くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】幽女の如き怨むもの/三津田 信三

幽女の如き怨むもの (講談社文庫)
285.幽女の如き怨むもの/三津田 信三


今回は、私の大好きな刀城言耶シリーズ
その第8弾

ちなみに過去作品は、
厭魅の如き憑くもの
凶鳥の如き忌むもの
首無の如き祟るもの
山魔の如き嗤うもの
密室の如き籠るもの
水魑の如き沈むもの
生霊の如き重るもの
全て、読了済みー

ゾクリとするホラーからの、
終盤のドンドンドンデン返しの上質ミステリー
その真髄を刀城言耶シリーズで味わえるのは、
やはり、今作のような長編
文庫で、700ページを超える長編ですが、
とっても楽しみに手に取った次第ですね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

十三歳で遊女となるべく売られた少女。
“緋桜”と名付けられ、
身を置いた世界は苦痛悲哀余りある生き地獄だった。

戦前、戦中、戦後、
三つの時代の謎の身投げの真相は“幽女”の仕業か、
何者かの為せる業か。

謎と怪異に満ちる地方の遊郭を舞台に、
ミステリランキングを席巻した“刀城言耶”シリーズ第六長編。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


その真髄を味わえは・・・、
今作では出来なかったかなぁ
てか、シリーズの他作品で
最高級の物がありますので、
『物足りない』という感じですかね

でも、安定の面白さと、ホラーと、ミステリーで
このビックボリュームの長編作品も、
私としては、かなりハイペースで読了してしまいましたね
(それは、このシリーズが個人的にも好きという事もありまがね

して、物足りない感があるというのは、
作中の怪異と謎が薄いのですよねぇ

あらすじを繰り返しますが、
戦前、戦中、戦後、
の遊郭で働く遊女の物語を、
それぞれの時代毎に視点を変えて語られるのですが、
焦点が、遊女という職業という所に当てられており、
その内容について語られるページが多く、
その時代での遊郭の立場や働きが語られ、
それはそれで、物語として面白いのですが、
このシリーズで求める、ホラーやミステリーとは、
ちょっと違う感じがしましたね

もちろん、その中で、
巻き起こる怪異からの、連続する身投げ
明らかな謎があるものの、
結末へと向かう前に、
何なら、刀城言耶登場前に解決してしまっており、
それが、不完全な解決であっても、
そのままで終わってしまいますからねぇ

3つの時代で、3つの身投げと3人の遊女『緋桜』
と、面白いファクターがあるように感じるのですが、
ココにある謎といいますが、
大きな仕掛けは、一つだけであって、
まぁ、そのパンチ力はなかなか大きな衝撃でありますが、
やっぱり、シリーズの期待値からいうと、
物足りない感が否めずではありましたね

しかしまぁ、それでも、
久々の刀城言耶シリーズ
とっても楽しめました
また、次作、楽しみに待ちたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

257.【小説】生霊の如き重るもの/三津田 信三 (2015.12.16)
253.【小説】凶宅/三津田 信三 (2015.10.30)
183.【小説】禍家/三津田 信三 (2014.7.9)
146.【小説】水魑の如き沈むもの/三津田 信三 (2013.9.26)
145.【小説】密室の如き籠るもの/三津田 信三 (2013.9.20)
144.【小説】山魔の如き嗤うもの/三津田 信三(2013.9.13)
124.【小説】首無の如き祟るもの/三津田 信三 (2013.5.15)
123.【小説】凶鳥の如き忌むもの/三津田 信三 (2013.5.10)
89.厭魅の如き憑くもの/三津田 信三 (2012.10.04)
61.忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三 (2012.06.26)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 三津田 信三 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】生霊の如き重るもの/三津田 信三

生霊の如き重るもの (講談社文庫)
257.生霊の如き重るもの/三津田 信三


ミステリーとホラーの融合といえば、
三津田 信三さんの、刀城言耶シリーズ

今作『生霊の如き重るもの』は、
シリーズ第7作目であり、
密室の如き籠るもの』に続く、短編集第2弾ですね

収録作品は以下の通り
『死霊の如き歩くもの』
『天魔の如き跳ぶもの』
『屍蝋の如き滴るもの』
『生霊の如き重るもの』
『顔無の如き攫うもの』

ミステリーもホラーも大好きな私は、
すっかり、このシリーズの虜
楽しみに手に取った次第なのですが・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

奇っ怪な分身、
“生霊”の目撃談が語り継がれる奥多摩の旧家、谷生家。

それが現れるとき、
当人に死の影が指すと恐れられる謎の現象である。

同家を訪れた刀 城言耶は、
そこで不可解な復員兵の死に遭遇するのだが…。

表題作他、
全五編を収録した“学生時代の事件簿”と言うべき
“刀城言耶”シリーズ第二短編集。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


まぁ、前回の短編集の時にも書いてますが、
魅力半減・・・かな

このシリーズの魅力はやっぱり、
ホラーからのミステリー
からの、ホラー
であり、
その土地土地にまつわる伝承から起こる怪現象を、
主人公・刀城言耶が紐解きミステリーとして解決を見せるも、
残る不可思議(ホラー)が堪らなく面白いシリーズなのですが、
その世界へ読者を引っ張り込む為のページ数が、
短編なので、圧倒的に足りないですよね

もちろん、読んでて普通に面白いのですけどね
普通のミステリーになっちゃってるという所が、
シリーズ好きからすると、
やっぱり魅力半減かなと思う所

てのも、『独りでにあるく下駄』だとか、
『空を飛ぶ人間』だとか、『ドッペルゲンガー』とかね
あからさまにトリックありきの、
現象から始まるってのがなんだかねぇ・・・とね

これらの現象が、
長編版なら、その土地柄やら伝承やら家柄やらが語られ、
もっと濃密に描かれてからの怪異になるので、
ゾクゾク感も堪らなく、その真相にも驚かされるのであってね

まぁ、いづれの作品もミステリーとしては、
あらゆるパターンの密室に、人間重複と、
濃い作品だと思うのですがね
そのトリックも中々
やや、力技的な作品もありましたが
それだけに、もっと濃密に書いて欲しかったという思いがね

しかしまぁ、
主人公・刀城言耶の怪異譚好きな性格とか、
父親との確執であったり、
また、いつくもの解決案を重ねて真相に迫るという探偵方法もあり、
阿武隈川のメチャクチャなキャラもつかめたりと、
解決後も残る謎も
とまぁ、シリーズの大筋的な魅力は詰まっており、
刀城言耶シリーズ入門編としては、最適なのかも
時代的にも、刀城言耶の学生時代で描かれてますしね
シリーズの長編版は、
序盤の本丸に入るまでのながーーーい物語で挫折しそうになりますからね・・・
そこをこえれば、
三津田 信三ワールドにどっぷり嵌れる事間違いないのですがね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

253.【小説】凶宅/三津田 信三 (2015.10.30)
183.【小説】禍家/三津田 信三 (2014.7.9)
146.【小説】水魑の如き沈むもの/三津田 信三 (2013.9.26)
145.【小説】密室の如き籠るもの/三津田 信三 (2013.9.20)
144.【小説】山魔の如き嗤うもの/三津田 信三(2013.9.13)
124.【小説】首無の如き祟るもの/三津田 信三 (2013.5.15)
123.【小説】凶鳥の如き忌むもの/三津田 信三 (2013.5.10)
89.厭魅の如き憑くもの/三津田 信三 (2012.10.04)
61.忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三 (2012.06.26)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 三津田 信三 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】凶宅/三津田 信三

凶宅 (光文社文庫)
253.凶宅/三津田 信三


秋の夜長に、ゾクリとホラーでも
てな言葉と共に少し前に、
ダークハウス』『7500』と、
ホラー映画を堪能しておりましたが、
読んでも、ホラー三昧しておりまいた

その1作目といたしまして、
三津田 信三さんの『凶宅』
禍家』に続く、家三部作の2作目ですね

まぁ、三津田 信三さんといえば、
『刀城言耶シリーズ』
ミステリーとホラーの見事なまでに融合されたこのシリーズ、
個人的にはド嵌りの作品でして
まぁ、そんな事を言いながらも、
まだ、刀城言耶シリーズの全てを読んでる訳ではないのですがね
探してるのですが、
なかなか、古本屋でお目にかかれなくてね

まぁ、それ以外の作品も、
三津田 信三さんが描くホラーは、
ホントに好きな作風ですので、
楽しみに手に取った次第ですね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

ここ、絶対におかしい。

小学四年生の日比乃翔太は、
越してきた家を前に不安でならなかった。

山麓を拓いて造成された広い宅地に建つのは、
なぜかその一軒だ け。

両親と姉は気にも留めなかったが、
夜、妹のもとにアレはやって来た。

家族を守るため、
翔太は家にまつわる忌まわしい秘密を探り始める。

そこで出会った のは、
前の住人である少女が綴った恐ろしい日記だった…。

たたみかける恐怖。
仕掛けられた数々の伏線。
三津田マジック、ここにあり。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やっぱり、
三津田 信三ホラー
いいですねぇ

ホラーだけに終わらず、
しっかりとミステリー要素も忘れない作風は、
今作にも当てはまり、
驚きの真相とまでは言わないまでも、
そういった面でも十分に楽しめますね

と言っても、
刀城言耶シリーズとは違い、
筋の通った結末、真相って訳ではなく、
今作は、あくまでホラー
怪異現象ありきであり、
その怪異のルールに多少の謎解きがあったという程度ですがね

なので、そこ(ミステリー要素)に期待してしまってると、
ちょっと残念感があるかもしれませんがね
ま、『凶宅』というタイトルと表紙絵からいって、
ミステリーに期待するってのも無いでしょうけど

まぁ、そんなホラーメインの物語で、
主人公・翔太に、様々な怪現象が襲うのですが、
何気に、そういった超常現象より、
物語の途中で出てくる、
扇婆という、老婆の行動・言動の方が、
よっぽど怖ろしいかったりするというね

また、結末。
全ての怪異の原因とその真相が解った後の一文。
『羊のハネタ』が来たよ。
という、言葉のインパクトもなかなか
ゾクリとさせます

いやー、
(最初に戻りますが)
こういった、ゾワゾワホラー
いいですねぇ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

183.【小説】禍家/三津田 信三 (2014.7.9)
146.【小説】水魑の如き沈むもの/三津田 信三 (2013.9.26)
145.【小説】密室の如き籠るもの/三津田 信三 (2013.9.20)
144.【小説】山魔の如き嗤うもの/三津田 信三(2013.9.13)
124.【小説】首無の如き祟るもの/三津田 信三 (2013.5.15)
123.【小説】凶鳥の如き忌むもの/三津田 信三 (2013.5.10)
89.厭魅の如き憑くもの/三津田 信三 (2012.10.04)
61.忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三 (2012.06.26)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 三津田 信三 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】禍家/三津田 信三

禍家 (光文社文庫)禍家 (光文社文庫)
(2007/07)
三津田 信三

商品詳細を見る
183.禍家/三津田 信三


三津田信三さんといえば、
刀城言耶シリーズでしょう

怪異(ホラー)とミステリーが、
絶妙にブレンドされた作風は、
ホラーとミステリーどちらも大好物の私には、
極上の味がして、
もう、大好きな作家さんです

そんな作家さんの作品で、
今回はホラー色の強そうな作品を
表紙の絵から、もう禍々しさが溢れ出てますが
はてさて、どんな作品ですかね?


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

「ぼうず、おかえり…」

12歳の少年・棟像貢太郎は、
近所の老人が呟く言葉に不吉な予感を覚えていた。

両親を事故で亡くし、
祖母と越してきた東京郊外の 家。

初めての場所のはずなのに、
知っている気がしてならないのだ。

そして、怪異が次々と彼を襲い始める。

友達になった少女・礼奈とともに探り出した、
家に 隠された戦慄の秘密とは?期待の俊英の書下ろし長編。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やはり、三津田信三さんの作品でした。
と、思える作品でしたね

序盤から、中盤は、
完全にホラー

主人公の少年に、
引っ越して初日から(序盤)無遠慮に怪異が襲いかかります
いきなり、そんなに攻め立てる?
ってくらい、脅し倒します

しかしまぁ、
ホラー小説を読むときに、
まま思うことですが、
はっきりと襲いすぎる超常現象の描写は、
逆に嵌りこめないのですね。。。私
たぶん、映像にすると不気味さが際立ち、
最高に恐怖を味わえるのでしょうけど、
小説で、活字として読み与える恐怖ってのは、
やはりジワジワとゾクリとね、
来ないと、何だか白けちゃうのですよねぇ
それを、映像化すると、
今度は眠くなる作品になるのですがね

正直、今作のホラーは後者の方でしたね
少年にバンバン、襲い掛かるものですから、
冷めた感じで読んじゃってましたね

が、あらゆる真相が解る終盤
怪異は怪異ですが、
そこには、大きなミステリーが潜んでおり、
主人公に襲う超常現象には意味があるという結末には、
冒頭に戻りますが、
やはり、三津田信三さんの作品でしたねぇ

まぁ、刀城言耶シリーズほどの衝撃は無く、
また、シリーズを知る私としては、
物足りない感がある作品でしたかね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

146.水魑の如き沈むもの
145.密室の如き籠るもの 
144.山魔の如き嗤うもの 
124.首無の如き祟るもの
123.凶鳥の如き忌むもの 
89.厭魅の如き憑くもの 
61.忌館 ホラー作家の棲む家 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 三津田 信三 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】水魑の如き沈むもの/三津田 信三

水魑の如き沈むもの (講談社文庫)水魑の如き沈むもの (講談社文庫)
(2013/05/15)
三津田 信三

商品詳細を見る
146.水魑の如き沈むもの/三津田 信三


三津田信三さんの人気シリーズ、
厭魅の如き憑くもの』『凶鳥の如き忌むもの
首無の如き祟るもの』 『山魔の如き嗤うもの』『密室の如き籠るもの
に続く、刀城言耶シリーズ第6弾です

みかん日記の読書感想としては、
3作続けての、刀城言耶シリーズ作品になりましたね

刀城言耶シリーズとは、
土俗的ホラーと本格ミステリとが、
見事に融合された作品でして、
ホラーとして、ゾクリとする怪奇譚が味わえますし、
ミステリとしても、見事な伏線に繰り返されるどんでん返しにと、
1冊で2度美味しいみたいな、
今、私がどっぷり嵌ってるシリーズです

また、今現在でシリーズ作品は、全8冊ありますが、
私が読んだ作品6冊に関して言えば、
それぞれ話は独立してるので、
どの作品から手に取っても問題無いと思います。
たぶん、私が読んでない2作品も大丈夫でしょう
ただ、今作『水魑の如き沈むもの』で言えば、
厭魅の如き憑くもの』の話が多少なり絡んでくるので、
知ってると、ちょっと話が繋がる感じで、更に楽しめるかもしれませんね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

奈良の山奥、
波美地方の“水魑様”を祀る四つの村で、
数年ぶりに風変わりな雨乞いの儀式が行われる。

儀式の日、
この地を訪れていた刀城言耶の眼前で起こる不可能犯罪。

今、神男連続殺人の幕が切って落とされた。

ホラーとミステリの見事な融合。

シリーズ集大成と言える第10回本格ミステリ大賞に輝く第五長編。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


相変わらずの面白さですねぇ
これまで読んできたシリーズ作品の中では、
700ページ超えと、最長の作品でしたが、
その長さも全く感じさせない、最初から最後まで一気読みでしたね

てのも、このシリーズ、
前置きが長いのですね
土俗的ホラーを表現するためか、
常に、殺人事件がおきるまでに、
100~200程度のページを割くのですが、
ま、それがこの作品の怪奇性を際立たせる一部なのですが、
登場人物の多さと、名前・地名の読みにくさからか、
どーしても、序盤は読み疲れしてしまいがちなのですね・・・

もちろん、今作も、その『味』は十分に発揮されており、
一つ目の事件が起きるまでに、
かなりの時間を要するのですが、
それが、今回は全く苦ではなかったですねぇ

ま、シリーズのファンなので、
それあり気で読むので苦にならないってのは十分にあると思いますが、
単純に、読みやすくなった感じがしましたね
それは、序盤のみならず最後まで

まぁ、事件発生する中盤以降は、
シリーズお馴染みの、幾重にも幾重にも重なる、
ミステリとどんでん返しのラッシュに、
手が離せなくなること間違いなしですがね

また、今回は、シリーズのメインキャラの一人、
祖父江偲(そふえしの)というヒロイン的女性編集者が、
刀城言耶と共に事件に巻き込まれてしまうという、
これまでにない展開もあり、
ホラーに、ミステリーに、更にはドラマとしても、
かなり楽しめましたね
この新しい展開が、作品をかなり読み易くしてる気もしますね


シリーズ6作品目にして、
新たな進化を遂げた、刀城言耶シリーズ
ますます、続きが気になる所ですが、
現時点で、文庫化されてるのはこの作品まで・・・
また、暫く文庫化待ちですね・・・
(イヤ、待てるかな・・・?)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

145.密室の如き籠るもの 
144.山魔の如き嗤うもの 
124.首無の如き祟るもの
123.凶鳥の如き忌むもの 
89.厭魅の如き憑くもの 
61.忌館 ホラー作家の棲む家 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 三津田 信三 | 23:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT