くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】二の悲劇/法月 綸太郎

二の悲劇 (ノン・ポシェット)
258.二の悲劇/法月 綸太郎


少し前に、
法月 綸太郎さんの『一の悲劇』を読んだばかりでありますが、
それが、とっても面白かったので、
続けて、今作『二の悲劇』も手にとってみました

同じ、探偵・法月 綸太郎シリーズの一つなっていますが、
一の悲劇』と物語が繋がってるという訳ではないので、
この作品から手にとっても何の問題も無い感じです

しかしまぁ、
シリーズ物は基本的に1から順番に
キッチリ読んでいきたいタイプの私ですが、
法月 綸太郎シリーズについては、
見事に、バラバラに読み進めておりますね
ま、それがどうした?
て、話でありますが
はい。では、今作の感想でも


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

都内のマンションでOL殺される。
死者の胃から現われたメッセージ。
小さな鍵が秘めた謎とは!?

探偵法月綸太郎が出馬した矢先、
容疑者は京都で死体となって発見、
そして鍵の正体が明らかになるにつれ、
名探偵を翻弄する迷宮の扉が開いた…。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


明らかに、何かある。
というのが、丸解りの形で物語が進みますので、
結末には、何か大きな『ドンデン返し』がある
期待しすぎて、読み進めた結果・・・
ちょっと、肩透かしでしたかね

ま、いつもの如く、
最後の結末に待つ、作品のトリックには全く気付きもせず、
ドキドキしながら最後まで読み進めたのは確かなのですが、
ある登場人物が、故人と解った時点で、
オチがやや読めてしまったのは残念
まぁ、そこまでずっと気付かないのですから、
十分に楽しめたと言えるのですがね

たぶん、私でなくても、ほぼみんなが察知するタイミングで、
自分も推理と呼べない読み(勘)をしただけですからね
それが、当たってしまって、
ガッカリってのも、なんとも我儘な読者な一人であったりです

して、今作は、
法月 綸太郎シリーズであると同時に、
悲劇シリーズ(と、呼ばれてる?)の2作目でして、
ただのミステリー作品ではなく、
人の恋愛感情から産まれる悲劇にスポットが当たった物語となっており、
今作も、街で偶然であった昔の同級生に恋をした、
女性が、ルームメイトでもある大親友に、
とある理由から、その恋を話せずに巻き起こる『悲劇』の物語なのですが・・・

いやー、これが全く共感できず
それは、私が女心がわかっていないだけなのかもしれませんが
何故、そこで話さない
何故、それがそんなに許せないことなんだ
大親友じゃなないんかい
なーんて、
完成してる物語に無駄なツッコミを入れつつ読み進めてたものでして

まぁ、その恋が話せない『悲劇』が、
偶然的にも必然的にも意図的にも、いくつも重なって、
最悪の殺人という『悲劇』へと落ちていくのですがね

また、探偵である法月 綸太郎にも、
こうスカッとするような名探偵ぶりもなく、
話の流れ上、結局、解決しました的な感じが否めずで


結果なんだか、全体的にモヤモヤっとした、
感じで読んでた作品でしたかね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの法月 綸太郎

248.【小説】一の悲劇/法月 綸太郎 (2015.9.17)
177.【小説】ノックス・マシン/法月 綸太郎 (2014.5.22)
121.【小説】密閉教室/法月 綸太郎 (2013.4.17)
77.生首に聞いてみろ/法月 綸太郎 (2012.08.24)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 法月 綸太郎 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】一の悲劇/法月 綸太郎

一の悲劇 (ノン・ポシェット)
248.一の悲劇/法月 綸太郎


なんだか、
久しぶりの、本格推理物

ここ数ヶ月は、
『もぐら』か『図書館戦争』祭りでしたからねぇ
やはり、
秋の夜長は、どっぷりミステリーに浸らないとねぇ

てことで、
作家・法月 綸太郎さんの、
探偵・法月 綸太郎シリーズの第4作目
『一の悲劇』

まぁ、ぶっちゃけ、
本棚の積読本の山にあった一冊で、
手に取った理由なんて忘れてしまった一冊であったりしますが
また、作家・法月 綸太郎さんと言えば、
ミステリー好きなら誰もが知る、大物ミステリ作家さんでありますが、
私が、これまで読んできた3冊は、
必ずしも傑作だったと思える作品では無かったのでしてー・・・

やや、法月 綸太郎さんの作品は、
私にはあまり合わないのかな・・・と、思いつつ手に取りましたが・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

「あなたが私の息子を殺したのよ!」

山倉史郎は狂乱する冨沢路子の前に絶句した。
それは悲劇的な誤認誘拐だった。
犯人は山倉の子と誤って、
同級生の路子の 子を拉致したらしい。

しかも身代金授受に山倉は失敗、
少年は骸となって発見されたのだった。

鬼畜の仕業は誰が、なぜ?

やがて浮かんだ男には鉄壁のアリバイ があった。
名探偵法月綸太郎と共にいたというのだ…。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


面白い
小説のジャンルは本格ミステリーが、
やっぱり良いですねぇ

2転3転する展開に、
張り巡らされた伏線、
意外な真犯人と
今作『一の悲劇』は、それらがしっかり詰まっており、
最後まで、ホント楽しく読めましたね

物語は、
誘拐殺人事件
しかも、誤認誘拐という始まり
本来、狙われていたはずの子を持つ親、
山倉の視点で、最後まで物語が進みます

事件を山倉、自らの手で解決しようと、
身代金の肩代わり、受け渡しを行おうとしますが、
まぁ、物語が面白くなる為に、
当たり前のように、体よく失敗
誘拐された子供は殺害されてしまうという悲劇に

それでも、へこたれない山倉は、
自ら殺人犯を捕まえようと奔走
山倉の中での第一容疑者を問い詰め、追い込みますが、
ここでも、物語がさらに面白くなる為に、体よく失敗
追い詰めた容疑者の死体を発見する事に

いやはや、
この混沌とする展開こそ、
本格ミステリー、やっぱり面白い

そこに定石どおり、
登場する『探偵・法月 綸太郎』が、
見事、ばっさり解決ー。てね

って、中盤の感想もばっさり切りましたが、
法月 綸太郎登場後も、
今作の視点は山倉なので、
暴走気味の山倉の行動で、話もかなり面白くなってます

もちろん、そこまで、
事件の解決に執着する山倉自信にも、
秘密があったりするのですが・・・


とまぁ、
誤認誘拐事件の真相、山倉の秘密、そして真犯人と、
先にも書きましたが、
ザ・ミステリーってな感じで、
とっても楽しめましたね

いやはや、
やっぱり、小説はミステリーですな



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの法月 綸太郎

177.【小説】ノックス・マシン/法月 綸太郎 (2014.5.22)
121.【小説】密閉教室/法月 綸太郎 (2013.4.17)
77.生首に聞いてみろ/法月 綸太郎 (2012.08.24)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 法月 綸太郎 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】ノックス・マシン/法月 綸太郎

ノックス・マシンノックス・マシン
(2013/03/27)
法月 綸太郎

商品詳細を見る
177.ノックス・マシン/法月 綸太郎


このミステリーがすごい! 第1位
ミステリが読みたい 第1位
週刊文春ミステリーベスト10 第3位
本格ミステリ・ベスト10 第4位

とまぁ、数々の賞を受賞ないし、上位に入った、
法月 綸太郎さんの『ノックス・マシン』

ミステリ好きには、
見逃せない1冊ですねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。
彼の論文の内容について確認したいというのだ。

その論文のテーマとは、
イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した
探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。

科学技術局に出頭したユアンは、
想像を絶する任務を投げかけられる…。

発表直後からSF&ミステリ界で絶賛された表題作「ノックス・マシン」、
空前絶後の脱獄小説「バベルの牢獄」を含む、
珠玉の中篇集。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


少しばかり、私のミステリ小説レベルが低かった・・

ので、十分に楽しみましたが、
この作品での法月 綸太郎さんの遊び心が、
真髄から楽しめたかというと、
半分も解っちゃいないでしょうね

作品の内容は、4篇の中篇作が収録された作品なのですが、
SF的ミステリー作品になってるのですね
して、その作品のほとんどに、
海外の古典ミステリー作品が大きく絡んでくるのですね
まぁ、絡んでくる作品は、
いづれも有名所なのでしょうけど、
その作品たちを知ってるのと知らないのでは、
この『ノックス・マシン』の楽しみがガラリと変わってしまうのではないでしょうかね

ぶっちゃけ、私は、
表題作に関わる、『ノックスの十戒』すら初耳レベルの知識で、
評価が高いというだけで手にとったものですから、
まぁ、『う~ん・・』と思ってしまう所も多々ありで
また、タイムマシンなんてのが絡んで、
SF的要素としても、結構、
つっこんだ(専門的な?)話がツラツラと続くので、
読んでてしんどいところもありましたねぇ

しかしまぁ、それでも、
各話の奇抜なオチは楽しめましたけどね

万人受けする作品とは思えない作品で、
私のように、このミス1位だから。って手に取ると、
なんじゃこりゃ。。。みたいな事になりそうな作品ですが、
海外の古典ミステリーが大好きっていう人には、
一見の価値ありではないでしょうかね





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの法月 綸太郎

121.密閉教室
77.生首に聞いてみろ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 法月 綸太郎 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】密閉教室/法月 綸太郎

新装版 密閉教室 (講談社文庫)新装版 密閉教室 (講談社文庫)
(2008/04/15)
法月 綸太郎

商品詳細を見る
121.密閉教室/法月 綸太郎


今や、本格派ミステリー作家の代表的な作家さんの一人である、
法月 綸太郎さん
そのデビュー作がこの『密室教室』

私としては、
法月 綸太郎さんの作品は以前に、
生首に聞いてみろ』を読んだ事があるのですが、
これが探偵・法月 綸太郎シリーズだったようで、
また、シリーズ1作目『雪密室』から読もうと思っていたのですが、
作家・法月 綸太郎さんの1作目から、
手に取る結果となりましたね

それは、ともかく・・・
有名作家さんのデビュー作
楽しみに読み始めましたねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

教室にあるはずの48の机と椅子がすべて消え、
代わりにコピーされた遺書と
級友の冷たい骸だけが残されていた。

しかも密室で。

自殺か他殺か。

高3で、
推理マニアの工藤順也はこの謎に果敢に挑むのだが…。

本格ミステリの甘美な果実にして、瑞々しい青春小説。
法月綸太郎のデビュー作にして、不朽の名作。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


本格ミステリであり、学園物というこの作品
どちらのジャンルの作品としてみたとしても、
ちょっこっと、物足りない感があるかな?

まぁ、私としては完全にミステリー作品として、
読み始めてますので、
読書中に、多少の青春ドラマも盛り込んであるなぁ
と感じた次第ですがね

ミステリとしては、
流石の本格派ということで、
密室の教室に血まみれの死体。と、
かなーり魅力的なシチュエーション
忽然と消えた椅子と机の謎、
遺書の謎、
そして、密室の謎・・・

いづれも、ザ・ミステリーといったところ
真相も、理にかなっており、なるほどぉ。
と、思わせますが・・・
驚愕の事実と、まではいきませんでしたねぇ
てか、想定の範囲内という所も・・・

が、真犯人については、
学校という場を使った、
そんな力技的な結末を用意するか?と、
意表をつかれたところがありますね
これも、ありっちゃぁ、ありなのでしょうが(?)


個人的には、『密室教室』というタイトルに、
我孫子武丸さんの『8の殺人』に出てきた、
密室講義のような、密室についての教室が盛り込まれてるかなぁ、
なんて期待してましたが、
まーーったく無かったですね
ほんとの密室の教室で起きた殺人事件。でしたね(余談ですが)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの法月 綸太郎

77.生首に聞いてみろ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 法月 綸太郎 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生首に聞いてみろ/法月 綸太郎

久々のミステリ小説のご紹介
別に活字中毒が治った訳ではなく、
相変わらず中毒症状は夜な夜な発症しているのでご心配なく・・・


では、本日は
生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)
(2007/10)
法月 綸太郎

商品詳細を見る
77.生首に聞いてみろ/法月 綸太郎


久々のミステリ紹介に、
なかなかパンチのあるタイトル
2005年本格ミステリ大賞に選ばれた作品で、
ミステリ好きにはメジャーな作品なのでしょう
ま、私は全く知りませんでしたが・・・

また、この作品は探偵役が法月 綸太郎のシリーズものみたいですね
ま、その事も私は全くしりませんでしたが・・・・・・
タイトルのインパクトのみで手に取った次第でして
まぁ、シリーズものと言っても、
この作品から読んでも全く問題は無い感じです


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

首を切り取られた石膏像が、殺人を予告する―

著名な彫刻家・川島伊作が病死した。

彼が倒れる直前に完成させた、
娘の江知佳をモデルにした石膏像の首が切り取られ、
持ち去られてしまう。

悪質ないたずらなのか、
それとも江知佳への殺人予告か。

三転四転する謎に迫る名探偵・法月綸太郎の推理の行方は―!?

幾重にも絡んだ悲劇の幕が、いま、開く。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
タイトルと表紙の絵より受ける、
しどろおどろしいホラーめいた印象とは違い、
(ハードカバーのイラストは更におぞましいイラストですが・・・)
内容は、結構普通の本格ミステリ

描写自体もグロテスクな表現もあまり無かったし、
心霊現象的なぞくっとする事もなかったし・・・
普通の本格ミステリ
そう、普通の・・・

だからなのか、
お盆の最中に読んでたせいか、
作品自体にのめり込む事ができませんでしたねぇ
読むのにもダラダラと時間がかかってしまったうえに、
読後、1週間も経ってませんが、
あまり印象がないのですよねぇ・・・・・
(それで感想書くのもなんですが・・・)

ミステリのトリックにしても、
そんなインパクトが無く感じてしまい、
最初から最後まで『ふーん・・・』で、終わってしまった感じがします・・・

まぁ、これも読むタイミングが悪く、
集中できなかったせいでしょう
またいつか、改めて再読したとき、
新しい感想が得られるかなという感じですかね
調度シリーズ物らしいので、
第1作より順番に読んでいくのもいいかも
(冒頭で、この作品から読んでも問題無いなんて書きましたが・・・








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 法月 綸太郎 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |