FC2ブログ

くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】屍人荘の殺人/今村昌弘


310.屍人荘の殺人/今村昌弘


久方ぶりの読書感想ですね
振り返ると、前回書いたのが2年も前になるとは・・・
あれだけ、(自称)活字中毒者と豪語していたのに、
時間の経過と生活の変化で、少しずつ変わって行くもので
が、中毒者とまではもう言えませんが・・・
小説好きミステリー好きには変わりなく、
気になる作品は読んでいきたいと思っています

で、今作
今村昌弘さんのデビュー作であり、
このミステリーがすごい!2018年度版
週刊文春ミステリーベスト10
2018 本格ミステリ・ベスト10
第18回本格ミステリ大賞
全て1位となり、
国内ミステリーランキング4冠を達成した話題作

この時から気になっており、
またいつか読みたいと思っていたのですが、
して、本作、映画化もされ、先日、DVD解禁となっているのを知り、
原作と映画を見比べてたいと思い、
遅ればせながら、まずは原作から手に取った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、
曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、
同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。

合宿一日目の夜、
映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、
想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。

緊張と混乱の一夜が明け―。
部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。

しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!

究極の絶望の淵で、
葉村は、明智は、そして比留子は、
生き残り謎を解き明かせるか?!

奇想と本格ミステリが見事に融合する
選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やっぱり、ミステリー小説は面白いですよねぇ
久方ぶりの読書感想で、
『う~~~ん。。。』となる作品じゃなくて良かった
なんて、内心思っていたりですが
まぁ、数々のタイトル受賞が、面白さを保証はしていますがね

して、その内容ですが・・・、
これは核については、完全ネタバレ注意な作品ですね
みかん読書感想では、基本的にはネタバレ無しで書いていますので、
少ない語録でしょーもない感想文にいつもなるのですが

内容としては、
期待通りの展開と、驚きの展開とありまして
その『驚き』が、今作の核ではあるのですが・・・

まずは、期待通りというのは、
沢山の登場人物に、独特な館に見取り図、
そしてやっぱり館から出れなくなりクローズドサークルで起こる、連続殺人

期待通り
ま、タイトルの通り、ミステリー全面推しですからね
そりゃそうだという、定番の大きな流れはありますが、
その全ての展開を複雑にして面白くしているのが
『驚きの展開』ってやつなのですねぇ

なので、正統派の本格ミステリーとはなっておらず、
かなり変化球的なミステリーとなっていますね
(ネタバレ無しなんて言いつつも)
ジャンルで言えば、完全にパニックホラーミステリーってやつですね

ただ気になった点として、作品全体として『軽い』という感じですかね
ラノベ的なといえばいいのでしょうかね
逆に言えば、とっても読みやすいと言えるかもしれませんね

密室考察や、ホラー要素の蘊蓄なんかもあり、
トリックも設定を活かしたものとなっており、
読みやすく読み応えも十分となっていますね


して、この作品の映画版も近々みたいと思っていますが、
どう、映像化されてるのでしょうか
なんども言いますが『驚きの展開』が、どのように表現されているのか
楽しみに見たいと思います





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 今村昌弘 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |