くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA /貴志 祐介

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
254.十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA /貴志 祐介


秋の夜長に、ゾクリとホラーでも
といっても、もう季節は晩秋へとなりつつですが
立て続けに、
何作かホラー小説を読んでおりまして、
前回『凶宅』に続いての2作目

第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作を受賞した、
貴志 祐介さんの『十三番目の人格』
『ISOLA 多重人格少女』と改題され、
映画化もされた作品ですね

貴志 祐介さんのホラー作品で、
過去手に取った作品は『黒い家』『悪の経典』がありますが、
人間の狂気であったり、
悪の経典』は、後半かなりのスプラッターだった覚えがありますが、
はてさて、今作はどんなホラーが楽しめますかね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

賀茂由香里は、
人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。

その能力を活かして阪神大震災後、
ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、
西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。

由香里は、
千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。

このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、
しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。

だがやがて、
十三番目の人格「ISOLA」の出現に、
彼女は身も凍る思いがした。

第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


面白い

今作は、
貴志 祐介さんの記念すべき小説デビュー作だった訳ですが、
素晴らしい完成度で
ホントに読みやすくて、
最初から最後まで、
作品にグイグイと惹き込まれ、
文庫で400ページを超えるボリュームですが、
一気読みでしたね

これまでに、
新世界より』『悪の経典』といった、
今作を軽く超える長大作も読んできましたが、
いづれも、作品に惹き込まれ一気読みしたのを覚えており、
貴志 祐介さんの筆力は、
デビュー当時から本物だったという事ですねぇ

して、内容ですが

多重人格者やら、
相手の考えている事が読み取れる、サイコパスやら、
更には、幽体離脱まで絡んでくるという、
なんだか、超能力バトル的な物語なのですが・・・
(って、バトルはありませんよ。なんとなく言ってみただけで
これが、うまい具合に絡んできて、
ミステリーもありつつ、オソロシホラーを堪能できる作品になってますねぇ

まず、多重人格者(千尋)にサイコパスの能力持つ人物(由香里)が出会う
という設定からしてウマイですよね
相手の心が読めるので、
直ぐに多重人格者という事を見抜き、
更には、複数ある人格の性格を解読し統合させ、
普通の人となれるよう、
多重人格者を救おうと奔走するのですね

12もの人格が判明し、性格も解り、
治療という言葉がいいかわかりませんが、
良い方向へと向おうとした矢先、

謎の殺人事件が連続して発生
いづれの殺人事件の周りには、多重人格者である千尋の影が・・・

13番目登場ですねぇ

ここから、
何故、13番目が存在したのかというミステリーと、
13番目が持つ怖ろしい能力というホラーとが、
堪能できて、ホント面白いです
もちろん、それまでの、
12もの人格を紐解く展開で、
完全に作品に惹き込まれてる自分がいますけどね

そして、ラスト
まぁ、ホラーの定番といいましょうか・・・
やっぱり、ハッピーエンドは無いというね
ゾクリで終われて、よかったよかった。ってね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


184.【小説】硝子のハンマー/貴志 祐介 (2014.7.26)
167.【小説】新世界より/貴志 祐介 (2014.2.18)
66.悪の教典 下/貴志 祐介 (2012.07.11)
65.悪の教典 上/貴志 祐介 (2012.07.09)
51.黒い家/貴志 祐介 (2012.05.11)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 貴志 祐介 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】硝子のハンマー/貴志 祐介

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)
(2007/10)
貴志 祐介

商品詳細を見る
184.硝子のハンマー/貴志 祐介


みかん日記としては、
久しぶりの読書日記になりましたねぇ
今日までに読み終わった作品が何冊かあるので、
まぁ、小出しに感想を綴っていこうと思います

が、あんまり間を空けすぎると問題がありますね・・・
今回、記事にする、『硝子のハンマー』
読了したのが、もう3週間程度も前になるので、
内容がウル覚えだったり・・・
いやはや、忘れっぽい性格なもんで

ま、それはさておき。。。
貴志 祐介さんといえば、
黒い家』『悪の教典』『新世界より』という作品を読んできて、
ホラーにSFにといける作家さんですが・・・、
私的にはやっぱり、ホラーよりかな?
新世界より』はSFファンタジーというジャンルになってますが、
まま、グロ描写もありですからね

そんなイメージの作家ですが、
今回は初ミステリーですね
貴志 祐介さんとしても、初の本格ミステリーってことで、
結構、楽しみに手にとってみた次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

日曜の昼下がり、株式上場を目前に、
出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。

エレベーターには暗証番号、
廊下には監視カメラ、
有人のフロア。
厳重なセ キュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。

凶器は。
殺害方法は。
すべてが不明のまま、逮捕されたのは、
続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永 だった。

青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、
密室の謎を解くべく、
防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


前半・後半(1章・2章)で、
二通りの楽しみが出来る、ミステリー作品でしたね

前半は、
とある会社の社長が完全な密室で殺害された
という難解事件を、弁護士とチョイ悪防犯屋のチグハグコンビが挑む
ま、言ってしまえば王道本格ミステリですね

いくつものセキュリティを掻い潜り、
鉄壁の密室をどうすれば切り崩せるか?
二人は、あぁでもない、こうでもない、
あらゆる可能性を考えては頓挫し、
試しては失敗し・・・を繰り返し、
真相を見出そうとしていく様は、
ま、ザ・ミステリーといった感じ

で、結果、真犯人と密室事件そのトリックは
って、所で、後半(2章)へと続いていくのですねぇ
もう、ジラしてくれます

して、後半は、探偵目線から一転
真犯人目線から事件が語られていくのですね
犯人の半生が語られ、
犯行に至るまでの動機、トリックが、
ここで語られるのですね
いわゆる倒叙形式ってやつで書かれてます

いやはや、流石、貴志 祐介さん
ミステリーもバッチリ書きこなしてますねぇ
普通に面白かったです
まぁ、『普通』って言葉がミソになりますが
てのも、流石と言っておいてなんですが、
一ミステリ作品として見ると、
可もなく不可もなく、やっぱり『普通』って事になりますかね

密室のトリックにしろ、殺害方法にしろ、
ちょっと強引かな?または、トリッキーすぎるかな?って
なんなら、殺人の必要性ってのも、
どうなんだ?なーんて思っちゃたりもで

てなことを思うと、
これまで読んできた同作者の作品の面白さでいうと、
断然、『黒い家』『悪の教典』『新世界より』の方が面白いですね


まぁ、いづれにしろ、
オールマイティな作家さんで、
私の好きな作家さんであることは、変わりなしですけどね
貴志 祐介さんの作品、次は何を読もうかな




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


167.新世界より
66.悪の教典 下
65.悪の教典 上
51.黒い家

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 貴志 祐介 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】新世界より/貴志 祐介

新世界より(上) (講談社文庫)新世界より(上) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る
167.新世界より/貴志 祐介


みかん日記、久々の読書感想

てのも、今回は貴志 祐介さんの超大作
『新世界より』をひたすら読みふけっておりました
文庫版で、上・中・下の全3巻で、
総ページ数、1496ページという、
かなりボリューミーな作品

私の中では、
貴志 祐介さんといえば、
『ISOLA』『黒い家』『悪の教典』といった、
ホラー作家さんというイメージが強かったのですが、
今回の『新世界より』は、
1000年後の日本を舞台とした、
SFファンタジーってんで、ずっと気になっていた作品です

作品の評価も高く、
第29回日本SF大賞を受賞し、
漫画化にアニメ化とされており、
ホント、楽しみに読み始めた次第ですねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

1000年後の日本。

豊かな自然に抱かれた集落、
神栖66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。

周囲を注連縄で囲まれたこの町には、
外から穢れが侵入することはない。

「神の力」を得るに至った人類が手にした平和。

念動力の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた…

隠された先史文明の一端を知るまでは。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


構想30年
貴志 祐介さんが、
デビュー前より温め続けてきた、
著者の集大成的、超大作
正に、その通りの作品ではないでしょうかね

1000ページを超える作品にもかかわらず、
終始飽きさせない展開の連続で、
ホントに面白かったですねぇ

ただ、SF作品というだけあって、
序盤200ページ以上は、
舞台となる1000年後の日本、
その世界観の説明的な話が続くのですが、
それが理解できるか、乗り越えられるかが、
この作品を楽しめるかどうかのカギとなるでしょうねぇ

バケネズミ・ミノシロモドキ・フウセンイヌといった、
人ならざるものの存在や、
呪力という、魔法の力といった、
SF作品ならではの独特の世界がありますからね
ま、ぶっちゃけ私は読んでて、その世界観が描けていなかったのですが、
この作品、アニメ化されてるということもあり、
そのホームページを見れば、
作品に登場する生物達を絵で見ることができるので、
それで、大分助けられてたりしましたけどね

また、作品は、
『渡辺 早季』という主人公1人の視点で、
幼少期から大人になるまでの物語がずっと描かれるのですが、
この主人公(というか登場する人間全般ですが)が、
1000年後の未来人という事もあってか、
感情移入できない、何かしら共感できない、人物なのですね
しかしそれは、きっと著者の狙い通り、
読者に与える感覚なのでしょうね
それが、解る、そう思える作品になっているのがホントに秀逸

感情移入できないのに、
先が気になる、主人公達のその後の展開が気になるというね、
これまで読んできた作品には無かった、
不思議な感覚がありましたねぇ
それは、物語の最後まで続く感覚で、
終盤、大量虐殺という、トンデモナイ事件から、
まぁ、言わば戦争が始まるのですね
その戦争に立ち向かう主人公達と、その首謀者・・・
これが、どちらが正しいという事は無いのですね
むしろ、
呪力という神とも言える力を持った人間達(主人公)の方が、
狂気か狩られ、反省すべき事があるのでは、
なんていう感覚になってしまうのですが、
ホント、最後の最後、
戦争の首謀者の正体が解る時、
これまで感じてきた不思議な感覚に納得してしまうのですねぇ

ホント1400ページものボリュームを読んできた、
最後に、凄まじい真実には、ホントに驚愕です
人間味を感じる理由が最後の最後に・・・


いやはや、
ものすごい超大作ですが、
ホント序盤さへ乗り越えてしまえは、
最後まで一気読みの作品間違いなしです
ソチオリンピックと供に、
この作品も次が気になって気になって、
ひたすらに寝不足な1週間でしたね
(まだ、ソチオリンピックは終わってないので、
 寝不足な毎日は続きますが・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


66.悪の教典 下
65.悪の教典 上
51.黒い家

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 貴志 祐介 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悪の教典 下/貴志 祐介

今日、会社にて、
社内報に私の次男君の紹介記事をのせるということで、
顔写真と記事の提出をお願いされていた期限だったのですが・・・

ずーっと、どの写真にしようか、どんな紹介記事を書こうか・・・・・・
とズルズルと悩み続けてると、期限がきてしまい

写真はなんとか昨日晩に選びましたが、
記事の方は、
まじめな記事にしようか、ゆるーい記事にしようか・・・・と
紹介記事がなかなか
結局、今日こっそりと仕事中に書くという
(それも、2時間近くかけてしまいましたが・・・・

内容は、結心という名前に込めた思いを、
まじめ路線にまとめたものにしました


さて、本日のご紹介
悪の教典 下悪の教典 下
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る
66.悪の教典 下/貴志 祐介


なんと
読破後に気づいたことですが、
この悪の教典・・・文庫されてるんですね
特売コーナーで買ったので、値段的にいえばかなりお得なのですが、
やっぱり、持ち歩けるサイズの方がよかったなぁ
と、今ぼやいても仕方ない。

さてここで、いつも作品紹介を適当にパクって入れてるのですが、
僕としては、『悪の教典 上』を読破後の、
『下』の展開は、予想だにしてない展開

それは、調べてみると、
ネタバレどうこうでなく、普通に作品紹介として乗るレベルの展開だったようで、
あえて気を使う必要は無いと思われますが、
個人的には、予想だにしてない展開なので、
あえて、以下ネタバレと言わせて貰います
私と同じ、『ええー、そんな事しちゃうの』という感覚を味わいたい人は、
以下は読破後にどうぞ・・・・





-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (ウィキペディアより)

暴力生徒やモンスターペアレント、集団カンニングに、
淫行教師などの問題を抱える東京都町田市の私立高校につとめる蓮実聖司は、
有能で人気者だが裏では自分に都合の悪い人間を次々と殺害していくサイコパスであり、
一部の生徒から疑われ始めていた。

文化祭の前日、
蓮実は邪魔になった女生徒を自殺にみせかけて始末しようとするが、
手順が狂い殺人の嫌疑がかかりそうになる。

それを覆い隠すため出し物の準備のため校舎に
泊り込んでいたクラスの生徒全員を同僚の教師の仕業に見せかけて
散弾銃で皆殺しにしようとする。

こうして一夜の血塗れの大惨劇が始まった。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
いやー、まさかのバトルロワイヤルでしたねぇ
(全然、意味違うけど)
悪の教典 上』の感想時に書いた、
展開の予想なんて、見事に外れましたねぇ

てか、そりゃーないでしょハスミン
いやいや、貴志祐介さん

サイコパスっつても、
殺人が行き当たりばったり過ぎる気がするし、
そこからほころびが出て、皆殺しって
助けられてきた、第6感はどうしたの?って感じ

まぁ、皆殺しの展開も面白いとしたとして、
なーんか、物足りない・・・
生徒達の動きは見えてきますが、
蓮実の動きが見えてこないんですよねぇ
どんだけ、上行ったり下行ったりしてんだ?
てか、そもそも、そんな短時間で可能な所業なのか・・・?みたいな。
(って、フィクション(エンターテイメント)でそこ考えちゃダメか)
また、主要生徒意外の背景がちょっと薄く感じてしまって、
ただ殺される役みたいになってる生徒が多いのもちょっと残念かな

やっぱり、頭脳戦と心理戦と第6感とで、
蓮実VS生徒となる展開がみたかったかなぁ・・・
なんて、自分の予想と違ったので愚痴ってみましたが・・・・

それでも、私の予想外の展開に引き込まれたのも事実
ホントに皆殺しにされてしまうの?
と、それこそ『結末』が気になって気になって
私としては珍しい、2日で一気読みしてしまいました
(おかけで、今日はホント眠かった・・・・
 紹介記事を考えなきゃってのも眠気に相乗効果を・・・

その『結末』を知りたい人は、是非読んでみてください。
結構なボリューミーな作品ですが、
案外読みやすく、一気読みしてしまう作品だと思います
どっぷり、サイコパスしてみてはいかがか・・・







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 貴志 祐介 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

悪の教典 上/貴志 祐介

昆虫がマイブームの長男君
嫁の実家には、昆虫図鑑が・・・・
それだけならまだしも、
カブトムシとクワガタの変身プラモデルまで

ガッツリ嵌って、じいじ・ばあばにおねだりしてるようですねぇ


さて、今日の1冊は
悪の教典 上悪の教典 上
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る
65.悪の教典 上/貴志 祐介


特売コーナーに埋もれていたので、飛びつきました
私の中では、貴志祐介といえば、『黒い家』って、イメージで、
ホラーってゆう、感じが強かったので、
また、がっつりホラーを読みたいなということと、
まだ、Another』の衝撃が抜けきらず、
この作品も学園もののサイコ・ホラーってことで、
かなり期待して読み出した次第


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は
高いIQと好青年の貌を持っていた。

ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
まずは、上巻。読破しました

上巻だけででも、400ページもある大作ですが、
わりとすんなり読めましたね

すんなりっていうのは、読みやすかったというだけで、
ぶっちゃけ、中盤から終盤は、繰り返しじゃないのか?と・・・

解説にある、殺人鬼が、
要は、自分の学校生活の上で、邪魔な存在となった人物を排除する。
それが、終盤まで続き、なーんか繰り返してるかなぁ。感が・・・

上・下となってるので、
上では、殺人鬼の異常さ、狡猾さを、
まぁ、サイコパスっぷりを書きたかったのかなぁってな感じ

まだ、上しか読んでいないので、
下から、その殺人鬼を出し抜くみたいな頭脳戦的な展開がまってるのでしょうか?
てか、話の流れに感覚というか、勘というか、
そんな、第6感的な所がよくでているので、
偶然にも、殺人鬼を突き止める事ができ、逆に殺人鬼を罠に嵌めるなんて、
展開があるのでしょうかねぇ?

読書感想ではなく、予想になってますね
まぁ、今後の展開・結末が非常に気になるところ
近々、下の感想にて・・・・






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 貴志 祐介 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT