FC2ブログ

くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【邦画】屍人荘の殺人

S__102678533.jpg 
193.屍人荘の殺人


少し前に、原作である同名小説『屍人荘の殺人』を読んだ上で、
映画版であります

もともと読みたいと思っていた作品であり、
映画化されるとなった時も、是非見て見たいと思ってはいましたが、
やっぱり、原作を読んでから映画版は見るつもりでした

てのも、どーしても原作は良くても映像化されると、評価が落ちて、
中途半端な内容になりがちってのが多いですからねぇ
特に今回はミステリですから、
肝のトリックだけ知ってしまった後で原作を読むって気には中々なりませんしね

てことで、原作をしっかり楽しんだ上での、
映画版『屍人荘の殺人』
ある意味、今回は原作読んでから見たという順番はホントに良かったのかなと

純粋な本格ミステリでは無いのでね。。
はたして、その辺りの表現はどうなっているのか??
そもそも、探偵二人にワトソン一人的な雰囲気のPVでしたが・・・
原作通りだと・・・
はてさて、楽しみに手に取った次第です~


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 
作品紹介 

デビュー作ながら「第18回本格ミステリ大賞」など
3つの国内主要ミステリーランキングで1位を獲得した
今村昌弘による同名ミステリー小説を
神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。

ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲は、
先輩でミステリー愛好会会長の明智恭介に振り回され、
ホームズとワトソン気取りで学内の瑣末な事件に首を突っ込んでいた。

同じ大学に通い、私立探偵の顔も持つ剣崎比留子は、
2人に音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかける。

実は比留子のもとには
「今年の夏合宿で何かが起こる」
との犯行予告が届いていたのだ。

夏合宿がおこなわれる山奥のペンション紫湛荘へと向かい、
3人は研究会のメンバーと合流する。

そしてその夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見され……。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 

みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


何だか、ウマい事、纏めて、ウマい事、演出してきたなとね
普通に面白い作品ではないでしょうか

今、思うと。ってやつなのですが、
この作品のPVって、
完全に、今作の『パニック』部分は隠されていたのですね
ちょっとラフなミステリーって感じで紹介されており、
ある意味、衝撃を受けた人って多いんじゃないのですかね
これは、評価が二分されそうな話

そして、明智恭介役の『中村倫也さん』目当ての人についても、
がっかりしちゃうかもですねぇ~
どう見ても、明智という名前からも、
どう考えても『ホームズ』立場の主役ですからねぇ~
これは、評価が二分されそうな話

そして、
パニックホラー要素に、
クローズドサークルの密室ミステリー、
からのお笑い要素に、恋愛要素で、
本格ミステリ要素がぶっ飛ばしーので、
消化不良の結末
うーーーん。評価が二分されそうな話

なーんて、マイナス要素ばかり並べたててるような気がしますが、
それは、やはり断然原作が良かったという結論になりますかねぇ

ただ、色々な要素を上手に纏めてるなとは思いますね
実は長男君、次男君と一緒に見ていたのですが、
二人とも、なんだかんだで最後まで見ていましたからね
子供は素直ですから(特に次男君は)、間延びしたり面白くないと、
普通に寝ちゃっていますからね
そういった意味では飽きさせない展開ってのは、
終始、あったのではと思います

色んな要素、モリモリですからね

ただ、最後にもう一言、言わしてもらうとすれば、
最後のシーンは不要でしょう
見た人、8割はそう思うのではと思いますが、
『彼』が出るタイミングはやっぱり『そこじゃない』とね

既に原作はシリーズ2作目は出ていますが、
映画版はどうなるのでしょうね
続いていくのでしょうかねぇ

ま、原作は読む事確定していますが、
映画版は、まぁ、出れば見ちゃうのでしょうね~
ちゃんちゃん





最後まで読んでくださりありがとうございます。 
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg  

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【洋画】SING/シング

sing.jpg 
192.SING/シング


長男君の長い休みの中学校からの英語の課題の中に、
英語で映画を見る、英語の音楽を聴く
なんて、課題があり、
どうしようかと考えていたのですが、
その課題にはぴったりの作品を発見

2017年に日本公開され話題となった、
作品『シング』
実は、長男君は劇場公開中に、
じぃじ、ばぁばと一緒に見に行っており、
既にみてる作品ではあるのですね

となると、なおさら今回の課題に合うのではないかと
既にストーリーも知っていれば、
英語(字幕)であっても、
頭に入って来やすいですし、普通に楽しめるのではという事でね

てことで、長男君・次男君も一緒に、
私個人としても、久々の字幕版映画を見ることになった次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 
作品紹介 

誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が60曲以上!
歌のチカラで元気になれるエナジームービー!

動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界--
バスター・ムーンが経営する"ムーン劇場"は
観客が減り倒産の危機を迎えていた。

なんとか劇場を立て直したいバスターは
かつてない歌のオーディションを開催することに!

主要候補は6名。
人生を変えるチャンスを掴むため、
参加者たちはそれぞれの想いを胸に劇場へ集結する…。

レディー・ガガの「バッド・ロマンス」や
ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など
誰もが聴いたことがある名曲やヒットソングが映画を彩る、
愛とユーモアたっぷりのストーリー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 

みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


思わず体が踊ってしまう
まさに、その通りの作品でありますね
面白かったーー
正に、いろんな意味で歌の力ってやつを感じれる一作でありますね

と、いろんな意味での『歌の力』なのですが
てのが、正直言って、
ストーリーとしては少し雑なんではないかとね
メインの登場人物である、
ゴリラ・ブタ・ゾウ・ヤマアラシ・ネズミ
家庭、家族、恋人、夢、お金と、
それぞれに事情があるなか、
コアラのバスター・ムーンが経営する劇場へと集う事になり、
まぁ、早速結末を離すと、
それぞれにある課題・問題を、
歌で吹き飛ばし解決してしまう
のですが・・・、
そんな5人もの物語を1時間40分程度に纏めるの無理ってもんで
てんやわんやのあれやこれやで、終わっちゃう感が否めず

もっと、苦労と挫折、
努力の才能、時の運、なーんて深堀があっても・・・とね

ですが、逆に言えば、
そのスピード感が子供達が見るという事を考えれば、
大して深堀されず、サラッと解決が解りやすいので良かったのかもしれませんね

実際、次男君も字幕で一緒に今作を見たのですが、
次男君は字幕のスピードにはついていけないので、
完全に映像の雰囲気だけで楽しむという事になるのですが・・・
普通に最後まで楽しそうに見てましたからね

ただまぁ、
そんな事は、観終わった後に少し思っただけであり、
(ネズミの結末だとかブツ切りで終わっちゃいましたし
全体としては、
普通に歌に魅了される素敵な映画でしたね

特に最後の、劇場のシーンに関しては、
正にライブ映像を見てるみたいで、
そこが歌のチカラってやつで、
終わりよければすべて良しと、言わしめるシーンに仕上がっており、
映画に対する満足感が高くさせてる感があったりでしたねー

ホント、誰もが聞いた事のある名曲があらゆるところに差し込まれ、
ジャンルも、ロック・POP・ダンスミュージック・R&B・ジャズ・オールディーズ、
歌に垣根無し
ぶっちゃけ、その後、サントラをレンタルしたりもしましたからね

どうやら、続編『SING2』の制作も決まっており、
来年には日本公開との話もあるようで
普通に、楽しみにしたい作品となりましたね


・・・と、ふと思えば、
元々は長男君の勉強用でしたね
『長男君に勉強になった?』と聞いて見ると、
あぁ、よーわからん
字幕を普通にみよーた
ってね

ま、そんなものでしょう
ちゃんちゃん






最後まで読んでくださりありがとうございます。 
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg  

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【洋画】ハッピー・デス・デイ

640_1.jpg  
190.ハッピー・デス・デイ


久々のホラー映画
ほのぼのみかん日記が続いておりましたが、
突然のこのTOP画に自分も、違和感を感じてしまいますが、
ま、これもくるくるみかん日記ですので

して、
少し前ですが、
タイムループホラーが私の中で流行っていた事があったのですが、
111.【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル (2014.12.12)
91.【映画】トライアングル (2014.6.30)
90.【映画】THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~ (2014.6.20)
といった辺りですね
どれも、普通に楽しめた覚えがありますね

てことで、
久々に、タイムループものっていう解説をみて、
面白うそうと、手に取った次第でありますね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 
作品紹介 

誕生日に殺された主人公が目を覚ますと再びその日の朝に戻り、
自分が殺される誕生日を何度も繰り返すことになる姿を描いた
新感覚のタイムループホラー。

イケてる女子大生で遊んでばかりのツリーは、
誕生日の朝も見知らぬ男のベッドで目を覚ます。

慌しく日中のルーティンをこなした彼女は、
夜になってパーティに繰り出す道すがら、
マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。

しかし気がつくと、誕生日の朝に戻っており、再び見知らぬ男のベッドの中にいた。

その後も同じ一日を何度も繰り返すツリーは、
タイムループから抜け出すため、何度殺されても殺人鬼に立ち向かうが……。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


ループホラーと言いつつも、
コメディサスペンス(プチホラー)と言った所でしょうかねぇ
普通に笑えてハラハラして推理して、と
1本で3度美味しいとでも言える、とっても面白い作品でした

TOPの画像だけでは、
とても、しどろおどろしい凄惨なホラーが繰り返されるのかと思いきや、
死ぬ度に痛快コメディかよ
と思える展開に、ホント『楽しめる』という表現のあう作品でしたね

てのも、
何者かに殺される誕生日を、
何度も繰り返す悲劇のヒロインなので、
そのキャラが強烈で強いからなのでしょうね

出だしは、全く共感のできない、
自分中心で世界が回ってると思ってるような、
典型的、通常サスペンスでは殺されお騒がせキャラなのですが、
そのヒロインが、何クソ根性で自身を殺さんとする犯人に立ち向かう設定てのが、
なんとも面白いのですね
『死ぬことを楽しむ』という表現は明らかにおかしな日本語なのですが、
それが言える作品でしたね

そして、死にながら犯人を追うヒロインと共に、
見てる視聴者側も、誰が犯人なんだ?という推理が楽しめますし、
自由気ままに行き過ぎた主人公の成長と、
それに伴う周りの変化が、
繰り返されるシーンに大きな変化を与え、
飽きさせない作りになっていて、
ホント、何度も書いてますが・・・
『楽しめる作品』でしたね


てことで、速攻で、続編も見ました
物語が完全地続きになっていたのですが・・・
また後日、感想をあげたいと思います





最後まで読んでくださりありがとうございます。 
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg  

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

640.jpg 
189.ドラゴンクエスト ユア・ストーリー


2019年の話題の一作でありますねぇ
問題作ともいえますかね

少なくとも、私達世代には、
ドラクエ5といえば、
スーファミ時代の超人気作で、まさにズバリの年代でありましたから
毎日、学校では語りあったものです
私は、はぐれメタルを奇跡的に仲間に出来、
とても自慢していたのを覚えています

その映画化という事で、
私が気にならないはずがないというね
なので、当時の評判も否が応でも耳に入っていました
とりあえず、ネタバレ自体はしていませんでしたが。。。

はてさて
天空の勇者の物語の結末やいかに!?


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 
作品紹介 

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。

その目的は、
ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。
旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。
しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、
手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――。

それから10年。
故郷に戻ったリュカは
「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」
というパパスの日記を発見する。

父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。
立ちはだかるいくつもの試練、
そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。

果たして冒険の先に待ち受けるものとは! ?


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


うーん。
別に悪くないと思うけど。。。
ってのが、まぁ、素直な感想でしょうか
まぁ、歯切れが悪くなっちゃいますねぇ・・・
悪評のが立ってしまうのも無理はないとしか言えない結末でしたねぇ

子供達と一緒に見ていたのですが、
次男君は最後、『ポカン』でしたね
何がどうなっているのは理解できていない。というね

そこまでは、
単純な構造、善と悪がはっきりしており、
最後魔王復活阻止の為、
長い冒険の果てに集まった仲間達と思わぬ助けと、
そして、やっと見つけ出した天空の勇者と共に、
父の仇を討ち、母の願いをとげる、魔界の門の封印へ

会心の一撃

で、終わればいいのにねぇ~
ハッピーエンドでいいのにねぇ~
ミルドラースが登場してもいいのにねぇ~

なんて、思っちゃう作品で
確かに、当時嵌った世代、私のようなおじさん世代には、
この結末でよかったのかもしれませんが・・・

要は、
普通に『理解できる』物語になっていますが、
普通に『面白かった』物語にはなりえないかなと

主人公リュカのキャラも、
ドラクエの主人公(勇者)というイメージからは離れてしまっていますが、
(そもそも、ゲーム内では主人公は『はい・いいえ』しかしゃべりませんからね
個人的には、全然ありだと思いましたし、
パパスとのシーンは感動で、
メタルスライムとの戦闘シーンは爆笑で、
ブオーンとの戦闘はハラハラで、
結婚シーンはドキドキで、
ヘンリー、妖精の森、マスターオーブ、
もう、ドラクエ5追体験は完璧でしたね
その過程は、本当に面白かった
のですが・・・このエンディングって・・・‥‥ねぇ


ま、個人的には、
声優にしっかり、山田孝之さんが参加されているのが良かったとね
ちゃんちゃん


最後まで読んでくださりありがとうございます。 
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg  

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】スポンジ・ボブ / スクエアパンツ ザ・ムービー

144966_01.jpg 
188.スポンジ・ボブ / スクエアパンツ ザ・ムービー


折角の休みでも、
子供達と一緒に家にずっといることが多くなりましたねぇ
家ではすることも限られてしまいますよねぇ

てことで、
子供達と一緒に映画を見る機会が増えました
その第1弾がコチラ
『スポンジ・ボブ / スクエアパンツ ザ・ムービー

個人的には、
なんだか初の試み的な意味合いがある感じ
スポンジボブ自体、存在はしっていても見たこともないですし、
そもそも、どういった登場人物でどんなジャンルのアニメかも知らない・・・
ま、コメディであることは、雰囲気でつかめますが

ある意味、とても楽しみに子供達と映画観賞会を行った次第です
して、その内容は・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 
作品紹介 

スポンジ・ボブはカーニさんのバーガー店でマジメに働いていたが、
ライバル店の策略でカーニさんが王冠ドロボウの犯人にされちゃった!

事件を解決するため、
魔物が棲む恐ろしい街に冒険旅行に出たスポンジ・ボブと親友のパトリック。

彼らの後から殺し屋が追ってきたからさぁ大変?! !

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg


おもろー
子供達と一緒に、観て笑って楽しまさせて頂きました

それらだけならば、
普通の面白いキッズアニメだったなぁ
で、終了だったのですが、
色々な面で面白い以上の衝撃が多数ありましたね

先に書いたように、
スポンジボブという作品自体は知っていますが、
内容はおろか、もちろん登場人物も、
ストーリーもサザエさん風なのか、ドラえもん風なのか、ドラゴンボール風なのか・・・
まぁ、イメージはだただた笑えるギャグ漫画的立ち位置だと思っていましたが

して、その衝撃なのですが、
まず、実写人物、風景(世界)が使われてるという事に衝撃
映画が始まってすぐの海賊が出てくる場面は、
見てる作品を間違えてるのか疑いましたね
映画特別なのか、レギュラー放送からその演出があるのは不明ですが、
生身の人間と、風景と、スポンジボブって、
今まで見たことも無いアニメの表現で、衝撃的でしたね

続いては、しっかりと練られたストーリー展開、
最後までどんでん返しを楽しめる物語に衝撃で
ホント、ただの意味のないギャグ漫画
完全なる私の偏見ですが、それが洋物ギャグアニメというイメージだったので、
内容なんて、全くもって無いと思っていましたが、
なんなら、最後の大ピンチシーンには感動すら感じる展開と、
そのピンチからどうやって脱出するのかというハラハラ感と、
本当に見てて飽きさせない展開に衝撃でしたね

そして、最後は、普通におもろい
海外のアニメらしさ、私の中ではトムとジェリー時代で止まった記憶ではありますが、
そのハチャメチャっぷりといい、アニメの表現といい、らしさ全開で、
子供達とバカ(笑)です


いやはや、作品を見るまでは、本当にスポンジボブを舐めてました


本当に面白いと思えましたし、
スポンジボブの他作品も、見て見たいと思える素敵なアニメ映画でした



最後まで読んでくださりありがとうございます。 
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg  

| 洋画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT