くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】虚像の道化師/東野 圭吾

虚像の道化師 (文春文庫)
298.虚像の道化師/東野 圭吾


今年最後の読書感想は、東野圭吾さん
って、狙ってそうなった訳じゃなく、
たまたまであるのですけどね
クリスマスに、嫁さんより、小説をプレゼントしてもらったので、
今、読みかけていた小説を一気に読み終えた次第で

して、
今作『虚像の道化師』は、
東野 圭吾さんの大人気シリーズの一つ、
ドラマ人気の方が爆発してる気もしますが、
ガリレオシリーズの第7作目

個人的には、
シリーズ物は1作品目から読みたい派の私でありますが、
このシリーズばかしは、無茶苦茶でありますね
と言っても、シリーズ過去作では、
容疑者Xの献身』しか読んでいないのですがね
ま、それ以上に、
ドラマ版を見てるというのがあって、
シリーズ1作目を手に取る機会が薄れてるかなぁーと思う所

それで言うと、今作も映像化(ドラマ化)されちゃってますが、
その時のガリレオは見てなかったので、
普通に楽しみに手に取った次第であります


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

天才物理学者・湯川と草薙刑事のコンビが難事件を解決する、
シリーズ王道の短篇集。

ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。
男は何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りた様子だったが、
教祖は自分が念を送って落としたと自首してきた。
教祖は本当にその力を持っているのか、
そして湯川はからくりを見破ることができるのか(「幻惑す」)。

ボリューム満点、7編収録の文庫オリジナル編集。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


相変わらず、読みやすく
相変わらず、面白く
安心の安定感でありますね

短編集だというのに、
それぞれの話に出てくる登場人物のキャラクターが、
しっかりと読者に伝わるってのは、
東野 圭吾さんの筆力に他ならないですね
ホントに、惹きこまれる物語ばかりであります

が、トリックという面では、やや淡白でありますかね?
収録作品1作目の『幻惑す』については、
なんじゃそりゃ?という、謎そそるミステリーからの、
物理学者(物理学)ならではのトリックがあって、
とっても面白かったですが、
その他のトリックという面では物足りなさがありますかね

それも、そのはず
今回の短編集では、ガリレオ事、
湯川助教授が登場すると、結構あっさりと謎を見抜いてしまいます
なので、もう一人メインキャラ、草薙刑事の出番が多め
また、謎より、その動機というか、
犯行の裏にあるドラマの方が、楽しめる感じでありましたね

ホント、短編でさっくりと読めて楽しめる
まさに、お手軽な一冊という感じですね

しかしまぁ、やっぱり個人的には、
ガリレオといえば、『容疑者Xの献身
これを超えるとまでは言いませんが、
深く濃厚な長編ミステリーとして、読みたい次第でありますねぇ
ま、東野 圭吾さんですから、
きっと、そんな作品をいつか書いてくれるはず
その日を心待ちに、
まずは、続編、『禁断の魔術』を読んでおきましょう


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの東野 圭吾

291.【小説】天空の蜂/東野 圭吾 (2017.6.17)
286.【小説】夢幻花/東野 圭吾 (2016.12.1)
271.【小説】マスカレード・イブ/東野 圭吾 (2016.4.8)
268.【小説】ラプラスの魔女/東野 圭吾 (2016.3.15)
267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
262.【小説】あの頃ぼくらはアホでした/東野 圭吾 (2016.1.25)
223.【小説】歪笑小説/東野 圭吾 (2015.4.3)
219.【小説】黒笑小説/東野 圭吾 (2015.2.27)
193.【小説】疾風ロンド/東野 圭吾 (2014.9.23)
160.【小説】祈りの幕が下りる時/東野 圭吾 (2013.12.28)
140.【小説】毒笑小説/東野 圭吾 (2013.8.26)
139.【小説】怪笑小説/東野 圭吾 (2013.8.24)
138.【小説】プラチナデータ/東野 圭吾 (2013.8.20)
103.【小説】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野 圭吾 (2013.1.5)
100.容疑者Xの献身/東野 圭吾 (2012.11.27)
84.夜明けの街で/東野 圭吾 (2012.09.12)
83.さまよう刃/東野 圭吾 (2012.09.09)
82.使命と魂のリミット/東野 圭吾 (2012.09.06)
80.ダイイング・アイ/東野 圭吾 (2012.08.28)
79.白銀ジャック/東野 圭吾 (2012.08.26)
1.マスカレード・ホテル (2011.10.01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 東野 圭吾 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】天空の蜂/東野 圭吾

天空の蜂 (講談社文庫)
291.天空の蜂/東野 圭吾


みかん日記では、
ダントツの読了数であります、東野 圭吾作品

今作『天空の蜂』で、21作目となりますが、
実は、このブログを始める前より、
読んでいた作品も多々ありまして

加賀恭一郎シリーズも、
何気に前作読んでおりますゆへ
実際は30作以上読んでるではないかと

まぁ、それだけ読みたくなる魅力が、
やはり『東野 圭吾作品』にはありますよね

して、今回の『天空の蜂』は、
2015年に映画化もされ、
さらには、作品のテーマもクローズアップされ、
話題となった作品でありますね

やはり、見逃せない一作ということで、
手にとってみました


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。

無人操縦でホバリングしているのは、
稼働中の原子力発電所の真上。

日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、
政府が下した非情の決断とは。

そしてヘリの燃料が尽きるとき…。

驚愕のクライシス、
圧倒的な緊迫感で魅了する傑作サスペンス。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


正直、素直な感想を述べるとすると、
面白くなかった
まぁそれは、『東野 圭吾作品』という期待値からすると。
という、注意書きが必要ですけどね
更に、今作は、物語のテーマが原発ですから、
純粋に、エンタメ作品としてみた場合という、
注意書きもプラスしておきましょうかね
(なんだか、言い訳がましてくなりますが・・・)

どうしても、何作品ものヒット作を生み出しています、
東野 圭吾さんでありますから、
重厚な人間ドラマありきの、
手に汗握る、ドキドキ感もありつつの、
どんでん返し本格ミステリーを期待しますからねぇ
って、これは期待しすぎですかね
ま、そんな期待を裏切らない作品が多いだけにね

しかしまぁ、今回の『天空の蜂』が、
そういった要素が無いことは全然無いのですが、
まず、事件の舞台が原発ということ、
事件もテロ行為であること、
その渦中に、子供が巻き込まれてること、
脅迫に対する政府の決断、
そして、テロの首謀者(犯人)、
と、面白さてんこ盛り

にもかかわらず正直な感想が『面白くない』と思ってしまったのは、
物語の間延び感がどうしても・・・
それが影響してか、
物語りも淡々と進んでる感もでてきて、
間違いなく面白い話ではあるのと思うのですが、
東野 圭吾作品を読んでる自分としては珍しく、
寝落ちしてしまったりで・・・

それも、今作のテーマが原発であるという事が、
大きく影響してるのですかね?
原発についての、
まさにプロ根性が伝わるような取材をされたのでしょう。
ホントに事細かな薀蓄が並びまして
まぁ、私には読んでてチンプンカンプンである所が多いですが、
『原発』というものをよく知って欲しいという、
作者の気持ちはとてもよく伝わる物語でありましたね

この作品が書かれたのが、
今から20年以上も前ってのも、なんだかねぇ・・・


して、映画版の評判がかなりいいようなので、
原作との違いも楽しみつつで、
また、見てみたいと思います



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの東野 圭吾

286.【小説】夢幻花/東野 圭吾 (2016.12.1)
271.【小説】マスカレード・イブ/東野 圭吾 (2016.4.8)
268.【小説】ラプラスの魔女/東野 圭吾 (2016.3.15)
267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
262.【小説】あの頃ぼくらはアホでした/東野 圭吾 (2016.1.25)
223.【小説】歪笑小説/東野 圭吾 (2015.4.3)
219.【小説】黒笑小説/東野 圭吾 (2015.2.27)
193.【小説】疾風ロンド/東野 圭吾 (2014.9.23)
160.【小説】祈りの幕が下りる時/東野 圭吾 (2013.12.28)
140.【小説】毒笑小説/東野 圭吾 (2013.8.26)
139.【小説】怪笑小説/東野 圭吾 (2013.8.24)
138.【小説】プラチナデータ/東野 圭吾 (2013.8.20)
103.【小説】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野 圭吾 (2013.1.5)
100.容疑者Xの献身/東野 圭吾 (2012.11.27)
84.夜明けの街で/東野 圭吾 (2012.09.12)
83.さまよう刃/東野 圭吾 (2012.09.09)
82.使命と魂のリミット/東野 圭吾 (2012.09.06)
80.ダイイング・アイ/東野 圭吾 (2012.08.28)
79.白銀ジャック/東野 圭吾 (2012.08.26)
1.マスカレード・ホテル (2011.10.01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 東野 圭吾 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】夢幻花/東野 圭吾

夢幻花 (PHP文芸文庫)
286.夢幻花/東野 圭吾


読書感想も久々ですねぇ
会社のドタバタは続いており、残業残業の日々ですが、
職場で日付が変わる事は無くなり始めた今日この頃
少し落ち着いて、このブログ記事も書ける程度の余裕は出来始めました
仕事でバタバタだと言っても、
寝る前の読書習慣は変わらず、ほぼ寝落ちしてましたが、
続けていましたので、この一月で数冊ですが、
読了した作品がありますゆへ、少しづつ感想記事を書いておきたいと思います

その第1弾が今作
東野 圭吾さんの『夢幻花』

いやー、仕事が忙しく床に就く時間も遅くなり始めてた頃に手に取りましたが、
解っていたことですが、読む作品の選択を間違えましたね。。。

東野 圭吾作品といだけで、
私の中では間違いなく面白く一気読み不可避だと解ってるのに、
読み始めちゃって
案の定、読み止れず夜更かし読書ですよ
いやはや、
仕事に忙殺され始める前から、
自分の体力をすり減らしていたという私であります

して、作品の内容はというと・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。

第一発見者の孫娘・梨乃は、
祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、
ブログにアップするとともに、
この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。

一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、
別の思いを胸に事件を追っていた…。

宿命を背負った者たちの人間ドラマが展開していく
“東野ミステリの真骨頂”。

第二十六回柴田錬三郎賞受賞作。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やっぱり、東野 圭吾さんだから、
今作も、一気読み不可避の作品に仕上がってるのでしょうね
面白い

正直、大きく概要だけみると、
ミステリーとしては、大きなどんでん返しもなく、
驚愕のトリックもなく・・・

黄色い花に秘められた謎であったり、
主人公の一人である、
蒼太に対する、家族からの明らかすぎる隠し事であったりと、
物語の核となりうる秘密があるのですが、
それも最後まで引っ張りますが、
結末(真相)だけみると、
『ふーん。。』で終わるような感じであったり

しかしまぁ、それでも、
物語に惹きこまれてしまって、
眠れなくなってしまうのですよねぇ

一つの殺人事件をきっかけに、
刑事目線と被害者家族の目線とで、
物語は進むのですが、
その真相へと進む過程は全く違う形で進んでいくのですが、
それぞれの物語が、
うまくリンク仕合うと同時に、複雑に絡み合い、
全ての謎が一つの真相が導き出されると

また、黄色い花の特徴から、
『負の遺産』と向き合う姿勢という、
社会的メッセージも込められてますし、
物語内でそれに向き合うこととなる、
主人公たちの感情の変化や成長も読んでて感じ取れますし、
共感もできましね

やはり、この構成力は流石なのではないでしょうかね
相変わらずの、人間ドラマもありまして、
ホント、東野圭吾さんの作品に外れなしでありますねぇ
素晴らしい作品でした



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの東野 圭吾

271.【小説】マスカレード・イブ/東野 圭吾 (2016.4.8)
268.【小説】ラプラスの魔女/東野 圭吾 (2016.3.15)
267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
262.【小説】あの頃ぼくらはアホでした/東野 圭吾 (2016.1.25)
223.【小説】歪笑小説/東野 圭吾 (2015.4.3)
219.【小説】黒笑小説/東野 圭吾 (2015.2.27)
193.【小説】疾風ロンド/東野 圭吾 (2014.9.23)
160.【小説】祈りの幕が下りる時/東野 圭吾 (2013.12.28)
140.【小説】毒笑小説/東野 圭吾 (2013.8.26)
139.【小説】怪笑小説/東野 圭吾 (2013.8.24)
138.【小説】プラチナデータ/東野 圭吾 (2013.8.20)
103.【小説】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野 圭吾 (2013.1.5)
100.容疑者Xの献身/東野 圭吾 (2012.11.27)
84.夜明けの街で/東野 圭吾 (2012.09.12)
83.さまよう刃/東野 圭吾 (2012.09.09)
82.使命と魂のリミット/東野 圭吾 (2012.09.06)
80.ダイイング・アイ/東野 圭吾 (2012.08.28)
79.白銀ジャック/東野 圭吾 (2012.08.26)
1.マスカレード・ホテル (2011.10.01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 


| 東野 圭吾 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】マスカレード・イブ/東野 圭吾

マスカレード・イブ (集英社文庫)
271.マスカレード・イブ/東野 圭吾


私個人としては、
もっとも作品を読んできた作家である、東野圭吾さん

普通に面白いですし、読みやすいですし、感動できますし、
ホント、ヒットメーカーでありますよね
また、そんなヒット作を、
ほぼ休むことなく、年に2・3作品は発表してるってのも、
ホント驚嘆に値しますよねぇ

とまぁ、褒め殺しの東野圭吾さんでありますが
今回は、『マスカレード・イブ』
『マスカレード・ホテル』の続編ということなのですが、
『マスカレード・ホテル』といえば、
このみかん日記の読書感想記事の第1発目となった作品でありまして、
個人的には、それとなく記念作であったりもする訳ですが・・・

いま、ふとその時の記事を読み返すと、
ほんとヒドイものですねぇ・・・
あえて、リンクは貼りませんが、
なんとも、こっぱずかしく、しょーもない感想記事になっておりますねぇ・・・

って、あれ?
今も、そう変わってないですかね
・・・・・・はい。
それでは、『マスカレード・イブ』の感想記事でも


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、
ある客たちの仮面に気づく。

一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、
一人の男に目をつけた。

事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、
なぜかホテル名を言わない。

殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。

お客さまの仮面を守り抜くのが彼 女の仕事なら、
犯人の仮面を暴くのが彼の職務。

二人が出会う前の、それぞれの物語。
「マスカレード」シリーズ第2弾。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


『マスカレード・ホテル』の続編と書いてましたが、
時系列的には、『マスカレード・ホテル』より過去の話ですね
二人の主人公、
山岸と新田が出会う前のそれぞれの物語でした

なので、続編といっても、
それぞれホテルのフロントクラークとして働く山岸の物語と、
刑事である新田の物語とが、
1話完結で乗ってるので、
順番的に、前作を読んでいなくても全く問題の無い感じ

てか、むしろ今作読んでからの『マスカレード・ホテル』と読んだほうが、
今作(イブ)ではすれ違いであった二人が、
それぞれの立場の中で協力しあう物語へと繋がっていくので、
『マスカレード・ホテル』が、
更に面白く読める気がしましたね

といいつつも、ぶっちゃけ、
もう『マスカレード・ホテル』の詳細なんて、
ほぼ忘れちゃってるのですけどね
今作を読了した今、
再読しようかと検討中であったりです

にしても、やはり舞台が『ホテル』という事もあって、
男女間のトラブル(?)的な物語が多いですね
それが、流石の東野圭吾さんですから、
妙に『あるある』なのです
ホテルの実態なんて全く検討もつかない世界でありますが、
(更に、私には縁の無い高級ホテルですから)
物語を読んでるウチに、
その世界に引きずり込まれるといいましょうか、
そんなトラブル多いんだろうなぁ。。って、思えてきてしまう所が、
東野圭吾さんの筆力って所なのでしょうかね

ただ、これは男性の立場からですが、
女性って怖い。って物語ばかりな感じ
浮気を疑い、ホテルに乗り込んでくるのも、
したたかに、殺人事件の交渉にくるのも、
何より、その仮面を見抜く従業員にしても
恐ろしいですねぇ・・・

なーんて、思いながらの、
とっても面白い短編4つ、一気読みの作品でした


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの東野 圭吾

268.【小説】ラプラスの魔女/東野 圭吾 (2016.3.15)
267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
262.【小説】あの頃ぼくらはアホでした/東野 圭吾 (2016.1.25)
223.【小説】歪笑小説/東野 圭吾 (2015.4.3)
219.【小説】黒笑小説/東野 圭吾 (2015.2.27)
193.【小説】疾風ロンド/東野 圭吾 (2014.9.23)
160.【小説】祈りの幕が下りる時/東野 圭吾 (2013.12.28)
140.【小説】毒笑小説/東野 圭吾 (2013.8.26)
139.【小説】怪笑小説/東野 圭吾 (2013.8.24)
138.【小説】プラチナデータ/東野 圭吾 (2013.8.20)
103.【小説】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野 圭吾 (2013.1.5)
100.容疑者Xの献身/東野 圭吾 (2012.11.27)
84.夜明けの街で/東野 圭吾 (2012.09.12)
83.さまよう刃/東野 圭吾 (2012.09.09)
82.使命と魂のリミット/東野 圭吾 (2012.09.06)
80.ダイイング・アイ/東野 圭吾 (2012.08.28)
79.白銀ジャック/東野 圭吾 (2012.08.26)
1.マスカレード・ホテル (2011.10.01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 東野 圭吾 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】ラプラスの魔女/東野 圭吾

ラプラスの魔女
268.ラプラスの魔女/東野 圭吾


前回の『人魚の眠る家』に続いて、
読書感想としては、2作続けての東野 圭吾さん作品となりました
もちろん、コチラも文庫化待ちではあったのですが、
特売日とあっちゃーねぇ。。。
読みたいのを買っておこう
てなりますよね
きっと・・・

して、
今作も東野圭吾さん作家デビュー30周年記念作品として、
発表された作品で話題となっていた作品
はてさて、今回はどんなミステリが待ってるのでしょうか?
楽しみに手に取った次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、
行動を共にするにつれ彼女には
不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。

同じ頃、
遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。

検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、
双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。

価値観をくつがえされる衝撃。物語に翻弄される興奮。
作家デビュー30年、80作目の到達点。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


面白い
・・・作品だと思います
てか、普通に面白いですし、
展開もスムーズで、やはり読みやすく一気読みでき、
流石は東野圭吾さん
と、思うのですが、
やはりそのビッグネーム対する期待値がかなり高いので、
読了後(または、終盤には)に、うーむむむ。。。
と思う自分もいたりで

また、作品の紹介(帯)が、
作品を煽りすぎってのも否めずですよね
まぁ、出版社はより売れるように努力するのは当たり前なので、
その言葉に引かれて手に取る読者側の問題だけなのですが・・・
デビュー30年
80作目
これまでの作品をぶっ壊す
なーんて、紹介されてると、
東野圭吾さん好きなら手に取らざる終えない一作になりますよねぇ

とまぁ、売り文句に難癖つけてもしかたないので、
内容ですが・・・

それぞれ違う理由で、
脳手術を受けた男女は、
それが原因で、あらゆる物事の事象を瞬時に計算して、
その結果何が起きるかを予測できるという、
超人的な能力を身に着けるのですね
そんな二人の周りで、立て続けに殺人事件が・・・
はてさて、事件の犯人は?
二人の事件の関連性は?また、二人の目的は?

と、言った所なのですが

まぁ、軽くネタバレしますが・・
殺人事件に関しては、
やはり物語の核である、
二人の能力が深く関連してますので、
正直、ミステリーとして楽しめるかというと微妙・・・
驚愕のトリックだとか、
見事な伏線回収だとかはあまり無く

それでも、そんなミステリー要素に関係なく、
東野圭吾さんには、人を魅了する、
濃密な人間ドラマがあるので、問題無
と、言いたい所なのですが・・・
それも今回は薄っぺらく感じてしまうのも否めず

何がそう感じさせてしまうのか?
と、言われると、私なんかでは全く説明できませんが、
コロコロ変わる物語の視点のせいで、
登場するどのキャラに対しても、
イマイチ嵌り込めれなかったせいなのかなぁ。。と思ってみたりで

まぁ、どうしても、
今作以上の感動の作品を何作も作り上げてる、
大先生ですからねぇ・・・
前回読んだ『人魚の眠る家』も、
本当に深く濃い物語だったものですからねぇ


いやはや、前回は、
『東野圭吾・天才だ』と言いながら、
今回は、残念と言う、
なんとも手前勝手な読者である私でありますが
間違いなく、東野圭吾ファンではあるので、
ファンがゆへの期待の現われという事でー


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの東野 圭吾

267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
262.【小説】あの頃ぼくらはアホでした/東野 圭吾 (2016.1.25)
223.【小説】歪笑小説/東野 圭吾 (2015.4.3)
219.【小説】黒笑小説/東野 圭吾 (2015.2.27)
193.【小説】疾風ロンド/東野 圭吾 (2014.9.23)
160.【小説】祈りの幕が下りる時/東野 圭吾 (2013.12.28)
140.【小説】毒笑小説/東野 圭吾 (2013.8.26)
139.【小説】怪笑小説/東野 圭吾 (2013.8.24)
138.【小説】プラチナデータ/東野 圭吾 (2013.8.20)
103.【小説】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野 圭吾 (2013.1.5)
100.容疑者Xの献身/東野 圭吾 (2012.11.27)
84.夜明けの街で/東野 圭吾 (2012.09.12)
83.さまよう刃/東野 圭吾 (2012.09.09)
82.使命と魂のリミット/東野 圭吾 (2012.09.06)
80.ダイイング・アイ/東野 圭吾 (2012.08.28)
79.白銀ジャック/東野 圭吾 (2012.08.26)
1.マスカレード・ホテル (2011.10.01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 東野 圭吾 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT