くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

迷宮/清水義範

あ、テレビでGANTZがしてる
この作品を映画館で見て以来、映画館に行ってないなぁ・・・・・・
てか、最近は何の映画がしてるんだろう
ドラえもん?クレヨンしんちゃん?コナン?

・・・・って
完全に息子に洗脳されちまってるーーー
ホントに、他の作品名が出てこない・・・・
(ま、いいけど


さて、本日の一冊。
お、記念すべき50冊目だ。

迷宮 (集英社文庫)迷宮 (集英社文庫)
(2002/05/17)
清水 義範

商品詳細を見る
50.迷宮/清水義範


清水義範さんは、私は始めて聞いた名前です
他にどんな作品があるかもよく知らないですし、
何か他に話題作なんてのがあるのでしょうかねぇ

って、失礼極まりないですね

前回、最近はホラー系の作品ばかり読んでますと言いましたが、
この作品は、まぁ・・・・、普通(?)ミステリー・・でしたね
買った時はホラーのつもりでした
前作の『アミダサマ』の隣に並んでたものですから、
すっかり、その手の作品かと思っちゃいました

これまた、前回と同じ。
タイトルのみで、解説を読まずに雰囲気と勢いで選んじゃいましたねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

24歳のOLが、アパートで殺された。
猟奇的犯行に世間は震えあがる。
この殺人をめぐる犯罪記録、週刊誌報道、手記、供述調書…
ひとりの記憶喪失の男が「治療」としてこれら様々な文書を読まされて行く。
果たして彼は記憶を取り戻せるのだろうか。
そして事件の真相は?

言葉を使えば使うほど謎が深まり、闇が濃くなる―
言葉は本当に真実を伝えられるのか?!

名人級の技巧を駆使して大命題に挑む、スリリングな超異色ミステリー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

タイトルに惹かれて買ったこの作品
さらに、ホラーと思ってたので、
本を開く前は、
館的な、まさに迷宮に若者達が迷い込み、
脱出不能となり、てんやわんやのホラーちっくに話が進むなんてゆう、
とんでもない、勝手な思い込みをしておりましたが・・・

まぁーーーーーったく、違いましたね
(てか、ホント。背表紙の解説読めよ!てね


が、タイトル通り。
迷宮に迷い込む作品でした
何が迷宮に迷い込むかってーと、
自分の頭の中が・・・ですかね

一つの猟奇殺人について、
様々な形の資料から、真相がだんだんと明るみとなっていき、
記憶喪失の男が記憶を取り戻すと共に、
読者も驚きの真相にたどり着く

といゆう期待に、
序盤・中盤は胸膨らませ読み進めてたのですが・・・
折り返してからというもの、
なーんか、繰り返してない・・・みたいな・・・・・

終盤は、結構読むのもしんどくなってきつつで

ここは、最後の真相(オチ)に期待
と、思いなんとか読み進めました

で、結果
迷宮に迷い込みましたねぇ
まぁ、まだ、自分の理解力では、この作品の真髄は理解できてないのかも
いやはや、なんとも・・・
な。作品

迷宮 (集英社文庫)

新品価格
¥600から
(2012/4/27 22:40時点)


| 清水 義範 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |