くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】氷菓/米澤 穂信


234.氷菓/米澤 穂信


これまでに、米澤 穂信さんの作品は、
何作品も読んできている、
個人的に大好きな作家さんであり、
私がここまで読書虫となるきっかけとなった作家さんでもあります

ちなみに、その時の作品は『インシテミル』です
ホント、この作品から今日まで、
毎日、読書の活字中毒者となってる次第で

して、今回は、
そんな思い入れのある米澤 穂信さんのデビュー作

古典部シリーズ第1作であり、
アニメ化・漫画化された、人気作品

はてさて、米澤 穂信さんのデビューは
どんな作品だったのか、
楽しみに手に取った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。
あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。

何事にも積極的には関わろうとしない
“省エネ”少年・折木奉太郎は、
なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、
日常に潜む不思議な謎を次々と解 き明かしていくことに。

さわやかで、
ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!

第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


米澤 穂信
と、まぁ、そんな衝撃的に書くような事ではありませんが
それに、今作の『氷菓』が厳密にライトノベルというジャンルになるかは、
自分自身よくわかってないのですがね

にしても、
まぁ、個人的には米澤 穂信
インシテミル』に始まり、『折れた竜骨』『満願』と、
完全に新本格ミステリーの作品ばかりを読んできたので、
(といっても、最近、小市民シリーズにも手をつけたのですが
デビュー作が、こんなアニメ的な青春ミステリーだったとは
って、感じはありつつですねぇ

といっても、主人公の、作中の言葉をかりると、
やらなくていいことはやらず、やるべきことは手短にという、
省エネキャラってのが、
なんだか今風なアニメキャラな感じだなと思っただけなのですがね

今作は、いわゆる日常の謎系ミステリですが、
ホント、普通なら聞いても『ふーん』で終わるような、何てこともない事を、
ヒロインの千反田 えるの『私、気になります』の一言で、
ミステリーへと変化し、紐解いていくというね
それを、先に書いた、
省エネキャラな主人公が、謎解きに迫られて解いていくという、
流れってのが、まぁ、面白い所でもあるでしょうね

しかしまぁ、ミステリーの質でいうと、
個人的には、『満願』や『儚い羊たちの祝宴』といった所を読んでるだけに、
多少、物足りない感はありますが、
それは、やはりデビュー作という事で

それに、ジャンル的には青春ミステリであって、
省エネキャラだとか、好奇心旺盛な、お嬢様だとか、
他にも、雑学王や毒舌女子とかが絡んできての、
青春物語がありつつで、
ラスト、古典部という部に秘められた過去を紐解く流れってのは、
読んでて、ホント面白かったですね


小市民シリーズと合わせて、
この古典部シリーズも、おいおい読破していきたい所ですね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの米澤 穂信

227.【小説】夏期限定トロピカルパフェ事件/米澤 穂信 (2015.5.4)
226.【小説】春期限定いちごタルト事件/米澤 穂信 (2015.4.29)
217.【小説】満願/米澤 穂信 (2015.2.17)
203.【小説】儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信 (2014.11.22)
202.【小説】追想五断章/米澤 穂信 (2014.11.19)
58.折れた竜骨/米澤穂信 (2012.06.06)
2.インシテミル (2011.10.03)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 米澤 穂信 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】夏期限定トロピカルパフェ事件/米澤 穂信



227.夏期限定トロピカルパフェ事件/米澤 穂信


米澤 穂信さんの、
日常の謎系ミステリーの
『小市民シリーズ』第2弾

みかん日記としては、前回に引き続き、
小市民シリーズです

前作の『春期限定いちごタルト事件』は、
内容はすっかり忘れておりましたが、
一応再読だったので、
本棚からひっぱり出してきたのですが、
読み終えてみると、なんとなく続きが気になっちゃって
別に、物語は完結してるので、
どうしても。って、事はないのですが
やっぱり、読みたい
てことで、本屋さんへと駆け込んだ次第でして


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

小市民たるもの、
日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、
それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。
賢しらに名探偵を気取るな どもってのほか。

諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、
そしていつか掴むんだ、
あの小市民の星を!

そんな高校二年生・小鳩君の、
この夏の運命を左右するの は“小佐内スイーツセレクション・夏”!?

待望のシリーズ第二弾。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


面白ーい
前作を遥かにしのぐ、
面白さであり、ミステリーであり、主人公二人でありますねぇ

目立たず、騒がず、ごくごく普通に暮らしていく事、
すなわち小市民を目指す、
小鳩君と小佐内さんの本性は、
『推理おたく』と『復讐魔』
どうしても、二人の性は変えられず、
どんでもないトラブルへと巻き込まれる、
また、トラブルを起こしてしまうという、
二人の物語

して、今作は、
そんな小鳩君と小佐内さんとの、
直接対決から始まるの出すねぇ
『シャルロットはぼくだけのもの』
これが、ハラハラドキドキの直接対決
小佐内さんから、ケーキ一つをこっそり食べるだけで、
ココまで、展開が盛り上がるなんて
たかがケーキ一つ、されどケーキ一つ
『復讐魔』という小佐内さんのキャラが、
かなり効いてますよねぇ
そんな小佐内さんを騙そうと、
『推理おたく』小鳩君がかなりの知恵を巡らして完全犯罪をもくろむのですが。。。

しかしまぁ、今作は前作を読んでるってのが多少大切かも
小市民を目指すという、
二人のキャラと関係性が多少しってほうが、
やっぱり楽しめるでしょうね

まぁ、読んでても小佐内さんという、まだまだ謎の多いキャラであり、
復讐劇がどこまでやるのか・・・
前作で片鱗は見えましたが、その真髄は・・・?
と思っていたら、
今作の最終話『おいで、キャンディーをあげる』
で、思いっきり見せてくれましたね
やはり、小佐内さんはとんでもない『狼』だったと同時に、
どんでもないドンデン返しもあったりで
コレまでの話、すべてはこの最終話の伏線だったというね


いやはや、ホント結末は予期しない終わり方
前作の感想で、二人の関係の進展が気になると書いてますが、
今作は、前作の比にならないくらい、
今後の展開が気になりますね
うーん。。またまた、本屋さんに駆け込むことになりそうです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの米澤 穂信

226.【小説】春期限定いちごタルト事件/米澤 穂信 (2014.4.29)
217.【小説】満願/米澤 穂信 (2015.2.17)
203.【小説】儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信 (2014.11.22)
202.【小説】追想五断章/米澤 穂信 (2014.11.19)
58.折れた竜骨/米澤穂信 (2012.06.06)
2.インシテミル (2011.10.03)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 米澤 穂信 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】春期限定いちごタルト事件/米澤 穂信

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
(2004/12/18)
米澤 穂信

商品詳細を見る
226.春期限定いちごタルト事件/米澤 穂信


米澤 穂信さんの、
日常の謎系ミステリーの
『小市民シリーズ』第1弾

実は、このブログを始める前に既に読んでた作品でして・・・
って、そう考えるともう4年程まえに読んだ事になるのか
まぁ、ホント何事も忘れっぽい私なので、
はっきり言って、そんな前に読んだ作品の内容なんて完全に喪失しておりまして

もちろん、小市民シリーズであり、
登場人物の名前は忘れてしまいましたが、
ザックリとした内容は覚えているのですが、
肝心なトリックだとか、オチだとかは綺麗さっぱり忘れておりますので

再読とはなるのですが、
初読的な感じで、普通に楽しみに手に取った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

小鳩君と小佐内さんは、
恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。

きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。

それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。

名探偵面などして目立ちたくないのに、
なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、
果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?

新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


先に書いたように、
一応は再読となるので、流石に読んでると、
どういった結末だったか思い出すかな?
って、思ってましたが・・・
バッチリ、最後まで忘れてましたね
なので、ホント、楽しめましたー

忘れっぽい性格ってのは、
同じ作品を何度でも、初見のように楽しめるという、
素晴らしい長所ですね
(プラス思考・・・プラス思考・・・

さて、そんな私の性格の事なんてさておき・・・

作品は、
5編の短編集からなっており、
いわゆる、日常の謎を解くミステリーというジャンルなのですが、
全体的に、まったりとした雰囲気がありコミカルで、
短編という事もありテンポもよく読みやすく面白いです
また、甘酸っぱい青春ドラマな要素もありつつ、
なんといっても、
小市民を目指す二人の少年と少女のキャラがいいですね

恋愛関係にもない、依存関係にもない、
互恵関係にある二人とのことですが、
いわゆるどんな関係やねんってところですが
これは、読んでみれば解ります
絶妙な二人の関係が
また、その関係性は二人が小市民を目指すという所で、
出来た関係でもあるのですが

なら、小市民とは
いわゆる、普通な人。ってな感じでしょうか
目立たず騒がずでしゃばらず、
可でもなければ、不可でもない。
ホント、ザ・普通な人。
そんな人になりたい。って、事自体おかしな設定ですが、
今作の二人の主人公達はとんでもない性癖がありまして
主人公の1人、小鳩君は、
目の前に謎があると推理せずにはいられない、
いわば推理おたく

まぁ、物語の視点は、この小鳩君であり、
短編のほとんどが、小鳩君みずから、または強制的に謎に絡んでいき、
推理してしまうという流れなのですが、
後半、もう1人の主人公小佐内さんの本性が解ってくると、
小佐内さんの魅力がググッと急上昇してくるのですねぇ

ホント、謎なキャラだったのですが、
本性は、そんなタイプだったのかと
となると、小佐内さんの過去と小市民を目指すきっかけ、
てのも気になってくる所

シリーズは、今現在で、
『夏季限定トロピカルパフェ事件』
『秋季限定栗きんとん事件』
と、続いているのですが、
今作では、二人の本性が解ったところで終了しているので、
先に書いた、二人の過去もですが、
互恵関係でしかない二人関係ですが、
少しは青春ドラマっぱく進展していくのか?
ちょっと、楽しみであったり



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの米澤 穂信

217.【小説】満願/米澤 穂信 (2015.2.17)
203.【小説】儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信 (2014.11.22)
202.【小説】追想五断章/米澤 穂信 (2014.11.19)
58.折れた竜骨/米澤穂信 (2012.06.06)
2.インシテミル (2011.10.03)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 米澤 穂信 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】満願/米澤 穂信

満願満願
(2014/03/20)
米澤 穂信

商品詳細を見る
217.満願/米澤 穂信


wikiの内容をまるまるコピペではありますが・・・
『第27回 山本周五郎賞』(新潮社)受賞
『第151回 直木三十五賞』(文藝春秋)候補
『ミステリが読みたい! 2015年版 国内編』(早川書房)1位
『週刊文春ミステリーベスト10 2014 国内部門』(文藝春秋)1位
『このミステリーがすごい! 2015年版 国内編』(宝島社)1位
『第12回 本屋大賞』(NPO法人 本屋大賞実行委員会)ノミネート

とんでもない受賞ですね
2014年をNo.1評価の作品と言ってもいいのではないでしょうかね

個人的には、米澤穂信さんの作品というだけで、
読みたいと思ってしまうところですが、
まぁ、自分にケチな私
文庫化までは待とうと思っていたのですが・・・

2015年このミス第1位に選ばれた事と、
とある王様の番組で、谷原章介さんが絶賛されて事が、
待ちきれないきっかけとなっちゃいましたね
(ま、特売されていたのもありますが・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)


人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。

驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、
交番勤務の警官や在外ビジネスマン、
美しき中学生姉妹、
フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。

入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、
ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


米澤穂信さんが放つ、
全6編、いづれも至極の短編ミステリー集ですねぇ
数々の賞を受賞した好評価も納得です

収録作品は
『夜警』『死人宿』『柘榴』『万灯』『関守』『満願』
いづれの作品も、殺人事件が起きてからの、
謎解きミステリーとかではなく、
(ま、死人はでますが・・・
日常の謎ミステリー的な感じでしょうかね
ま、簡単に言えば、
よくできた世にも奇妙な物語ですね
といっても、SF的であったり、超常現象的な展開は全くないですが。。

さまざまな職業、土地、生活の中で、
巻き起こる、なんとも言えない恐ろしい物語
どの作品も最後にどんでん返しがまっておりまして、
語られる真相(真実)を読んだ時は、
驚かされるのは勿論なのですが、
その驚きと共に感じる読後感の悪さは一級品ですね

まぁ、そのブラックさは好みが分かれる所な気もしますが、
個人的には、米澤穂信さん作品らしいなと
華麗なトリックで見事などんでん返しを決めて驚かしてくれるというより、
よりドラマ的でもあり、皮肉めいており、人間的である事を、
ミステリーという作品で仕上げてるって感じで
まぁ、よく言われる事ですが、
何より恐ろしいのは、人間の欲であり考え方であり本性であるとね
その事が、よくわかるような、ミステリー短編集でしたね


しかしまぁ、
前回、『儚い羊たちの祝宴』を読んだ後、
小市民シリーズといった米澤穂信さんが書く、
青春ミステリーを読みたいと言ってたにも関わらず、
また、似たようなブラックな作品を読んじゃいましたね

次回こそ、『春期限定いちごタルト事件』あたりを、
読んでみたいと思います
タイトルからして、
米澤穂信さん作品と思えないポップ感漂いますねぇ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの米澤 穂信

203.【小説】儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信 (2014.11.22)
202.【小説】追想五断章/米澤 穂信 (2014.11.19)
58.折れた竜骨/米澤穂信 (2012.06.06)
2.インシテミル (2011.10.03)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg

| 米澤 穂信 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る
203.儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信


二作続けての米澤 穂信さんの作品です

『ラストの1行でドンデン返し』的なキャッチコピーをどこかで見た覚えがあり、
この『儚い羊たちの祝宴』も、
米澤 穂信さんの作品として気になっていた作品の一つです

米澤 穂信さんといえば、
緻密な伏線からの驚きの結末を迎える、
どちらかというとダークな表現、結末も厭わない、
ホラーよりなミステリー作家さん。てなイメージでしたが、
実際、手にとってきた作品はそんな作品が多いですしね
しかし、始まりは青春ミステリー作家さんだったのですね
(まぁ、Wiki情報ですが)

まぁ確かに、過去、小市民シリーズも読んだ事はあるのですが、
感想記事は載せてませんね

個人的には、全然、今の作風である、
ちょっとブラックの効いたミステリーが大好きですが、
『氷菓』や『ボトルネック』といった、過去の作品も、
また、いづれ手にとっていってみたいですねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。
翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、
四年目にはさらに凄惨な事件が。

優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。

甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、
最後に明かされる残酷なまでの真実が、
脳髄を冷たく痺れさせる。

米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


先に、ブラックの効いたミステリーなんて言いましたが、
正に、濃いめのブラックミステリー短編集でしたね
ま、大好物ですが

『身内に不幸がありまして』
『北の館の罪人』
『山荘秘聞』
『玉野五十鈴の誉れ』
『儚い羊たちの晩餐』
5作の短編集なのですが、
いづれの話も、何か裏がある展開といいましょうか、
不気味さといいましょうか、ホラー感といいましょうか
まぁ、読む前に、ドンデン返しのある作品と思ってるので、
多少、最後には。。。みたな感覚で読んでる事もあるのでしょうけど、
それぞれ5つの短編が持つ、
シドロオドロしい展開には、ホント読み手を惹き込む力がありますね
流石は、米澤 穂信さんの筆力ってところですかね

しかしまぁ、どちらかというと、
読後感はちょっこっと悪い部類の作品ばかりでしょうね
ラストの展開は、
確かに衝撃的名結末を迎えるものばかりですが、
まぁ、悪いことすると罰が下るといいましょうか、
皮肉めいてるといいましょうか、
ホント、儚い羊たちばかりの物語でして


まさに、先に書いた、
ブラックミステリーな作品で、
これまでの、私の米澤 穂信さんのイメージ通りの作品でしたね
ホント次回は、また違った作風であろう、
青春ミステリー作品を手にとってみたいと思うところで
とか、言いながら、
同作者で今、一番読みたい『満顔』を読んでたりして


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの米澤 穂信

202.【小説】追想五断章/米澤 穂信 (2014.11.19)
58.折れた竜骨/米澤穂信 (2012.06.06)
2.インシテミル (2011.10.03)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 米澤 穂信 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT