FC2ブログ

くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【映画】ラッシュアワー

ラッシュアワー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
182.ラッシュアワー


懐かしいー
まさに、私の青春時代の真っ只中の作品、
20年も前の作品でありますねぇ

ブログの感想記事には載せてませんが、
(ただ、載せ忘れてるだけですが・・・)
少し前に、ジャッキー・チェン主演の、
『カンフー・ヨガ』『スキップ・トレース』など、
久々にジャッキーのカンフーアクションに見とれまして、
昔、夢中になった、ラッシュアワー3部作を見たくなり手に取った次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

ジャッキー・チェンとクリス・タッカー共演の大ヒットアクションコメディ。

ロス市警のはみだし刑事・カーターと
香港のエリート刑事・リーは、
反発し合いながらもやがて結束し誘拐事件の真相に迫っていく。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


20年も昔の前の作品であるにもかかわらず、
今見ても、
アクションは十分に見応えがありますし、
ストーリーも面白いですし、
最高ですねぇ

この作品をきっかけに、
ジャッキーの作品に嵌ったのを思い出しますねぇ
なので、個人的には、
ラッシュアワーを見てから、
ジャッキーの現役バリバリのスーパーアクションの名作、
『ポリスストーリー』『スパルタンX』『酔拳』など、
ホント、当時、ビデオレンタルに通い夜な夜なみてましたねぇ

作品自体は、単純明快で、
エリート刑事のジャッキーと、
お調子者刑事のクリスタッカーとの、
ドタバタ警察物ってやつで、
ジャッキーとクリスタッカーのやりとりは、
単純に不釣合いすぎて、
逆にそれが作品の最大の魅力であり面白いですよね

また、エンドロールのNG集も、
ジャッキー作品の定番であり、
最後まで楽しませてくれますよね

いやはや、
このまま、たぶん3部作全てみるつもりですが、
もしかしたら、更に遡って、
しばらくは、ジャッキー作品祭りになるかもです






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ジョン・ウィック:チャプター2

ジョン・ウィック:チャプター2 [Blu-ray]
178.ジョン・ウィック:チャプター2


キアヌ・リーブスが好きというだけで、
手に取った前作『ジョン・ウィック』が、
とっても面白かったので、
早速ながら、続編を手に取って見ました

しかしまぁ、前作が(意外と?)面白いと、
必然的に、見る前の期待値が上がってしまい、
勝手に、作品の面白さのハードルが上がってしまうのですが・・・
はてさて


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

伝説の殺し屋ジョン・ウィックによる壮絶な復讐劇から5日後―。

彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。

しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、
サンティーノの怒りを買い、
思い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。

愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、
命の危険を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、
全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


面白い

全てにおいて、
前作を超えるスケールで、
ひたすらの、キアヌ・ガン無双でありますね

無数に現れる殺し屋を、ひたすらの瞬殺
悪・即・ガンであります
そして、まさにそのスタイリッシュアクションが見たくて、
手に取ってる私にとっては、
大満足の仕上がりでしたねぇ

その分といいましょうか、
たぶん作品の方向性として吹っ切れてるのかと思いますが、
物語の展開、細かい設定てのは、
かなりザックリしたものがあるのではないでしょうかね

まず、シリーズ1作目のジョンのブチ切れ殺し屋カムバックの動機は良くわかります
最愛の妻が残した愛犬を無残に殺されブチ切れ復讐は納得です
さらに、そんな凶行をおこなったのは、世間知らずのマフィアの倅となればね
が、今作は、
過去の裏社会での誓約を、引退を理由に無視した結果、家を爆破
妻との思い出の品を全て失い、ブチ切れ復讐・・・って
なんとなくピンとズレてないかなぁーとね・・・

スタートからそんな展開でありますからね、
細かい設定なんて、あってないようなもの
ツッコミ所は満載ではあるでしょうね

犯罪組織の幹部へあっさりとたどりつけたり、
いくら高額の懸賞金があるからといっても、
ニューヨーク市民全員暗殺者かよ
とかとかね

しかしまぁ、そんなクオリティは、
『ジョン・ウィック』には必要ナッシング
裏社会あるあるを全面にだしつつ、
打てば当たるガンアクションを全面にだしつつ、
特に細かい事を考えず、
キアヌの爽快アクションを楽しめればね


そして、既にシリーズ3作目も製作が始まり、
来年5月に全米公開が決まっており、
日本解禁はいつになるか楽しみなばかりですね






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 洋画 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】バイオハザード:ヴェンデッタ

バイオハザード:ヴェンデッタ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]
176.バイオハザード:ヴェンデッタ


少し古い映画になりますが、
(といっても、みかん日記としては十分新作レベルなのですがね
約1年前の2017年5月に公開された、
ゲームのバイオハザードシリーズを基にした、
フルCGアニメーション映画でありますね

バイオシリーズのCGアニメーション作品は、
過去に2作ありまして、
『バイオハザード ディジェネレーション』『バイオハザード ダムネーション
に続く、第3弾となりますね

ゲームシリーズのバイオハザードは、
シリーズ1作目から、最新作7まで、やりこんでいるという、
昔からのシリーズファンである私には、
ゲームシリーズと地続きとなっている、
この映画シリーズも見逃せない作品でして、
遅ればせながら、手に取った次第でして


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、
国際指名手配犯であるグレン・アリアスを追っていたが目前で逃してしまう。

一方、元ラクーン市警「S.T.A.R.S.」の一員レベッカ・チェンバースは、
ある不可解な事件の調査に大学教授として携わっていたが、
突如研究所が襲撃され、
死の危険にさらされてしまう。

大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディと
再会を果たしたクリスは、
アリアスの真の目的が「バイオテロ」だと掴み、
それを阻止すべく共にニューヨークへと向かうのであった。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


かなりの高水準のアクションホラー
バイオハザードの魅力が詰まった、
とても、面白い作品でしたー

ゲーム版の6から7へと、
原点回帰という感じで、恐怖重視でモデルチェンジしたのですが、
今回の映画版『バイオ』のスタッフの中に、
『製作総指揮 清水 崇』って、
ホラー映画界の巨匠じゃないですか

まぁ、清水 崇さんが入ったからなのかは、
正直、そこまでの映画通じゃないので、
ならでは演出だなというところまで感じ取れないのですが、
映画序盤のホラー感は、
最高のハラハラ感を味わわせてくれましたねぇ・・・

バイオハザード1を彷彿させる洋館へと潜入するのですが、
まぁ、そこは当たり前のように、
ゾンビの巣と化していたのですが、
そこの登場するまでの演出がね・・・
怖いのなんのって

まぁ、この調子で全編続くようなら、
映画版バイオもかなりの改革に走ったなと思うところですが、
まぁ、ゲームシリーズの2大ヒーローの、
クリスとレオンが登場する作品で、
そんな展開になるはずも無く

安心してください。
後半は、ゾンビ無双が始まりますから
レオンのスタイリッシュアクションに、
クリスの豪快アクション、
満載
特にレオンはかっこよすぎです

とまぁ、ホラーもアクションも十分に楽しめる1作
それだけで、見て損は無いと思えますが、
物語も十分に面白いです
まぁ、正直、
シリーズを全作、手に取ってる私からすれば、
ワンパターン化してる感は否めずではありますが、
ゾンビとの戦いに疲れ、自分を見失い、やさぐれ、無気力感に苛まれつつも、
人類の為、仲間の為、友の為、立ち上がるという流れも、
既視感全開ではあるのですがね・・・

それを差し引いても、
面白い作品でありましたね
また、終わり方が『続く』丸出しでありますからね
これが、ゲームシリーズのバイオ8へと繋がるのか、
はたまた、映画版で続いていくのか?
ファンとしては楽しみな次第でありますね






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】トランスフォーマー/最後の騎士王

トランスフォーマー/最後の騎士王 4K ULTRA HD+ブルーレイ+特典ブルーレイ ※初回限定生産 [4K ULTRA HD + Blu-ray]
172.トランスフォーマー/最後の騎士王


インフルエンザの療養中、
暇なので趣味を楽しもうシリーズ第3弾であります

そして、やっぱり見ちゃいましたシリーズでもあります

てのも、
過去、シリーズ4作品、
トランスフォーマー リベンジ』『トランスフォーマー ダークサイドムーン
トランスフォーマー/ロストエイジ
感想記事を書いてるだけでも3作品もありますが、
全て、見てきた作品でありまして、
そして、前作『トランスフォーマー/ロストエイジ 』あたりから、
飽き始めてたり・・・

なーのですが、
結局、手にとって見てる自分がいるとうね
やっぱり、人気シリーズでありますからねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

地球を破壊し、
サイバトロン星を蘇らせようとするオプティマス・プライム。

偉大なるヒーローが地球の最も恐ろしい敵と化してしまう。

バンブルビーとケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)は
人類を滅亡から救うため、
オートボットを率いて、
かつての仲間に立ち向かい、
究極の戦いを繰り広げる。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


もう、何が何やら・・・

作品自体は、続いているので、
前回に登場してきた、
トランスフォーマー達登場してきており、
ロボットバトル全開でありますが・・・
なんだかキャラクターも増えすぎて、
もう、何が何やら・・・

そもそも、
前作から既に惰性で見ている私のせいでしょうが、
物語自体は、ちゃんと地続きで続いてるのですかね?
その辺りもあやふやな状態で見始めてた、
近作の物語はというと、
これがまた、付いていけない付いていけない
2時間30分におよび大作にも関わらず、
展開がくるくると変わっていって、
詳細なんて省いてしまえ感丸出しで、
物語が飛んでいってしまちゃって、
もう、何が何やら・・・

そして、最後に、
これは『マイケル・ベイ監督』の特色でしょうが、
爆破だらけで、何が何やら・・・
・・・てね

いやいや、正直、
トランスフォーマーに物語性なんて必要ないのです
超絶怒涛のロボットアクションが見れれば
・・・なーのですが、
正直、それすらも飽きが・・・

さすがに、潮時ってやつでしょうかねぇ
1作目に見た、
車がトランスフォームするという、
ワクワクの楽しみや、
3作目に見た、
ハラハラの超絶怒涛のCGアクション
ってのは、味わえないのでしょうかねぇ

と思うところに、
まだ、今作が最終3部作の第1作目で、
後2作も続くという話が
結局、次作も見てる事に間違いはありませんが、
やっぱり、期待はなかなか出来ないかもですねぇ・・・





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】エイリアン:コヴェナント

【Amazon.co.jp限定】エイリアン:コヴェナント 2枚組ブルーレイ&DVD (Amazonロゴ柄オリジナルケース付) [Blu-ray]

171.エイリアン:コヴェナント


インフルエンザに感染してしまうと、
1週間は自宅安静が必要ですが、
実際、熱に苦しめられるのは発症後の2・3日で、
残りの二日間は、熱も落ち着き、正直、暇な軟禁生活でありますよね

てことで、撮り溜まっていた正月映画を見たり、
レンタル屋さんへと(こっそりと)向かい、
ちょっと気になった作品を適当にピックアップして見たりしまして

その一つが、今回の『エイリアン』
病衰してる体で、パニックホラーってのも、
いかがなものかと突っ込まれそうですが、
まぁ、これも私の趣味のようなものでありますからねぇ


単純に、『エイリアン』というタイトルに、
懐かしさが先行して、手に取った次第でありますが
始めて見た時は、中学生くらいだったでしょうかね?
既にシリーズ作品化され、2作目3作目があったような気がしますが。。
やはり、なかなかの衝撃作でありましたが・・・
はてさて


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

人類初の宇宙移住計画により、
2000人の入植者を乗せて宇宙船コヴェナント号は
新たな植民地となる惑星オリガエ―6を目指していた。

ところが突然のアクシデントで、船長が命を落としてしまい、
その直後コヴェナント号は謎の電波を受信する。

船長代理となったオラムは、
亡くなった船長の妻であるダニエルズの反対を押し切り、
進路を変更して電波の発信元である近くの惑星へと向かう。

オラムやダニエルズを含む調査隊が惑星の探索を進めるうちに、
そこは目的地よりもはるかに地球の環境に似ており新たな楽園と思われた。

だが、それは人類の生存を賭けた想像を絶する戦いのはじまりだった……。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


昔の記憶どおりの恐怖と、
新たな恐怖とが楽しめる、
新旧合体エイリアンでありましたね

昔の記憶どおりってのは、
エイリアンの誕生シーンだとか、
襲い方だとか、
また、いわゆる死亡フラグってのも、
そのまんまってのがね

一人で顔を洗いに行くだとか、
男女でいちゃつくだとか、
仲間を見捨ててしまうだとか、
もう、ジャーンという衝撃のBGMと共にエイリアン現れても、
驚かない自分が、ある意味残念であったりね

これが、エイリアン初見なら、
最高のハラハラとドキドキが楽しめたのかもしれませんがね
ま、タイトルだけならば、
パニックホラーの超有名作でありますから、
そんな人は、中々いないかとは思いますけど

そんな中でも、
いままのでエイリアンシリーズにはない、
異質なキャラが今回は入っておりまして
なんと、アンドロイド
これが新たな恐怖を生み出すのですが、
あまり書くとネタバレになりますので・・・
(って、もうほぼほぼネタバレ状態にあるかもしれませんが・・・

まぁ、何事にしても、
真の恐怖・恐怖の根源は、
宇宙外生物なんかじゃなく、人間側にあるというね
おそろし・・・おそろし・・・・・・



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT