くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

愛娘にさよならを/秦建日子

今日は休日出勤でした・・・・
やれやれです
・・・が、仕事に行くと、また昨日とは違う同僚が誕生日プレゼントを
チョッパーのぬいぐるみをくれました

ま、ただゲーセンで一発で取れたからって事でしたけど
頂けるだけでもありがたいですね

さて、本日は
愛娘にさよならを---刑事 雪平夏見愛娘にさよならを---刑事 雪平夏見
(2011/09/07)
秦 建日子

商品詳細を見る
42.愛娘にさよならを/秦建日子

推理小説』『アンフェアな月』『殺してもいい命』に続く、
刑事・雪平夏見シリーズ第4弾です
テレビドラマ・アンフェアとしても有名ですね

前作の、『殺してもいい命』を読んだ時すでに、
この作品は発売されておりましたが、
文庫化若しくは、古本屋で見つけるまでは我慢しようと、
思ってたこの頃、
古本屋で見つけたので読んだ次第です

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介

事件で、銃弾を3発も受けた刑事・雪平。
その後遺症として、左腕が麻痺してしまった為、
捜査一課を離れ、警務部へ移動した雪平。

その部署の上司である、
島津管理官のマンションに誘われ、
捜査一課時代には無かった、楽しいひと時を・・・

しかし、その安らぎもほんの一瞬

その日の晩に、島津管理官は何者かに殺されてしまう・・
その殺害現場に
『ひとごろし がんばりました』と、メッセージが・・・・

して、再び雪平は事件の捜査を始めるのです・・

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
たぶん、前作『殺してもいい命』を読んだのが、
約半年前(てか、半年もたたないか?)くらいですが、
すーーっかり、ラストの内容を忘れておりました・・・

読み始めで、あれ雪平が重症?って・・・
左腕麻痺?部署移動?
と、前作のラストを完全に忘れていた為、
どうなってんだと、ちょっと混乱

読み直そうを思っても、
ちょうと、親戚に本を貸していたので、
読み始めは、前作が気になって仕方なかったです
(今もですが

てことは、逆言えば、
この作品から読み始めた人には、
ちょっと不親切な始まりかな?
雪平のキャラである、
バツイチ、子持ち、大酒飲み、捜査一課検挙率No.1、そして「無駄に美人」。
という、設定も影を潜めている感じ
第1作から読み進めている人とすれば、
雪平の心境の変化、葛藤なんかが理解でき、
この作品の雪平と娘とのドラマも、
嵌り込めると思いますが、
やはり、これもずっと読んでないと、
味が出ないような気もしますねぇ

また、この作品(事件)のラストですが、
やっぱりその選択かよ・・・と。
私的には、
もっと違った終わりが欲しかったところです
まぁ、あまり言及するとネタバレなので・・・
(既に、ネタバレか

次回作があるのかどうか解りませんが、
もしあるなら、マンネリ化しない、
新しい展開を期待したいです
サブキャラもいい感じに育ってますし

愛娘にさよならを---刑事 雪平夏見

中古価格
¥499から
(2012/3/24 22:38時点)



殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)

中古価格
¥1から
(2012/3/24 22:38時点)



推理小説 (河出文庫)

中古価格
¥1から
(2012/3/24 22:38時点)


| 秦 建日子 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

殺してもいい命/秦建日子

このブログ、
ここ何日間はもっぱら、読書感想ばかり・・・
日記メインでいこうと思った1ヶ月前から言えば、
早々に脱線したな
ここ最近は日曜しか休みがないから、
どーしても家でだらだらしてしまう・・・
今週末は、紅葉でも見に出かけてみるかなぁ

殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)
(2011/07/05)
秦 建日子

商品詳細を見る
12.殺してもいい命/秦建日子


『推理小説』『アンフェアな月』に続いて、
刑事雪平夏見シリーズ、第3弾です
1作目『推理小説』を読んで、
すっかり、雪平に首ったけ(古い)になった私は、
すぐさま、古本屋に駆け込み(古本かい)、
立て続けに、『アンフェアな月』『殺してもいい命』と読破しました
作品毎に、どんどん面白くなってます


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
その、面白さを伝えれない、ストーリー紹介(ダメじゃん

多摩川(だったけぇ・・・、おいおい)の河川敷にて、
ある男性の変死体が
その男性というのは、なんと雪平の元夫
しかも、その変死体の第一発見者は、雪平・・・
(おいおいおいおい、そんな事ありえるかぁーーーい

とまぁ、出だしよりぶっ飛んだ内容なのに、
変死体にはもう一つ、ぶっ飛んだプレゼント(メッセージカード)が・・・
(あ、死体発見した日がクリスマスイブって言う設定・・・
 なんでもありか

そのプレゼントには、
『殺人ビジネス始めます。最初3人は特別価格30万で・・・』と・・・・・・

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
刑事雪平シリーズの感想を書く際に、
毎回のように、雪平のキャラが良いなんて書いてますが・・・
今回も良い(どーん)
まぁ、そのキャラがメインのシリーズものなのだから、
性格が豹変しない限り、その魅力は当たり前なのですが

今回より、てか前回からか、
登場している、刑事・林堂という刑事も良いですねぇ。
あまり良い表現は浮かびませんが、
無茶苦茶な雪平とは正反対の、
かと言って堅苦しいようなガチガチの刑事ではないですが、
ザ・”男”の刑事という感じでしょうか・・・(ツタワラネェ
ま、その林堂と雪平のやりとりも、ストーリーを面白くしていますし、
その刑事達の部下である、安藤・平岡という人物も

このシリーズの、登場人物も固まりつつあるのかなぁと

また、今回の作品は、あらすじ紹介でも触れましたとおり、
出だしからの設定がかなりフライングしておりまして、
そのフライングに気づかず、あっとゆーまに走り抜ける感じでしたねぇ。

ミステリーとしても、十分に楽しめる作品でした
私は、いつも通り、最後まで犯人はわからず、
あいかわらず、『えええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(ガッチャーン)』
と、云う感じでした

とにかく、面白かったです
直にでも、最新作『愛娘にさよならを』を読みたいところですが、
古本屋に無い(ドーーーン
私は自分にケチなので、新品ではあまり買いません
しかも、ハードカバーは重くて持ち運びに不便なので買いません
なんて、言ってたら『愛娘にさよならを』はいつ読めるんだ・・・

ま、私は、時代の1・2歩後ろを行くスタイルのなので、
今後も時代遅れの作品を読みふけっていきます
まだまだ、名作と呼ばれる作品は山ほどありますからね

どんどん読んで行きたいです
(って、家族サービスは・・・・・・・チーン。。。。。。。)

殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)

新品価格
¥630から
(2011/11/7 23:33時点)

アンフェアな月―刑事 雪平夏見 (河出文庫)

新品価格
¥630から
(2011/11/7 23:34時点)

推理小説 (河出文庫)

新品価格
¥620から
(2011/11/7 23:34時点)


| 秦 建日子 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンフェアな月/秦建日子

前作の『推理小説』を読んで、
刑事雪平夏見に惚れてしまった私
早速、第2作目を読んでみました

アンフェアな月―刑事 雪平夏見 (河出文庫)アンフェアな月―刑事 雪平夏見 (河出文庫)
(2008/05/02)
秦 建日子

商品詳細を見る
11.アンフェアな月/秦建日子


『推理小説』に続く、刑事雪平夏見シリーズの第2作目です。
この後には、『殺してもいい命』『愛娘にさよならを』と、
これまでに、4作発表されています。
また、この『アンフェアな月』の解説に、
全10作を予定してる事が書いてありました。
まだまだ、後6作も構想があるようですねぇ・・
とっても楽しみです
(てか、まずは最新作『愛娘にさよならを』を読まねば・・・)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
とりあえず、ストーリー紹介

生後間もない子供が誘拐されたという事件が発生
この事件の捜査を行うことになった、
無駄に美人刑事・雪平夏見

事件発生から、8時間と時間を要していること、
また、犯人からの要求が、あまりに不明瞭な事に、
疑問感じる、雪平。

そんな中、子供の衣服が山中で発見され、
その付近より6体の少女の遺体が・・・・

この遺体と子供の誘拐の関連はあるのか

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
この作品にも、刑事・雪平節が炸裂してましたねぇ。

話の内容としては、前作『推理小説』の事件解決からの、
翌日の設定となっており、
前作の衝撃のラストから、直にこの事件と・・・・
(なかなか、ハードな仕事だよなぁ・・・
 って、小説でそんな事思ってたらキリないか

ただ、前作を読んで無く、この作品から読むことには、
何の問題も内容に思います。
まぁ、前作を読んで雪平というキャラを知って読む事のほうが、
より一層楽しめるとは思いますが・・・

物語としても、とっても面白かったです。
雪平のキャラがかなり気に入ってるので、
そこを押しがちになってますが、
ミステリーとしても、
最後は、そっちだったんだぁ・・・・
と、キレイに驚かせていただきました

とっても、読みやすいですし、おススメです


アンフェアな月―刑事 雪平夏見 (河出文庫)

新品価格
¥630から
(2011/11/5 23:39時点)

推理小説 (河出文庫)

新品価格
¥620から
(2011/11/5 23:41時点)


| 秦 建日子 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

推理小説/秦建日子

タイトルだけで、手にとってみました。
背表紙のあらすじを読んだ時に、
『アンフェア』と云う言葉を目にしてましたが、
その時には、あの有名ドラマの原作だとは知りませんでした

推理小説 (河出文庫)推理小説 (河出文庫)
(2005/12/21)
秦 建日子

商品詳細を見る
10.推理小説/秦建日子


あの有名ドラマとは、そう『アンフェア』です
(て、冒頭の言葉でわかるって・・・)
今、考えるとつい最近、映画第2弾
『アンフェア the answer』が、ロードショーになってましたね
だから、これ見よがしに、置いてあったのですね。
本屋さんの戦略に嵌ったわけだ
(てか、なぜその時にアンフェア関連本と気づかなかったか・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
一味違う、ストーリー紹介 (不味い方に一味)

連続殺人事件発生
そこには、毎回一枚の栞が・・・
その栞には、『アンフェアなのは、誰か?』 と。
(そりゃ、殺人犯してる犯人でしょなんて、思いつつ・・・)

そこに、犯人は不適にも殺人の様子を細かく綴った、
小説を送りつけてキターーーー。
しかも、終わりは次の殺人を予告するような内容で・・・
この小説の続きを読みたければ、3000万円で買ってぇー、と。

この事件を担当する刑事、雪平夏見。
検挙率No1、冷徹・訳有・女刑事雪平
(この刑事キャラがなかなか魅力的なんだ)
そんな刑事の為、過去に離婚暦有で、
まだ、小学生の一人娘からも嫌われ気味・・・・

そんな、雪平の調査も実らず、
次なる犠牲者が・・・・
犯人は、この殺人の責任は小説を無視した警察にあると
次のターゲットは7歳の少女
この少女を救いたければ、この『推理小説』を1億で落札せよ と・・・

次のターゲットとは犯人は誰なのか・・・・

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ドラマ版のアンフェアは全くみていなかったので、
純粋にストーリーを楽しめました
なんと言っても、刑事の雪平のキャラが気に入りました
女刑事という事と、仕事人間で結構冷血。
これが、話に一味も二味もストーリーにクセをつけてて、
とっても面白かったです。

ただ、ドラマのタイトルにもなった、
アンフェアという言葉が、小説内にもちょくちょく出るのですが、
結局のところ、そのキーワードが意味してる事は、
ちと、よくわからなかったですね
まだまだ、私には読書力が足りないのだなぁと。
(読書力ってなんだ

この雪平刑事はシリーズ化されており、
映画と同じく、
つい最近、第4作目となる『愛娘にさよならを』が刊行されていますね。
まだ、その最新作は読んでませんが、
2作目・3作目も読破しました
すっかり、雪平に嵌ってしまいましたねぇ。
また、後日感想を書きます。乞うご期待
(誰も期待していないか


推理小説 (河出文庫)

新品価格
¥620から
(2011/11/3 21:06時点)


| 秦 建日子 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |