くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】セカンド・ラブ/乾 くるみ

セカンド・ラブ (文春文庫)セカンド・ラブ (文春文庫)
(2012/05/10)
乾 くるみ

商品詳細を見る

135.セカンド・ラブ/乾 くるみ


『イニシエーション・ラブ』の衝撃、ふたたび。

なんていう、売り文句が前面に押し出されて、
無駄に作品のハードルをかなりあげさせられてますねぇ・・・

しかしまぁ、
同作者の『イニシエーション・ラブ』を読んだ事がある人なら、
この『セカンド・ラブ』という、挑戦的なタイトルからも、
どーしても、内容というより、結末に期待しちゃいますよねぇ

イニシエーション・ラブ』の時の、
ラスト2行で、自分が読んできた
作品の世界が全て崩壊するという、
驚愕・愕然・放心の大どんでん返し

あの衝撃を超える作品となりえるか?
期待して、手に取っちゃいますよねぇ
(まぁ、期待しすぎちゃいけないと解りつつも・・・・・・)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

1983年元旦、僕は春香と出会う。

僕たちは幸せだった。

春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。

良家の令嬢・春香と、
パブで働く経験豊富な美奈子。

うりふたつだが性格や生い立ちが違う二人。

美奈子の正体は春香じゃないのか?

そして、ほんとに僕が好きなのはどっちなんだろう。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


今回も、ラスト2行
会心の一撃がまってましたねぇ
見事な大どんでん返し

そのラストの数ページ前まで、
なーんだ、想定内の展開だったな・・・
やっぱり、期待しすぎちゃいけないな・・・と、
思ってたのですがねぇ・・・ 、ヤラれました

てのも
全作の『イニシエーション・ラブ』を知ってる分、
どーしても『裏がある。』と思いながら、読んでしまいますよね

あらすじにあるとおり、
主人公の前に現れた、
うりふたつだが性格や生い立ちが違う2人の女性と関係をもつ話なのですが・・・
もう、その時点で、
女性は双子なのか、完全に別人なのか、
はたまた、一人二役なのか・・・?
なーんて考えながら読んでましたね

しかし、私の考える事なんかより、
完全に凌駕する最後の展開が待ってるんだろうなぁ・・・
なんて、期待して読み進めてましたが、
最後のネタ晴らし的な展開になった時、
『あら、やっぱりそうなのね・・・』
と、完全に想定の範囲内の展開に、
ちょっとガッカリしてましたが・・・・、

(記事、最初に戻りますが)
ラスト2行
最後に会心の一撃がまってましたねぇ


まぁ、正直に言えば、
やはり『イニシエーション・ラブ』を超える衝撃はありませんでしたが、
同じように、秀逸などんでん返しを十分に味わえる作品です




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの乾 くるみ

54.六つの手掛り 
53.イニシエーション・ラブ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 乾 くるみ | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六つの手がかり/乾くるみ

久々の体調不良・・・
昨日は、会社を早退させて頂きました
暑かったり寒かったりと、
季節の変わり目なので、体調を崩してしまったかな?
気をつけなければ

さて、早退して読破した本を・・・
(・・・って、体調不良は


六つの手掛り六つの手掛り
(2009/04/15)
乾 くるみ

商品詳細を見る
54.六つの手掛り/乾くるみ


前回の、『イニシエーション・ラブ』に続き、
乾くるみさんの作品です
まぁ、やっぱり、あの『イニシエーション・ラブ』を書いた作者の、
別作品も読みたいという思いと、
ミステリ心をくすぐる、タイトルと表紙絵に惹かれまして、
読んだ次第


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)


雪野原に立つ民家で、初めて会った者同士が一夜を過ごし、翌朝、死体発見(『六つの玉』)。
姪に話して聞かせる、十五年前の「大学生・卒業研究チーム」爆死事件の真相(『五つのプレゼント』)。
大学の補講中、マジック好きな外国人教授が死んだ、ESPカード殺人事件(『四枚のカード』)。
中味を間違えた手紙と残された留守電が、エリート会社員殺害の真相を暴く(『三通の手紙』)。
特注の掛軸は、凝ったイタズラが大好きな、地方の名士がが殺された謎を知っている(『二枚舌の掛軸』)。
決定的な証拠がありありとそこに存在した、ベテラン作家邸殺人事件(『一巻の終わり』)。

見た目は「太ったチャップリン」!?林茶父が、今日もどこかで事件解決。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ストーリー紹介にもあるように、
短編集となっており、全6作品が収録されております

ミステリとしては、ちょっと軽めのミステリといった感じでしょうか
探偵役の林茶父(はやしさぶ)というキャラも、
奇術師ということで、ややコミカルな感じ

トリックとしては、
ぶっちゃけ、ふーん・・・。という感じでしょうか
結構、普通にアリバイの有無、現場の状況などから、
犯人を絞り込み、トリックを明かす。
そんな、仰天のトリックというのは無かった感じ

また、動機についても、ちょっと無理ないかいと
そこは、小説だから。なんて言えば、終わりの話ですが、
んな事で殺人かよ
と、突っ込みたくなるような動機がチラホラ
『四枚のカード』については、殺人という動機を引き起こした、
理由はわかるのですが、その要因を知りたいと思ってしまうところ・・・
(ま、でも小説なのでね

また、個人的には最後の、『一巻の終わり』には、
ちょっと、ニヤリとしてしまいました
さすが、乾くるみさん。
最後には、しっかり仕込んでましたねぇ
といったところ

六つの手掛り

新品価格
¥1,470から
(2012/5/16 21:48時点)



イニシエーション・ラブ (文春文庫)

新品価格
¥600から
(2012/5/16 21:49時点)


| 乾 くるみ | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イニシエーション・ラブ/乾 くるみ

昨日は、息子君と一緒に美容院へ
嫁の姉が美容師さんなので、
みかん家では家族揃ってお世話になっております

長くボサボサだった髪もバッサリと行き、
息子君と共に夏仕様へと

スッキリしたこの頃の一冊


イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る
53.イニシエーション・ラブ/乾くるみ


言わずと知れた、名作でしょう
乾くるみさんといえば、この作品。みたいな
まさにネタバレ厳禁の作品

事前知識なしに読んで、純粋に楽しんでもらいたいのですが、
基本的に、どこのお店に行っても、謳い文句がついて売られてるので、
このような言葉が目についてしまうでしょう・・・
『ラスト2行で世界が変わる』と

私の場合も、そのラスト2行が気になり、読んだ口
てか、あらゆるサイトにて、
大どんでん返し本の代表作と言えば・・・
で、必ず上位に入る本。
それだけで、気になって手にとってしまいますよねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。
やがて僕らは恋に落ちて…。

甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―

と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、
本書は全く違った物語に変貌する。

「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ホント、恐ろしい作品
最後の何文字かで、全てをひっくり返される衝撃
一瞬、何が起こったのか理解できず、
固まってしまいました


ん?
・・・んんんんん
あれ、間違えてたかな?
パラパラ(ページも戻る音)
いや、あってる?

んんんんんんんんんんん
・・・そ、そーゆーーこと

えええええええええぇぇぇぇ


ま、これが感想ですね

この本の紹介に嘘はないですね
売り込み文句で大げさな事書いてあるのもありますが、
これは間違いない
こんな衝撃は2度と味わえないのでないか、
という、ホント凄いインパクトでした

が。
・・・1点、ちょっと不満を申し上げさせていただきますと、
最後までにたどり着く過程が・・・・
ぶっちゃけ、タルイ
タラタラと恋愛小説を読んでる感じでして、
私は、映画もドラマも恋愛物は苦手なので、
意外にも、読むのに時間かかりました

っても、そんなボリュームはないですし、
文章は読みやすいので、苦でいけないというほどでもありませんでしたけどね

終わりよければ全て良しということで、
そんなタルサは、ラストの衝撃に吹き飛びましたけど


是非、未読の方は、読んでみてください。
損はありません

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

新品価格
¥600から
(2012/5/14 22:52時点)



| 乾 くるみ | 22:52 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |