くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】彼女が死んだ夜/西澤 保彦

彼女が死んだ夜 (幻冬舎文庫)
288.彼女が死んだ夜/西澤 保彦


前回の読書感想に引き続きまして、
西澤 保彦さんの『タックシリーズ』

前回、手に取った『仔羊たちの聖夜』は、
既にシリーズ3作品目だったという、
シリーズ物は1から読みたい派の私としては、
致命的なミスをしでかしたのですが、
その反省を踏まえて、
改めて、シリーズ1作目となる今作、
『彼女が死んだ夜』を手に取った次第です



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

門限はなんと六時!
超厳格教育で育てられた
箱入り娘のハコちゃんこと浜口美緒。

両親を説得し、やっとのことでアメリカ旅行の許可を得た。

両親の目を盗んで大学の仲間が壮行会を開いてくれた出発前夜、
家に帰ると部屋に見知らぬ女性の死体が!

男性陣が駆けつけると、
こんなトラブルに巻き込まれて旅行が中止になってしまっては、
と興奮したハコちゃんは、
喉にナイフを当てこういった。

「この死体を捨ててきてくれなければ、わたしは死ぬゥ!」。

とんだ難題の処理が大事件に発展し…。

タック、タカチ、ボアン、ウサコ、キャンパス四人組が挑む第一の事件。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


前回読みました、
仔羊たちの聖夜』についても、
あらすじ段階で、
無茶苦茶な設定のミステリーだなぁ
面白そう
で、手に取ったのですが、
今作も、滅茶苦茶な設定ですよね
それが、本格ミステリーに仕上がってるってんで、
そりゃ、人気シリーズになるってもんですねぇ

で、今回の物語は、
超・箱入り娘の超・我侭ドタバタトンデモ殺人劇
てな感じでー

とりあえず、最初から、
見知らぬ女性で自宅で倒れてるから、
よそへ捨てて来てー
なんていう、訳のわからない話から始まるのが、
もう、話が飛んでますよねぇ

まぁ、それが惚れた女の頼みなら
とばかりに、手伝ってしまう事となるのですが、
そこからの展開も滅茶苦茶で
遺棄した女性の身元はわからず、
現場にあった遺品(髪の毛)とも一致せず、
余計なことをしてしまったばかりに、
事件は完全に行き詰まりつつ・・・

ハチャメチャな展開な上に、
むしろ、ハチャメチャな展開だからこそ、
真相はいよいよどうなってるんだーとね

ま、今作は、西澤 保彦さん得意のSFミステリーではなく、
もちろん本格ミステリーですから
全ての謎が解ける、ひとつの真相がありますが・・・
これはこれで、無茶苦茶
結果、昼ドラでもないような、
ありえへん展開と、男女のドロドロっぷり、そして、
どんでん返しをしたいが為に、作られた物語な感じ
まぁ、それはそれで、
とっても面白く楽しませてもらったのですけどね


それに、やっぱり主人公達の、
タック、タカチ、ボアン、ウサコのキャラは素敵で、
作品をより面白くしてますよね

このまま、シリーズ一気読みー
とは、いきませんが・・・
読み進めていきたいシリーズですね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

287.【小説】仔羊たちの聖夜/西澤 保彦 (2017.2.16)
274.【小説】瞬間移動死体/西澤 保彦 (2016.5.18)
270.【小説】解体諸因/西澤 保彦 (2016.3.31)
228.【小説】腕貫探偵/西澤 保彦 (2015.5.16)
71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 


| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】仔羊たちの聖夜/西澤 保彦

仔羊たちの聖夜(イヴ) (幻冬舎文庫)
287.仔羊たちの聖夜/西澤 保彦


読書感想も久しぶり
映画と同じく、私の第一趣味なので、
もちろん何ヶ月もの間読んでいなかった訳ではなく、
寝る前の読書は、もう私の日常でありますからね

てことで、何冊か既読本がありますので、
思い出しながらですが・・・、
読書感想でもつづっておかねばね

して、久々の読書感想、
今回は西澤 保彦さん
SFミステリー・本格ミステリーどちらも傑作揃いの作家さん
今回は、本格ミステリー、
西澤 保彦の人気シリーズのひとつでもある、『タックシリーズ』

しかしまぁ、今作が『タックシリーズ』である事を、
読了後に知った私
シリーズ物は、必ず第1作目より読みたい派の私としては、
今回は失敗で
既に、シリーズ3作品目だったようで

ま、逆に、
とりあえずシリーズ物と知らずに読んでも、
楽しめる(はず?)という作品という事で
して、その内容は・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

クリスマスイヴの夜、
一人の女がマンション最上階から転落死した。

偶然、現場に遭遇した匠と高瀬。

状況は自殺だが結婚式を控えた彼女に動機はなかった。
ならば殺人か?
事件を調べる二人は五年前にも
同じ場所での高校生の飛び降り自殺を知る。

一年後、三たび事件が。
今度は二人の親しい友人だった…。

本格ミステリの醍醐味を味わえる傑作。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


いやはや、あらすじだけを読むと、
ミステリ好きには心躍る期待膨らむ内容で

同じ場所で3度もの自殺
なぞの動機
なぞの遺品
なぞのつながり

すべてがひとつの真相として、
どんなミステリーが解き明かされるのか、
ワクワクしながら手にとって読み始めた次第でしたが、
答えは、ドロドロでしたねぇ

個人的には、そういう人間ドラマ的な、
(偏見ですが)昼ドラ的なね、
そーゆー真相は求めていなかったなぁー

やっぱり、本格ミステリってなら、
トリックありきの、真犯人ありきの、どんでん返しじゃないとねー
そういった意味では、
完全に期待はずれであった今作

しかしまぁ、シリーズ物としての魅力はとっても感じましたね
シリーズ物が人気となる重要なファクターとして、
やはり主要な登場人物のキャラクターだと思うのですが、
タックシリーズの主要キャラ4名は、
なかなかに濃いキャラであり魅力的でしたねぇー

作品のミステリーの内容は、重たーいヘドロ展開ですが、
主要キャラ達のやりとりは、とってもコミカルで面白かったですね
また、今作は、主要キャラの4人の出会いから描かれており、
それぞれの性格と成長と変化が見て取れる内容となってますね

今作タックシリーズの3作品目ですが、
最初に、ここから読見始めても問題ないと思われると書いてますが、
実際には、やっぱり1・2作目を読んで、
ある程度登場人物たちの背景を知った上で読んだほうが、
やはり、シリーズの流れの中での物語りは楽しめるのは間違いないでしょうね


とまぁ、シリーズ物としては読んでみたいと思いつつも、
今作だけの本格ミステリとして考えてみると、
少しばかし、物足りない勿体無い感のある作品でしたね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

274.【小説】瞬間移動死体/西澤 保彦 (2016.5.18)
270.【小説】解体諸因/西澤 保彦 (2016.3.31)
228.【小説】腕貫探偵/西澤 保彦 (2015.5.16)
71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】瞬間移動死体/西澤 保彦

新装版 瞬間移動死体 (講談社文庫)
274.瞬間移動死体/西澤 保彦


タイトルからして、
作者の特徴丸出しってな感じでしょうか
そう、SFミステリーといえば、西澤 保彦さん

今作もタイトルからして、
『瞬間移動』だなんて
そんな特殊能力ありきでの本格ミステリ

さてさて、どんな展開が待ってるのか、
楽しみに手に取った次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

妻の殺害を企むヒモも同然の婿養子。

妻はロスの別荘、夫は東京の自宅。
夫がある能力を使えば、完璧なアリバイが成立するはずだった。

しかし、計画を実行し ようとしたその時、事態は予想外の展開に。
やがて別荘で見知らぬ男の死体が発見される。

その驚愕の真相とは?

緻密な論理が織り成す本格長編パズラー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


期待通りの、
特殊能力全開ミステリーで
そして、もちろん本格
で、面白いってなもんで

妻の殺人を企てる夫
そして、決行日
妻はロサンゼルス、夫は日本
これで殺人事件ですからねぇ
アリバイ完璧・鉄壁

瞬間移動だなんて、
ミステリーとしては、完全NG要素なんですけど、
これが、ありきの世界で本格ミステリーとして仕上がってますから

なぜ、それで成り立つのかは、
まぁ、作品を読んでもらうとしてー
簡単に説明しておくと、
瞬間移動という特殊能力を持つ殺人を企てる主人公ですが、
それ(瞬間移動)を実行するには、多少の制限と条件があり、
それがネックとなり完璧であった殺人事件が、
思わぬ方向へと転がり、
複雑怪奇な事件と変わり、物語を非常に面白くしてるのですねぇ

まぁやはり、この面白さは、
こういった、SF要素を無理なく盛り込んでるからであって、
西澤 保彦作品の真骨頂ってな感じでありますよねぇ

ま、本格ミステリーとしても楽しめると言ってますが、
事件のトリックと真相としては、
特殊な条件下で起きてる事件でありますので、
ミステリー常連者には、
簡単に見破れてしまうのではないでしょうかね
私ですら、やや読めた感もありましたから

まぁ、それでも十分楽しめた作品で
まだまだ、
数ある西澤 保彦さんミステリーを手に取っていきたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

270.【小説】解体諸因/西澤 保彦 (2016.3.31)
228.【小説】腕貫探偵/西澤 保彦 (2015.5.16)
71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】解体諸因/西澤 保彦

解体諸因 (講談社文庫)
270.解体諸因/西澤 保彦


今作『解体諸因』
西澤 保彦さんの記念すべき、
デビュー作ですね

西澤 保彦さんといえば、
SF要素を絡めた、本格ミステリってのが有名で、
結構、変則作家さんであると思ってるのですが、
デビュー作は、
あらゆるパターンのバラバラ殺人ミステリー
密室に次ぐ、
ミステリー代表トリックに挑んだ作品ってことで

とっても、期待して手に取った次第ですね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

六つの箱に分けられた男。

七つの首が順繰りにすげ替えられた連続殺人。

エレベーターで16秒間に解体されたOL。

34個に切り刻まれた主婦。

トリックのかぎりを尽くした九つのバラバラ殺人事件に
ニューヒーロー・匠千暁が挑む傑作短編集。

新本格推理に大きな衝撃を与えた西沢ミステリー、
待望の文庫化第一弾。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


いやはや、
見事なバラバラっぷりの9つの短編集でしたね

まぁ、普通にバラバラ殺人というと、
手だの足だの首だのと、
切断されて、かなり血みどろグロテスクな状況を想像してしまいますが・・・
今作の短編集は、
そんなホラー要素をあまり感じさせない仕上がりでしたね

といっても、実際、
首のすり替えだの、体がいくつにも細分化されるといった、
血みどろ殺人が描かれてるので、
グロくない、なんてことはないのですが

作風が、コミカルタッチな所がありつつで、
とっても読みやすいですし、
バラバラにされるのは人体だけじゃない物語もあり、
(ぬいぐるみとか、ポスターとかね)
日常の謎系に含まれるようなミステリーもあるので、
ホラー要素が薄まってるって感じですね

それでいて、
全てを新本格ミステリーにまとめあげられており、
ホント、読み応え十分でしたね

そんなバラバラミステリ短編8作を読み終えた、
ラスト9作目『解体順路』
物凄い大ドンデン返しという訳では無いのですが、
これまでの短編8作が全て伏線となり、
正に、バラバラだった物語が、
一つの物語となるという、
粋な展開と結末はお見事

デビュー作から才能十分、
とっても楽しませてもらいました


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

228.【小説】腕貫探偵/西澤 保彦 (2015.5.16)
71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】腕貫探偵/西澤 保彦

腕貫探偵 (実業之日本社文庫)
228.腕貫探偵/西澤 保彦


映画感想、ばかりでは何なので、
読書感想も挟んでいきましょう
これまた、ゴールデンウィーク中に何冊か読破したので、
記憶が薄れてしまう前に、記事にしておかねば・・・

ってことで、今作
『腕貫探偵』
西澤 保彦さんの、腕貫探偵シリーズの第1作目ですね

てか、私としては西澤 保彦さんの作品を読むのも久しぶりですねぇ
西澤 保彦さんといえば、
SFとミステリーが融合した『SF新本格ミステリー』で有名
前回読んで『7回死んだ男』が、正にそれ
また、作風も、
本格ミステリーでありながらも、
コミカルなタッチでもあって、
読みやすく一気読みした覚えがあります

また、他の作品も読みたいと思ってはいたのですが
少し、時間が空いてしまいましたね
ホント、読みたい本は山ほどあるのですが、
読書の時間も少なければ、読むペースもかなり遅いのでね

してして、今作の『腕貫探偵』は、
どんな作品になってますかね
楽しみに手に取った次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

大学に、病院に、警察署に…突如現れる
「市民サーヴィス課臨時出張所」。

そこに座る年齢不詳の奇妙な男に、
悩める市民たちはついつい相談を持ちかけてしま う。

隣人の遺体が移動した?
幸せ絶頂の母がなぜ突然鬱に?
二股がバレた恋人との復縁はあり?

小さな謎も大きな謎も、
冷静かつ鋭い洞察力で腕貫男がさらりと 解明!

ユーモアたっぷりに描く連作ミステリ7編。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


安楽椅子探偵に、公務員
なんだか見事にマッチする役なのかもしれませんねぇ

街に突如として現れる、
市民を相談を何でも聞いてくれるという、
『市民サーヴィス課』
その職員、腕貫男(名前は出てなかったかな?)が、
持ちかけられた相談を聞いただけで、
たちどころに、的確なアドバイスを送り、即解決

なのですが、対応は完全に事務的であり公務員的
融通が利かず、規則にキッチリ、時間キッチリ
話の途中であっても、解決が見えるとそこで相談を終わらしてしまうというね

なので、7編の短編いづれも、
結構、淡白に終わってしまう感がありつつ
まぁ、先に書いたように、
探偵役の腕貫男が公務員すぎて・・・
じゃなかった、優秀すぎて、
どんな突拍子も無い相談も、スパッとさばいてしまいますからね

しかしまぁ、
それが、今作の爽快で面白いところでしょうね
ミステリの系統的には、日常の謎ミステリなのですが、
(あぁ、でも殺人事件は発生しますが・・・)
その内容は、ホント多種多様
ブリーフ一丁で死んでいた男が突如、消失したとか、
運命の出会いのはて、再婚を決めた母は幸せ絶頂のはずなのに、
鬱状態になってしまったのは何故か?
終いには警察官までもが相談に来るという展開も

個人的には、一番面白かった話は
『スクランブル・カンパニー』
無理やり、人数あわせの為に参加させられたコンパに、
やってきた女性達は会社では有名な美女二人
しかしまぁ、このコンパは仕組まれていたようで、
裏では、その他同僚の女性社員達、秘密工作が進んでたのですが・・・
この結末が、なかなか良い感じ
是非、その後も描いて欲しいと思ってたり

とまぁ、サクサクっと読めて、
楽しめる本である事は間違いなのですが、
これは、作者の特徴でもあるのですが、
何にしても、登場人物達の名前がややこしすぎ
普通には読めない名ばかりなので、
そこだけは、何とかしてもらえないものでしょうかね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT