くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【映画】氷菓

氷菓 DVD 通常版 [DVD]
181.氷菓


原作は、ご存知(?)
米澤穂信さんの、
人気シリーズ、古典部シリーズの1作目『氷菓』

原作は読んだのは、もう、3年前
もちろん内容なんて、カケラも覚えていませんが、
ライトな青春ミステリ。。。
という、記憶が頭の隅っこにありまして

てことで、
ちょっとコーヒーブレイク
的な気分で手に取りました、今作『氷菓』


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

謎解きは手短に。

一冊の文集「氷菓」が導く、学園史から消された事件の結末とは--

「やらなくてもいいことなら、やらない。
やらなければいけないことなら手短に。」
をモットーとする〝省エネ主義〟の折木奉太郎(山﨑賢人)は、
姉の命で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部する。

そこに〝一身上の都合〟で入部してきたのが、
お嬢様の千反田える(広瀬アリス)。

一度好奇心を刺激されると、
「わたし、気になります!」と大きな目を輝かせ、誰にも止められない。

えるにひっぱられ、
奉太郎の潜在的な推理力が開花し、
学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。

そんなある日、奉太郎はえるから、
33年前に起きたある事件の謎を解明してほしいと依頼される。

旧友の福部里志(岡山天音)、
伊原摩耶花(小島藤子)も加わって4人となった神山高校古典部員たちは、
事件の真相に迫ってゆく――。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


見てて思い出してきました
省エネ探偵と、好奇心女子による、青春ミステリ
千反田えるの、意味決め台詞、
『私、気になります』
から、始まる謎解きの流れ

そういえば、この定番の流れが『氷菓』であり、
古典部シリーズだったな。。。とね
だからといって、
物語の核となるミステリの内容、
今作でいうと『氷菓』という言葉に秘められら真相。
という所までは、
全くもって思い出せないのが、私であり
この『特殊能力』によって、
原作を既読済みであるにも関わらず、
映画版も最後まで、純粋に楽しめるというね

しかしまぁ、
最初にコーヒーブレイクのつもりで・・・
と、書いてましたが、
コーヒー片手に見始めた今作『氷菓』、
見終わる頃、コーヒーは完全に冷め切って残ってましたね
(無駄な表現をしましたが・・・
すっかり、夢中になって作品を見てましたね

えるお嬢様の『気になる』レベルは、
作中でドンドン上がっていき、
最後は、33年前の叔父の言葉は何?ですからね

その答えは、古典部の歴史に大きく関わり、
部員全員で、考察という形で発表しあう推理合戦は、
ホントに見もので
点が線になるとは、まさにこの推理合戦の事

更に、そこで全て解決ならず、
まさかのどんでん返しが
正直、
『あれ、氷菓ってこんなに面白かったっけ?』
なんて思っちゃってる自分でありました

原作シリーズは、
1作しか読んでいませんでしたが、
続編も改めて読みたくなりましたし、
映画版も続くなら、きっと手にとるでしょう






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】君の名は

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション
180.君の名は。


基本的には、時代の3歩後を進む『みかん日記』
どんな作品であっても、
時間と共に風化していき、お手軽に楽しめるようになる
映画館で見なくても、レンタル解禁されても、旧作まで待てば・・・
新書でなくても、文庫化されても、古本になれば・・・
なーんて、ドケチ根性の私でありますので、
2年前のレジェンド作品

『君の名は。』

を、今更ながら手にとってみました
いやはや、地上波ですらも放送された作品を、
本当に今更。。。って、やつでありますね

しかしまぁ、
これだけの超有名作品を今日まで、
全くのネタバレなしで、細かい内容すら知らない状態でいた私も、
逆に凄くない?なんて思いつつですが

じゃぁ、何故いま更手に取ったかというと・・・
DSC_6106.jpg
そう、この『絶望鬼ごっこ』・・・じゃなくて
長男君の児童文庫に埋もれて『君の名は。』を目にして、
そういえば、見逃していた事を思い出しましてね

やっと、千と千尋の神隠しに次ぐ、
レジェンド長編アニメを手にした次第であります


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、
山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、
自分が東京の男子高校生になった夢を見る。

日頃から田舎の小さな町に窮屈し、
都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。

一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、
行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。

心と身体が入れ替わる現象が続き、
互いの存在を知った瀧と三葉だったが、
やがて彼らは意外な真実を知ることになる。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg


いやー、そりゃスーパーヒットする訳ですよ
みなさんより遅れる事、約2年
私の中で、『君の名は。』フィーバーがやって来た訳ですよ
みなさんより遅れる事、約2年
毎日、『RADWIMPS』の曲が頭の中で鳴り響いてる訳ですよー

久々に、同じ映画を連続で見てしまうという事をしてしまいました
そんな事したのは、『シックスセンス』以来かもですねぇ

いやはや、抜群に面白かったです


と、本当に今更ながらの感動を味わってる私であり、
絶賛してるのですが、
とりあえず、もう今更なので、ネタバレ感想文として

本当に、この作品を見る今日まで、
作品のネタバレを見ることも聞くことも無く、
ざっくりあらすじししか知らなかった私
ただ、『アナ雪』に匹敵する興行収入になりそうというメガヒットしてる事は知っており、
PVで何度もながれていた、
入れ替わりってのは知ってたぐらいのレベル

それだけの展開で、これだけのヒットは無いだろうと思ってはいましたが、
二人の入れ替わりの秘密には単純に驚かされました
『夢の中で入れ替わってる
という、言葉だけが押されてるイメージのPVでしたが、
そんな事は、物語の核のほんの一部もいいところで、
中盤以降は、怒涛の展開でしたね

二人の主人公、『瀧』と『三葉』の絶妙なすれ違いは、
本当にやきもきさせられ、
始めて出会えた時の感動も
その時の演出も、素敵すぎる映像美と、
『RADWIMPS』の楽曲が素敵に響くんですよねぇ

そこからの『三葉』に待ち受ける現実にハラハラしますし、
更に、入れ替わりが終わった後の記憶が消えてしまう(曖昧になる)という、
設定も絶妙で、結末へ向かう物語の展開に、
ハッピーエンドなのか、まさかのバッドエンドなのか
最後まで目が離せない物語でしたねぇ


本当、三十路半ばのおじさんみかんですが、
しばらくは、この感動の余韻に浸る感じになりそうです
すばらしい作品でした






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】GODZILLA 怪獣惑星

GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray コレクターズ・エディション
179.GODZILLA 怪獣惑星


日本が世界に誇る怪獣
『ゴジラ』

といっても、
私自身は、ゴジラを語れるほどの思い入れも無く知識も無く
とりあえず、テンプレで、
今作の紹介を入れておくと・・

ハリウッド版『GODZILLA』、『シン・ゴジラ』に続いて、
ゴジラシリーズ第30作目にして、
初の長編アニメとなったのが、
今作『GODZILLA 怪獣惑星』
また作品は、3部作となっており、
そのシリーズ1作目であります
(ウィキより・・・)

まぁ、言ってみれば、
ゴジラ素人が、ハリウッド版も日本最新版もスルーしたのに、
今作に興味を持ったかというと、
純粋に、PVで見たゴジラが物凄くカッコよかった
それだけで、
見てみたいと思った次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

アニメーション映画全3部作の第一弾「GODZILLA 怪獣惑星」。

人類はゴジラと半世紀にわたる戦争の末、
ついに地球脱出を計画。

恒星間移民船で11.9光年の彼方にある星を目指し旅立ったが、
たどり着いた場所は人類が生存可能な環境ではなかった。

移民の可能性を閉ざされ、地球に帰還するが、
既に二万年の歳月が経過し、
地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた…。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


私、ゴジラ素人には、
とってもとっても楽しめる作品でした
そして、
すげぇゴジラかっけぇかったー

というのは、フルCGアニメーションだった、
今作の映像美というクオリティは、
非常に高いのではないでしょうかね
昨今のCG技術であれば、
このくらい当たり前レベルなのかもしれませんが、
ゴジラを描くにあたっての、
全身筋肉繊維かと思わせる巨躯は、
まさにど迫力

物語の展開は、
驚くほど早く感じましたね
細かい背景はほぼカットなのか、
地球に怪獣が現れた理由、
異性人と共闘している理由など、
きっと細かい設定があって作りこまれてるのはよく解りますけど、
作中では、大して語られる事なく

まぁ、それでも『ゴジラ』というタイトルからして、
人類VSゴジラという構図は、勝手に頭の中にできちゃってますからね
それを基にしたSF映画と思うと、
物語は単純明快になるかなとね

しかしまぁ、
ゴジラ討伐の為の作戦や、ゴジラの弱点というのが、
作中で見出されてますが、
見てる私としては、???なところが・・・
まぁ、要は、ついていけてなかったのですが
何が作戦どおり、何が失敗なのか?
そのあたりが見てて、主人公達と一緒に緊迫感を味わえてなかったかなぁと

カッコイイゴジラが見たいと見始めた私としては、
もっと、ゴジラの画が見たかったかなとね
戦闘機目線でのカメラワークが多く、
戦闘の迫力、臨場感は半端無いものがありますが、
ゴジラの動きというのが、余りみれなくて、
陽動作戦といっても、ゴジラはそこに動いているのかが解らず・・・

なんてのも、ちょっと残念かなと思ったところですが、
何にしても、シリーズ3部作の1作目なので、
2・3作目と見逃せない作品になったのは間違いないですね







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 DVD
177.鋼の錬金術師


今日は映画感想
ま、いつも時代遅れの作品ばかりなのは、
みかん日記の『いつもの』ってやつですがね

して、今回は、
2017年の年末(だったかな?)に話題となりました、
銀魂、ジョジョ、につづく、
超人気漫画原作の実写化シリーズの最後に公開された、
『鋼の錬金術師』であります

しかしまぁ、
私はこの鋼の錬金術師は全くの初めて
物語のあらすじも知らないし、
もちろん主人公の名前も、
何ならジャンプ漫画だと思ってた程ですから

なので、はっきりいって興味のカケラもありませんでしたが、
子供と何か映画をみたいなぁ。。。
と、思って見ていると、
子供が『鋼の錬金術師じゃぁ』と、
私と一緒で、タイトルだけですが知っていたので、
じゃぁ、見てみようかと思って


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

荒川弘の人気コミックを曽利文彦監督、山田涼介主演で映画化。

鋼の義肢・オートメイルを身に着けた国家錬金術師・エドと、
魂だけの存在となった鎧姿の弟・アル。

失った体を取り戻すため、
ふたりは賢者の石を探す旅に出る。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


原作を知ってる人は、
納得して無いだろうなぁ・・・
と、思ってると案の定なのでありますね・・・

先に書いたように、
私は全くの初見なので、
まぁ、楽しめた方なのだと思います

偉大な錬金術師が、
保身の為、禁止錬金術に手を染めていたり、
軍の中にいる、内通者の存在であったり、
主人公の求める、賢者の石の錬金の真実であったり、
いわゆる、どんでん返しがたくさん盛り込まれており、
物語の展開には、目が離せないものがあり、
その辺りはとっても楽しめましたね

しかし、いづれの展開も原作では、
かなりの衝撃をあたえる話だったのでしょうね
それぞれの物語に過去があり、
深い背景があってまさかの展開なのでしょうが、
やっぱり2時間弱という限られた時間内に収めるため、
たくさんのサブストーリーは削除、
または、編集されてるってのはかなり感じますがね

まぁ、それは映画化される時点で仕方のない事
原作ファンには納得できない展開も、
やはり初見であるため、
『へぇー』と、それなりのインパクトを持って見れましたが・・・
やっぱり、薄っぺらい衝撃になってましたがね

最後のシーンになりますが・・・
松雪泰子さんが演じるラストの絶命シーン
それまでの過程で松雪泰子の演技力により、
かなり謎めいた魅力ある悪女を演じていており、
さらに、
ディーン・フジオカさん演じる、マスタングとの決戦になる所
間違いなく、善・悪あれど、
一言で片付けられない、複雑な感情が入り混じる、
感動の決着になる
のでしょうけど・・・
迫真の松雪泰子さんの一言『人として・・・』的な言葉に、
多くの重みがあるはずなのですが・・・

薄っぺらい

ある意味、これは物語の展開としては、致命的なのでは・・・
十分、映画の中でも、
人間の命と錬金術というテーマが込められてるのは伝わる展開ですが、
やはり2時間で最後のシーンに纏めるのは無理あったかなとね

それに、ここまで感想を書いてきて、
主人公の二人の兄弟の話に触れてないってのは、
二人の活躍ありました・・・かね
目立った活躍は、オープニングだけじゃないかと
あとは、右往左往してるだけにしか見えず・・・

原作では違う
という、声が映画を見ててヒシヒシと聞こえてきてましたね
メインは二人の物語ですものね
絶対に、面白い作品であるのは間違いないですからね

てことで、映画を見て、
ちゃんと原作をしりたくなり、
漫画を読んでみようと思ってる私であります







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】メアリと魔女の花

メアリと魔女の花 ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]
175.メアリと魔女の花


久々のジブリ作品であります

まぁ、久々といっても、
なんとなく、良く見ている気になってしまうジブリ作品
てのも、頻繁に、テレビでやってますからね
年1回は、宅急便かトトロかラピュタかetc・・・
必ず目にしてる気がするのでね

で、実際、
ジブリの新作を見たのがいつだったかと調べてみると・・・
・・・・・・2011年借りぐらしのアリエッティ
って、えらい前でした
公開日は、8年前にもなる作品で・・・

てことで、やっぱり久しぶりのジブリ作品でありました


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

スタジオジブリで活躍した米林宏昌監督が立ち上げた
スタジオポノック第1回長編作品。

赤い館村に引っ越して来たメアリは、
7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”によって
一夜限りの不思議な力を手に入れる。

杉咲花、神木隆之介らが声優を担当。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


で、久しぶりに見た、ジブリ最新作
悪くないですねぇ

て、何上から目線で物言ってんだ。
と、突っ込まれそうですが、
まぁ、正直な感想では、可も無く不可もなく
やっぱり、ちょこちょこと見ることがある、
(話題作ばかりですが)ディズニー作品を思うと、
完成度が劣るかなぁ。。。
と、思ってしまうところ

内容的には、
ザ・ファンタジー
突然、魔法の世界に飛び込み、
勘違い天才扱いからの、侵入者扱いからの、
すったもんだで、友人拉致を魔法の力を使って救出
ハッピーエンド

超がつくザックリではありますが、
まぁ、解りやすい展開で、
そういった意味では、
誰が見ても、
当たり前ですが子供でも十分に楽しめる作品
実際、私は、二人の子供達と一緒に見て、
次男君は見た後、
『早速、もう1回見たい。』と、言ってましたしね

魔法の演出や、
多々登場する、魔法の妖怪(?)も、
いかにもジブリらしく、
その画は、なんか飽きさせず惹きこまれますよね

なら、じゃぁ、
何が楽しめなかったのか?というと、
物語が王道すぎて、内容が薄っぺらい感じ
主人公・メアリの個性がなんとなくイマイチでしたし、
悪役(?)となる、魔法学校の校長と科学者も、
ヒール役になりきれない、
または、究極魔法にとりつかれた動機が理解できない。。。

と、(自分が映画通ぶるつもりなんてさらさらないですが)
原作はいざしらず、映画の中では、
そういった背景までが、1度では読み解けず、
物足りない感につながってるかなという感じ


まぁ、冒頭に書いたように、
悪くは無い作品
普通に面白いかな。とね
ただ、これまでのジブリ作品の代表作、
いわゆる、宮崎駿作品なんかを思うと・・・うーむむむ。とね
家族で楽しむには、最適な一作ではありますね


追記(注記)
なんと、この作品ジブリ作品じゃなかった
感想記事をアップ後に、
Wikiを読んでると、ジブリに携わって来た人が作った、
全くの別物だったとの事で
いやー、この画で、作りで、物語の展開で、ジブリじゃないって
間違いなく、私のような感覚で、
(言い方が悪いかもしれませんが)
だまされてる人多い気がします

ま、ジブリ作品じゃなかったというだけで、
作品が面白さが変わるなんてことはありませんけどね





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT