くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

≫ EDIT

【小説】孤島パズル/有栖川 有栖

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
302.孤島パズル/有栖川 有栖


今回は、前々回に読破した、
有栖川 有栖さんの学生アリスシリーズ、
月光ゲーム』に続いての、
シリーズ第2弾『孤島パズル』

やっぱり、ミステリーはいいなぁ
と、最近改めて思いまして
って、基本読んでる作品はほぼミステリばっかりなんですけどね

とまぁ、しょーもない前置きはココまでで、
はてさて、今作はどんなミステリがまってますかね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介

紅一点会員のマリアが提供した“余りに推理研的な”夏休み―

旅費稼ぎのバイトに憂き身をやつし、
江神部長以下三名、
宝捜しパズルに挑むべく赴いた南海の孤島。

バカンスに集う男女、わけありの三年前、
連絡船の再来は五日後。

第一夜は平穏裏に更けるが、
折しも嵐の第二夜、
漠とした不安感は唐突に痛ましい現実へと形を変える。

晨星落々、青空に陽光が戻っても心は晴れない…。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やっぱり、ミステリーいいですねぇ(2回目)
今作も孤島に閉じ込められての殺人事件という、
クローズドサークルであり、
このシリーズ定番なのでしょうか?
読者への挑戦も入っており、
ミステリーを楽しむ小説になっていますね

して、
今作よりシリーズのヒロイン、マリアが登場
なんとなくですが、
やや手探り感のあったキャラの個性などが、
より魅力的に描かれてるように感じましたね
前作よりはっきりとしてはいましたが、
アリスのワトソン役っぷりであったり、
マリアのおてんば姫っぷりであったり、
江神のカリスマ性なんかがね

そんな個性がはっきりと出てきたのもあって、
物語性としても、味がでてきて面白くなってるような感じ

しかしまぁ、やはりメインは本格ミステリ
絶海の孤島での、密室殺人
消えた凶器
アリバイ崩し
と、ミステリ要素満載
更には、
タイトルにある、宝探しという、
パズル要素もあって

このパズルも秀逸
『進化するパズル』ってんで、
島に点在するモアイという謎を追っていく過程で、
その謎がまさに進化しいくのですね
20年以上前に書かれた、
古い小説でありますが、
個人的には新感覚なパズルを楽しめましたね

また、パズルも順を追って謎を解明しまいたが、
殺人事件も、一つ一つの痕跡、
自転車の痕跡、移動手段、船の故障、自転車自体のアリバイ、
私が本物のミステリ通なら、
全ての条件が揃った、
『読者への挑戦状』のタイミングで、
一つにつながり真犯人が導き出せる爽快感も味わえるのでしょうけど・・・

ま、そこまでではないので
解決編を読んで、なるほどねぇーとね

作者の筆力の向上も感じれる、
とっても素敵で面白い作品でした
続けて、シリーズ3作目
『双頭の悪魔』を読みたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

300.【小説】月光ゲーム―Yの悲劇'88/有栖川有栖 (2018.2.8)
143.【小説】幽霊刑事/有栖川有栖 (2013.9.10)
47.46番目の密室/有栖川有栖 (2012.04.16)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 有栖川 有栖 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】親子料理・焼きそば編

何度もこのブログでは書いてることなのですが、
私は自慢が出来る料理オンチであり、
基本的には、料理する事自体、苦手であります

なのですが、
地域の育成会の役員をしている嫁さんは、
平日は仕事、土日は役員の仕事、そして、毎日主婦の仕事
はっきり言って多忙です
平日は私も残業をして遅くまで仕事であったりしますが、
そうなるとなお更、主婦の仕事が遅くなり負担も大になり、
はっきり言って、確実に私より多忙です

そんな多忙の嫁さんを少しでも休ませてあげれるなら
そして、不器用でへったくそで、多少味が間違っててもいいなら
と、前提条件が多いのですが・・・
ま、気持ちの問題という事で、
ツラツラと書いてますが、
嫁さんはそんな事、全くもって気にもしてないと思いますがね

てことで、
今晩の料理は、私と長男君とで料理でーす

で、まずは買い物から
DSC_5029.jpg
『このキャベツは高いのだろうか・・・?』
と、何を今更・・・。と、突っ込まれそうな会話を長男君としながら、
冷蔵庫の中に何があったかも調べずに来てるので、
必要食材を全部買いあさりであります

して、準備した食材はコチラー
DSC_5030.jpg
ま、タイトルにしてるので、メニューは丸わかりでしょうけど
今回の親子料理メニューは『焼そば』でーす
ただ、食材に肉はなく、シーフードミックスががありますが、
『海鮮焼きそば』でいってみようかとね

ではでは、
DSC_5032_20180221231818895.jpg
キャベツをザックリ切ってー

DSC_5037.jpg 
シーフードミックスを炒めてー

DSC_5041_20180221231749a7c.jpg
キャベツを追加してー

DSC_5043.jpg
そば入れて、ソースをかけてー・・・

DSC_5046.jpg
はい。出来たー
まぁ、焼きそばでありますから
まぁ、そばを焼けば出来上がりですから
まぁ、フライパンでやるより、鉄板でやるのが一番ですね

おまけに、おむすび作って、ギョーザを焼いて、
DSC_5047.jpg 
はい、おいしー
ってね
しかしまぁ、『海鮮焼きそば』のつもりで作りましたが、
シーフードミックスがあれだったのか、焼きそばは普通にお肉がいいですねー

これで、少しは嫁さん夜をゆっくりできたかな?
さて、片付け
全ての洗物を水に付けていたのですが、
油の浮いたフライパンの上に炊飯ジャーを乗っけて水を入れていたのですが・・・
はい、コレやらかしたようで
『油ものの上に、炊飯ジャーは止めてーーー
と、嫁さんに怒られちゃいました

うーむむむ。。。
やっぱり、普段やらない事をやると、
余計に手をかけてしまう結果となりますな
ま、だからといって止めてしまわず、
失敗を繰り返さないよう、
親子料理で嫁さんの力になれたらとね

次回へ、続きます
たぶん。。。。



~~~ 親子料理関連記事 ~~~

1049.【日記】親子料理・ハンバーグパン&卵かけご飯(TKG)編 その2 (2018.1.13)
1048.【日記】親子料理・ハンバーグパン&卵かけご飯(TKG)編 (2018.1.12)
1038.【日記】親子料理・すき焼き編 その2 (2017.12.22)
1037.【日記】親子料理・すき焼き編 (2017.12.21)



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】レゴ遊び 次男君編

次男君が、昨年のクリスマスに貰ったプレゼント
DSC_4656.jpg
『レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル』

組み立てマニュアルを見ながら作ったりもしてましたが、
(その時の記事はコチラ
今の遊び方は・・・
DSC_5005_20180220210923d34.jpg 
ガッシャーンと、ブロックをぶちまけて、
自分でオリジナルの組み立てを行うようになりました

DSC_5010.jpg
ちなみに、ブロックは出てるのが全てではなく、
まだまだ残っており、
何故か使わないブロックが表へとぶちまけられていきます
ま、遊び方は自由ですから、
少々の細かい事は何も言わず、次男君の完成をまってるとー・・・

DSC_5017_20180220210926c03.jpg
出来たー

DSC_5019.jpg
大中小とお家ができました
どうやら、一番左にいる猫の『にゃみー』のお家らしいです

DSC_5012.jpg 
『にゃみー』で楽しく遊び次男君であります

・・・が、5分後には・・・
頑張って作ったお家はどこかへ行き・・・
DSC_5023.jpg
『にゃみーVS投擲車』という、
異種格闘技が始まりましたとさ

男の子らしい遊びでありますね
ちゃんちゃん。






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg
 

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】密室の鍵貸します/東川 篤哉

密室の鍵貸します (光文社文庫)
301.密室の鍵貸します/東川 篤哉


久々の東川 篤哉さんの作品は、
デビュー作であります『密室の鍵貸します』

東川 篤哉さんといえば、
私も話題に便乗しました『謎解きはディナーの後で
登場人物たちの掛け合いが、
漫才やコントみてるような、クスッと笑える展開が魅力の作家さんですよね

そんな東川 篤哉さんが、
広島県の尾道市の出身だと知ったのはつい最近
同じ広島県民で、隣の市の出身者で、カープファンと
勝手に親近感が沸いちゃって、
早速、デビュー作から読んでみようと、
手に取った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介

しがない貧乏学生・戸村流平にとって、
その日は厄日そのものだった。

彼を手ひどく振った恋人が、背中を刺され、
4階から突き落とされて死亡。

その夜、一緒だった先輩も、
流平が気づかぬ間に、
浴室で刺されて殺されていたのだ!

かくして、
二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の運命やいかに?

ユーモア本格ミステリの新鋭が放つ、
面白過ぎるデビュー作。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


デビュー作から、ユーモア満載
まさに、東川節満載でありますね
面白かったです

殺人事件に巻き込まれた流平が、
知り合いの私立探偵に頼り、事件解決へと向かいはするのですが、
まぁ、名探偵とは言えず、
密室の謎を追いつつ得意げに推理したトリックは、
的外れであったりと
探偵が運転する車がかなり特徴的で、
殺人事件の容疑者となった流平を匿うつもりが、
それがネックで刑事に決定的な確信を持たせてしまったりと
この辺りの掛け合いがコントチックで笑えます

また、流平と探偵が事件を追うパートと、
刑事が事件を追うパートもあるのですが、
刑事パートの登場するコンビも特徴的で、
ホント、キャラ重視の面白さ重視の作品って感じでありますね

となれば、ミステリーとしての質といいますか、
面白さばかりを追って、トリックがつまらないかというと、
全くそんなことなかったかと

タイトルどおり、『密室』というトリックを追う感じでありますが、
そこばかりに気をとられてると、
まさにどんでん返しを食らいます
ネタバレになるので控えますが、
追う謎はそこにあったかぁ
とね

ただ、動機は・・・
まぁ、ユーモアミステリが全面に出てる作品なので、
そんな動機も、そんな密室も、ありなのかなとね


笑って読める殺人ミステリー
この作品、
『烏賊川市シリーズ』として、たくさんの続編がありますので、
続きも、読んでいきたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


99.謎解きはディナーのあとで2/東川 篤哉 (2012.11.21)
98.謎解きはディナーのあとで 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 東川 篤哉 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】読書感想300冊突破記念

読書感想200冊を突破したのが、
2014年11月
(その時の記事はコチラ

あれから、4年間で、
やっと100冊読み終えたので、
かなり読書ペースは遅くなってしまいましたねぇ
もともと、読むのが遅い上に、
ココ最近では、読む時間もちょっと減ってしまいまして
ホント、読みたい作品は増えるばかりであります

まぁ、目指すは1000冊という事で
たくさんの面白い作品にめぐりあえたらなと思う次第で


して、
今回は、300冊突破記念として、
前回の200冊突破と同じように、
201冊目から300冊目まで読んだ作品で、
個人的殿堂入り候補となるであろう、
みかん評価6個以上を獲得した作品をふり返ってみたいと思います


201.【小説】ユリゴコロ/沼田 まほかる (2014.11.16)
     みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
ユリゴコロ (双葉文庫)
とても上質な、ホラーミステリー
偶然発見した手記に記された過去の内容と、
それを読む現在の主人公の回りでまき起きる事件・・
しどろおどろしい内容の手記が、
現在の主人公につながり、
判明する真実は、読んでてゾクゾク感が半端なかったですね


205.【小説】万能鑑定士Qの事件簿 I /松岡 圭祐 (2014.12.4)
     みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
万能鑑定士Qの事件簿 I 「万能鑑定士Q」シリーズ (角川文庫)
松岡圭裕さんの大人気シリーズ1作目ですね
この作品を読み終えた翌日から、
シリーズ9作品を一気読み
眠れぬ日々が続きましたねぇ
まさに、その万能な鑑定眼を駆使して解く謎は、
一風変わったものも多く、
『人が死なないミステリ』としても有名で、
ホントに、誰でも楽しめる作品なのではないかと


235.【小説】もぐら/矢月 秀作 (2015.6.26)
     みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg
もぐら (中公文庫)
こちらも、矢月 秀作さんの人気シリーズ、『もぐら』の1作目
今回の100冊の唯一の満点みかんであります
てことで、もちろん今シリーズ、
どの作品も一気読みでした
和製ダイハードな物語は、
単純明快、はちゃめちゃ豪快
とっても面白かった


267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
     みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
人魚の眠る家
鉄板・東野圭吾作品であります
やっぱり、安定の面白さと感動と
本当に凄い作家さんであります
今作の『人魚の眠る家』は、
ミステリーというより、社会派と言えばいいのでしょうか、
考えさせる物語
『脳死』という状態を、どう捉えるか?どう向き合うか?
深く読ませて、深く考えさせられる作品です

また、今作も映画化が決定で、
発表される作品がほぼ映像化されてる東野圭吾さん
もう、凄いとしか言いようがないですね


282.【小説】友罪/薬丸 岳 (2016.9.29)
     みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
友罪 (集英社文庫)
友人の過去は凶悪犯罪の加害者だったら・・・
非常にテーマが重たい作品ですが、
読みやすく、惹きこまれ、一気読みです
そして、考えさせられる作品でもあります
映画化も決定し、今年公開予定となっていますが、
そちらも、要チェックです


283.【小説】土漠の花/月村 了衛 (2016.10.7)
     みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
土漠の花 (幻冬舎文庫)
ミステリーというより、
ザ・エンターテイメント作品って感じ
次から次へと、息もつかせぬ展開の連続で、
やっぱり、読み始めると一気よみ必須でありますね
また、作品のテーマに『集団的自衛権』という所があり、
作品を楽しみつつも、しっかり考えさせられる作品であります。



とまぁ正直、
高評価作品が、自分でつけておきながら、
思ったより少ないなと自分で思ったりで
まぁ、それも、読む作品(手に取る作品)を選ぶ基準が、
自分の直感で選ぶ事が多いからでしょうね
やっぱり、面白いと思った作品は、
人気シリーズものであったり、
話題作であったりってのが多いですものね

今後は、そういった、
『このミス』や『本屋さん大賞』など、
受賞作・上位作品を基準に読んでいこうかなと思いつつ、
400冊・500冊と、
ミステリーにどっぷり浸かっていきたいと思います



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT