がなくなってしまって、
と、言うのは言い訳ですが、パッと漢字が浮かんでこない
長男君は解ってるようだったので、
ちょっと、私が横から口出しをして、
『この問題、父さんにやらしてみぃ』と・・・

『ほうる・ほうる・ほうりなげる・ほうりだす・・・ほうしゅつ、放出・・・』

これだ
DSC_0056.jpg  
えぇぇぇぇーーーなんとか絞り出したのにーー
確かに、間違えやすい漢字ですけど・・・
さらに、細かい所のお直しを入ってるしーー
参りましたね


いやはや、小学3年生といえども、
もう立派な学習ですねぇ
長男君の問いに答えれなくなる日は、
もう、そろそろのようですな
ちゃんちゃん。。。




~~~ チャレンジタッチ関連記事 ~~~ 

829.【日記】チャレンジタッチ・冬の実力診断テスト3年生 (2016.12.28)
784.【日記】チャレンジタッチ・夏の実力診断テスト3年生 (2016.9.3)
704.【日記】チャレンジタッチ その12 (2016.4.17)
703.【日記】チャレンジタッチ その11 (2016.4.16)
690.【日記】チャレンジタッチ・英語&赤ペン&まとめの実力診断テスト2年生 (2016.3.22)
642.【日記】チャレンジタッチ・冬の実力診断テスト2年生 (2015.12.21)
589.【日記】チャレンジタッチ・夏の実力診断テスト2年生 (2015.8.30)
549.【日記】チャレンジタッチ その10 (2015.6.13)
530.【日記】チャレンジタッチ その9 (2015.4.21)
510.【日記】チャレンジタッチ 実力診断テスト (2015.3.21)
503.【日記】チャレンジタッチ その8 (2015.3.7)
482.【日記】チャレンジタッチ その7 (2015.1.25)
453.【日記】チャレンジタッチ その6 (2014.11.23)
432.【日記】チャレンジタッチ その5 (2014.10.1)
420.【日記】チャレンジタッチ その4 (2014.9.4)
367.【日記】チャレンジタッチ その3 (2014.5.28)
349.【日記】チャレンジタッチ その2 (2014.4.18)
337.【日記】チャレンジタッチ (2014.3.26)



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】長男君・作文発表会

長男君の3年生、最後の参観日がありまして、
DSC_0060_20170217231308a11.jpg
その参観日の内容は、作文発表会との事

まぁ、残念なことに、
私は仕事なので行けなかったのですが、
嫁さんいわく、
長男君はとってもよく頑張ってたよ


てのも、
今、長男君は学級委員長をやってる事もあって、
クラスで一番手の発表となったようですが、
この招待状に書いてるあるとおり、
ゆっくりとはきはきと、そして大きな声でバッチリ発表できてたよ
とね
また、多分に親バカ目線が入ってるのは間違いないですが、
クラスで一番の出来だったよとね
ま、作文の内容はおいておいてね

あ、ちなみに、
長男君が作った作文の内容はコチラ
DSC_0052.jpg 
要約すると、
みななからのアドバイスを貰って、それを実践することで、
跳び箱・なわとび・マットの出来なかった課題が出来るようになったよね
素敵な内容であるのですが、
肝心なアドバイスの具体的な内容が出てこないというね・・・
なので、内容はおいておいてね

先に書いてますが、
参観日当日、長男君の発表を聞けなかった私なのですが、
その日、仕事から帰ると長男君が、
DSC_0040_20170217231305319.jpg
『今日、お父さん来れなかったから、
お父さんにも今から、僕が作った作文聞かせてあげるね
と、本番さながらに私だけの為に、
これまた大きな声で作文発表をしてくれました

まー、夜も9時を回った時間だったのですが、
ご近所さんにも聞こえるのではないかという、
通る大きな声で発表してくれて

ホントすばらしい成長に、
しみじみと感無量の私でありました



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg
 

| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】仔羊たちの聖夜/西澤 保彦

仔羊たちの聖夜(イヴ) (幻冬舎文庫)
287.仔羊たちの聖夜/西澤 保彦


読書感想も久しぶり
映画と同じく、私の第一趣味なので、
もちろん何ヶ月もの間読んでいなかった訳ではなく、
寝る前の読書は、もう私の日常でありますからね

てことで、何冊か既読本がありますので、
思い出しながらですが・・・、
読書感想でもつづっておかねばね

して、久々の読書感想、
今回は西澤 保彦さん
SFミステリー・本格ミステリーどちらも傑作揃いの作家さん
今回は、本格ミステリー、
西澤 保彦の人気シリーズのひとつでもある、『タックシリーズ』

しかしまぁ、今作が『タックシリーズ』である事を、
読了後に知った私
シリーズ物は、必ず第1作目より読みたい派の私としては、
今回は失敗で
既に、シリーズ3作品目だったようで

ま、逆に、
とりあえずシリーズ物と知らずに読んでも、
楽しめる(はず?)という作品という事で
して、その内容は・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

クリスマスイヴの夜、
一人の女がマンション最上階から転落死した。

偶然、現場に遭遇した匠と高瀬。

状況は自殺だが結婚式を控えた彼女に動機はなかった。
ならば殺人か?
事件を調べる二人は五年前にも
同じ場所での高校生の飛び降り自殺を知る。

一年後、三たび事件が。
今度は二人の親しい友人だった…。

本格ミステリの醍醐味を味わえる傑作。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


いやはや、あらすじだけを読むと、
ミステリ好きには心躍る期待膨らむ内容で

同じ場所で3度もの自殺
なぞの動機
なぞの遺品
なぞのつながり

すべてがひとつの真相として、
どんなミステリーが解き明かされるのか、
ワクワクしながら手にとって読み始めた次第でしたが、
答えは、ドロドロでしたねぇ

個人的には、そういう人間ドラマ的な、
(偏見ですが)昼ドラ的なね、
そーゆー真相は求めていなかったなぁー

やっぱり、本格ミステリってなら、
トリックありきの、真犯人ありきの、どんでん返しじゃないとねー
そういった意味では、
完全に期待はずれであった今作

しかしまぁ、シリーズ物としての魅力はとっても感じましたね
シリーズ物が人気となる重要なファクターとして、
やはり主要な登場人物のキャラクターだと思うのですが、
タックシリーズの主要キャラ4名は、
なかなかに濃いキャラであり魅力的でしたねぇー

作品のミステリーの内容は、重たーいヘドロ展開ですが、
主要キャラ達のやりとりは、とってもコミカルで面白かったですね
また、今作は、主要キャラの4人の出会いから描かれており、
それぞれの性格と成長と変化が見て取れる内容となってますね

今作タックシリーズの3作品目ですが、
最初に、ここから読見始めても問題ないと思われると書いてますが、
実際には、やっぱり1・2作目を読んで、
ある程度登場人物たちの背景を知った上で読んだほうが、
やはり、シリーズの流れの中での物語りは楽しめるのは間違いないでしょうね


とまぁ、シリーズ物としては読んでみたいと思いつつも、
今作だけの本格ミステリとして考えてみると、
少しばかし、物足りない勿体無い感のある作品でしたね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

274.【小説】瞬間移動死体/西澤 保彦 (2016.5.18)
270.【小説】解体諸因/西澤 保彦 (2016.3.31)
228.【小説】腕貫探偵/西澤 保彦 (2015.5.16)
71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】バレンタイン2017

そういえば・・・
今日バレンタインでしたねぇー

と、昨年の今日とまったく同じ出だしですが、
毎年、本当に今日がバレンタインというのを失念しておる訳で
会社に行って、
部署の同僚よりチョコの詰め合わせを貰って、
初めて気づく次第でして

DSC_0542_2017021422350011d.jpg 
何にしても、もらえるだけで有難い事であります
しかしまぁ、正直、
先に書いたように、失念してまうバレンタインをいう日を、
無駄に期待して過ごさなくなって、早10年以上
無駄にドキドキとしながら、過ごした学生時代が懐かしい、
三十路超えの親父みかんなのですが、
息子たちにとっては、どんな一日なのですかねぇ?

小学3年生となった長男君は、
もう、バレンタインでチョコを貰うという事が、
ある程度、義理・本命を含めで理解してるのですかね
DSC_0539.jpg
今年も、友達(?)の女の子がわざわざ家にクッキーを持ってきてくれて
普段は、もちろん来ることが無い子なのですが、
チャイムを押して出たのが私の親父だったようで
嫁さんや、オカンならまだしも、私の親父だったので、
ちょっとドギマギしたのではないでしょうかね
その後、長男君が出て行き、
なんだか嬉し恥ずかしの受け渡しだったようで
微笑ましいですなぁ

まぁ、長男君はなんだかんだで毎年、
なにかしらチョコを貰ってたのですが、
今年は、なんと次男君まで
DSC_0537.jpg 
コチラも、保育所の駐車場で貰ったらしいのですが、
相手の子も、次男君もモジモジの受け渡しだったようで、
これまた想像すると、自然と笑みがこぼれる私ですが

まぁ、その時に、
次男君がちゃんとお礼をいえなかったのようで、
DSC_0534.jpg
改めて、お礼のお手紙メールを送ったようで(嫁さんが)

にしても、子供たち二人して、
しっかりとチョコを貰っちゃって
それも、嫁さんに聞くと、
みんなにあげてる訳でなく、
長男君だから、次男君だからで、貰ってるようで、
本チョコかは不明ですが、
完全な義理では無いというのが、なんとも・・・

私なんて・・・
嫁さん以外に、マジなチョコを貰ったことなんて、
記憶をどんなに思い返しても思い当たらないのに・・・orz

ま、そんな悲しい過去は忘れて、
今は、嫁さんがいつもサプライズ的に素敵なプレゼントを用意してくれまして
会社で今日がバレンタインと気づくと、
今年はどんなプレゼントが待ってるだろう。と、
やや期待をしつつ、今日帰ってきた私でありますが・・・

『あ、今年はまだ準備できてないんよ』(嫁)

・・・はい。ちゃんちゃん



~~~ バレンタイン関連記事 ~~~

673.【日記】バレンタイン2016 (2016.2.14)
494.【日記】バレンタイン2015 その2 (2015.2.16)
493.【日記】バレンタイン2015 (2015.2.15)
319.【日記】バレンタイン2014 (2014.2.14)
153.【日記】バレンタイン2013 その2 (2013.2.16)
152.【日記】バレンタイン2013 (2013.2.15)
24.バレンタイン2012 (2012.02.14)


最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg
 

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】人狼ゲーム プリズン・ブレイク

人狼ゲーム プリズン・ブレイク [DVD]
165.人狼ゲーム プリズン・ブレイク


いやー、年末年始にかけて見た映画で、
印象に残ってる映画から感想記事にしていこうと綴ってきて3作目
その全てがホラー系って、病んでますな。。。

とまぁ、そんなことはさておき

なんだかんだで、
この人狼シリーズはずっと見てしまってるシリーズで
過去、見てきた作品は、

155.【映画】人狼ゲーム クレイジーフォックス (2016.6.26)
128.【映画】人狼ゲーム ビーストサイド (2015.5.31)
77.【映画】リアル人狼ゲーム (2014.3.17)
69.【映画】人狼ゲーム (2014.1.10)

と、4作品ありますが、
ひとつ『リアル人狼ゲーム』は、
ちょっとした間違いで
類似タイトルのパクリ映画的なものと言っておきましょうか
まぁ、そんな感じの映画なので、
コチラは忘れる事としておいて・・・

今作でシリーズ4作品目
シリーズを重ねる毎に新たな役職が出たりと、
だんだんと複雑になってきてる感のある人狼ゲームですが、
今回は、ついにゲーム脱出を図る作品に
ちょっと、見る前から期待しちゃいますが・・・
はてさて?


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

「皆さんにはこれから人狼ゲームをプレイして頂きます――。」

拉致・監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、
生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム"。

人呼んで<人狼ゲーム>。

目覚めると私はそれに参加していた。
一体誰が、どのような目的で行っているのか…。
参加メンバーのひとりが、
以前“賭け側"としてゲームを観戦したことがあると告白した。

生き残るためには、殺し合いしかないのか?

私は、ゲームを続けながら殺戮の連鎖から抜け出す方法を模索する。
互いを信じられない中、この牢獄から脱出できるのか?

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


まぁ、期待した物とは多少違いましたが、
面白かったですかね

最初の作品から、
2・3作目と、人狼ゲームの肝といえる、
狼役の人間が、見てる側としては判っての話が進むのですが、
今作は、謎のままってのが、
主人公と同じく、私たちも誰が?という、
人狼ゲームの原点ともいえる推理要素もプラスされてて、
良かったのではないでしょうかね

ただ、役職は相変わらず多く、
まぁ、初めて見る人は推理以前に、
役職の能力から判らないといけない上に、
今作でも新たな役職『狂人』というのも追加され、
普通に推理していくには厳しいかもしれませんがね

まぁ、今回の人狼ゲームの肝は、
狼当てではなく、『プリズンブレイク』
脱出
ですからねぇ

どんな手段でどうやって脱出するのか
私の期待では、
かなりの頭脳プレーか、トリッキーな技で、
この理不尽なゲームのマスターを出し抜き、
脱出を図るものだと思ってましたが・・・

んー、原始的。。。
とでも、言っておきましょう
これだけで、作品のネタバレさしてるような物ですが・・・
正直、もう一捻り欲しかったという所ですかねぇ

ラストには、一応のどんでん返しもあるのですが・・・、
視聴者側に丸解りの仕掛けなので、
『どんでん返し』とも呼べない感じですかね


とまぁ、シリーズを重ねる毎に、
作品が進化していき、素直な展開は無くなっているシリーズですが・・・
やっぱり、個人的には第1作目の『人狼ゲーム』が一番面白かったですね
しかしまぁ、このシリーズいつまで続くのでしょうかね?
最新作『人狼ゲーム ラヴァーズ』ってのが、
既に公開されてるようで
そして、レンタル解禁と同時に、
何かを期待して、
また、手に取ってる私がいるのでしょうねぇ・・・






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT