くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

探偵が最初に死んだ/蒼井上鷹

寒い
凍えながらも、夜な夜な読書
今夜の一冊は・・・

最初に探偵が死んだ (実業之日本社文庫)最初に探偵が死んだ (実業之日本社文庫)
(2011/08/05)
蒼井 上鷹

商品詳細を見る
16.最初に探偵が死んだ/蒼井上鷹


タイトルに惹かれて買っちゃったシリーズです
おいおい、そこが最初に死んでしまったら、
どう、展開していくんねん
と、まんまと作者の意図か誘惑かに、
誘われ、手にとっちゃいました


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
え?ストーリー紹介ですけどなにか。

莫大な遺産相続を巡って、
あまり穏やかでない動きが・・・(ミステリーとしてはありきたり?)
なんてたって、相続を前に新たに養子が増えようってゆーもんだから・・・

して、遺言状の公開に、山荘に集った親族・・・
その親族の不穏な動きの抑止力にと、
かの有名な名探偵・苗木日出男殿の登場
っと、なる予定だったのだが、
第1の被害者はその苗木に
そう、最初に探偵が死んじゃうんです

してして、都合よく地震で橋が崩れ、山荘は孤立化。
してしてして、もちろん起こる、第2の被害者。

犯人は探偵は遺産は

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
タイトルどおりに、
探偵が、最初の被害者となるのですが、
あぁ、そうなるの
って、ゆー展開でしたねぇ。
個人的には、全く予想してない展開に

そーなってしまうと、どーなってしまうよの?
と、先が気になるのですが、
なんといいましょう・・・ちょっと消化不良な感じ・・・

私の読後の結論として、
やっぱり、探偵が死んじゃだめでしょうと。


少し、話はそれますが、
同作者の作品に、『4ページミステリー』という、
超短編のミステリー60編を収録した作品があるらしい・・・
次は、コレだな
また、古本屋めぐりをしなければ・・・・(やっぱり、古本かい

最初に探偵が死んだ (実業之日本社文庫)

中古価格
¥1から
(2011/11/25 22:13時点)


| 蒼井 上鷹 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |