くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ゲーム】アンパンマンのあいうえお教室3DS

アンパンマンとあそぼ NEWあいうえお教室
10.アンパンマンのあいうえお教室3DS


本日は『ゲーム』紹介
久々ですねぇ
いつぞやの記事にて、
後日、詳細内容をご紹介
なーんて、書いておきながら、
すっかり忘れており、先日の記事を書いてる最中に思い出した次第で
(そのいつぞやの記事ってのはコチラです

して、この
『アンパンマンのあいうえお教室3DS』
ですが、やってるのは勿論、私ではなく次男君
DSC_0643.jpg
みかん塾にて、勉強を終えた後に・・・

DSC_6130.jpg
ご褒美で、ゲームをさせてあげるという感じで使っております
勉強をした後に、知育ゲームという、
勉強付けかよ
という、ツッコミは無しにしておいてくださいね

あ、また、次男君の服装の季節感がかなり違ってるのはお気になさらず
かなり前に、このゲームの纏め記事を綴っておこうと、
撮っていた写真なのでねー


てことで、実際に遊んでる次男君と一緒に、
ゲーム紹介を

まず、ゲームを始めると、
遊ぶ時間を設定する画面になります
DSC_6113.jpg
次男君は、有無をいわせず、15分を設定させておりますが
ま、遊び初めて設定した時間経過すると、
アラームがなるという仕組みですね

すると、遊びたいゲームを選ぶ画面になるのですが、
知育ゲームで遊ぶか、ひらがなおけいこするか、おえかきするか、
というメニューが表示されるのですが、
とりあえず、次男君が選ぶのは・・・
DSC_6380.jpg
『あいうえおきょうしつ』
ホントに、ゲームでもひらがな練習をしてる次男君
自分で書きたいひらがなを選んで、
そのひらがなの練習を行うというゲーム
数字、カタカナの練習もできますし、
書き方のモードがあり、
書き順通りなぞるだけか、フリーハンドで書くのとあります

書きたい文字を選んで練習といいましたが、
DSC_6118.jpg DSC_6121.jpg
ちなみに、次男君は毎回、
自分の名前『ゆ・い・と』は欠かさず選んで練習しております

してして、ひとしきり書くと、
続いては知育ゲームへと
難易度がやさしい・ふつう・むずかしいと3段階あって、
次男君はまだ『やさしいゲーム』しか基本しません

DSC_6126.jpg
次男君がやってるのは、
『つなげてレール』というゲーム
線路をゴールへとつなげる、迷路ゲームですね

DSC_6131.jpg
ゲームが終わるたびに、
もういちど遊ぶか聞かれ、
その時、最初に設定した遊ぶ時間の残りが表示されようになってます

DSC_6137.jpg
これは、『ひらがなぱん』(だったかな?)というゲーム
まぁまた、ひらがな練習みたいなものですね

上手に書けると・・・
DSC_6142.jpg
ふっくら美味しいパンに焼きあがりますが・・・

DSC_6141.jpg
へたくそだと焦げちゃうというね
 
DSC_0677_20160913234310427.jpg
これは、『じゃんけんゲーム』
チーズとじゃんけんで勝てれば、『グリコ』と階段を3段あがっていくという、
子供の頃だれもが一度はやったであろうゲームです


とまぁ、次男君がやってるゲームの紹介としたので、
やさしいゲームばかりですが、
全部で20種類以上のあり、
とっても楽しめるゲームソフトとなってるのではないですかね

しかしまぁ、毎日のノルマや、課題的なものではなく、
結構、自発性に偏ってるゲーム仕様となっており、
あいうえお教室とありますが、
好きな知育ゲームしかしない。
なんて事になりそうなゲームソフトでもあるなと思いましたね
なので、
普通に、あいうえおを覚えさせる為のゲームとして考えるなら、
親と一緒にやらないといけないかな







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
9.ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君


来ましたー
みんな大好き、ドラクエ8
その3DSへのリメイク版です

しかしまぁ、
ゲーマーの私としては、
もちろんPS2版でプレイ済みなのですが・・・
それは、もう10年も前の話ってんで、
こうやって、リメイクされると、
どうしても、久々にやってみたくなっちゃいますよね

それに、
個人的には、ドラクエ8は、
全てのシリーズ(10意外)をやってきた私としては、
5の次に、好きなシリーズですので、
とっても楽しみに、
魔王を倒しに大冒険へと旅立った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

いにしえより邪悪な力をもつといわれた杖。
その封印をひとりの道化師が解き放ってしまう。

目覚めた邪悪な力の呪いにより、
杖を封印していた城の時が止まった…。

呪いからまぬがれたたった一人の若者―
キミは城や国王たちを救うため、
広大なる冒険の世界へと旅立つ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やはり、これぞドラクエ
これぞ、王道RPG
正に、誰もが楽しめるゲームですねぇ

タイトル通り、
空に海に大地に、
ひろーーい世界を一歩一歩進んで行き、
新しい町に到着する度に様々なイベントが待っており、
それをこなす毎に成長していき、
最後、大魔王へと挑む物語
ホント、安定して面白いです

ドラクエシリーズらしさそのままの、
ターン制のバトルシステムに、
プレイヤー側も表示され、より戦闘がダイナミックになった戦闘もいいですし、
スキルポイントによる、
キャラクターの成長を選べるシステムも面白い

物語も、
ヤンガスがらみのギャグ要素もありつつ楽しめますし、
ゼシカ・ククールという仲間も、
それぞれに物語がありはまり込めますし、
やっぱりドルマゲスという、圧倒的悪がいるので、
善悪がハッキリして解り易くていいですよね
なんだかんだで、やっぱりシンプルなのが良いんですよ

その他、
カジノに、モンスタースカウト、バトルロード、錬金釜といった、
サブシステム的なところも十分やりこみ要素があって楽しいですし、
更には、3DSになっての新要素も盛りだくさんですが、
その中では、
クリア後の要素がかなり濃密になってますね
流石に現状で、全てをやりこむ程やってはいませんが、
『追憶の回廊』をどこまで制覇できるか、
のんびりとですが、やりこんでる次第であったり


とまぁ、べた褒め状態ですが、
一番よかったと思える所は、
今作の魅力は、ドラクエ初心者(初体験)の人が、
とっても楽しめる仕様になってる点でしょうかね
てのも、嫁さんや私の姉貴が、
普段はゲームなんてしない人が、
ドラクエ8なら最後まで攻略したって事もありまして、
やっぱり、みんなが楽しめる作品になってるだなぁとね
まぁ、長男君は(まだ)全くやろうとはしませんでしたがね


してして、最後になりますが、
とっても楽しめたドラクエ8・3DS版ではあるのですが、
まぁ、やっぱりリメイクということで、
完全新作とはならないのでね・・・
そういった意味では、
やっぱりささやかながらのうわさが出始めてる、
ドラクエ11
10とは違い、オフライン仕様になるようなので、
また、新たなドラクエの世界を早く楽しみたいなと
期待しつつ、続報を待ちましょう







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】バイオハザード リベレーションズ2

バイオハザード リベレーションズ2
8.バイオハザード リベレーションズ2


どーんと、グロテスクなトップとなっちゃいましたが
ひっさびさのゲーム記事
って、ゲーム記事を書くときはいつも『久々』言ってますが
そして、記事にするゲームは、
毎度、時代遅れのゲームばかりなのですがね

して、今回のゲームは、
『バイオハザード
ゲームシリーズ1作目が発売されたのが、1996年
私が中2の頃でしたでしょうか
あれから、19年・・・
32の親父となった今でも、
ずっと好きで遊び続けてるという、大好きなゲームシリーズでして

そして、来年で20周年
20周年記念として、特設サイトもでき、
色々と新作が出るようですが、
やはり一番、気になり期待しちゃうのが、『バイオハザード7』の噂

いやー、まだまだ、ゲームは止められませんなぁ・・・
って、前置きはこのくらいで、
今作『バイオハザード リベレーションズ2』の感想を


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

BIOHAZARDシリーズの精鋭スタッフが贈る、
絶望と狂気の新章。

監禁された孤島から決死の脱出を目指すクレアとモイラ。

一方、愛娘モイラを探すために島を訪れたバリーは、
謎の少女ナタリアと出会う。

より強く"恐怖"にフォーカスした
『バイオハザード』シリーズの間隙を埋める物語。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


前作『バイオハザード リベレーションズ』の、
初代のバイオハザードが戻ってきたような、
世界観がとっても良かった『リベレーションズ』
その続編ということで、
否が応でも期待しちゃう作品でしたが・・・
やはり、良作の後の作品ってのは、続かないものが常でして

シリーズ好きの私としては、
まぁ、とっても楽しめて普通に面白かったと言える作品なのですが、
前作より良かったかと言われると、
まぁ、ちょこっと劣りますかなー。。。とね

というのも、
前作『リベレーション』で味わえた、恐怖感が減ったかなぁ。。とね
バイオハザード4~6の流れでは、
アクション要素がすっかり強くなり、
恐怖感より爽快感・疾走感が優先された作品へと様変わりしてた中での、
前作の『そこを歩くという恐怖』という言葉がぴったりな、
正に『原点回帰』だった作品であり、
今作もその流れを継承してはいるのですが、
どうしても、そのまま。とは行かず、
追加要素が多々あるのですが、個人的には、どれも余計な感じ

まず、パートナーと共に回る。
ってのは、単純に恐怖感2分の1
更には、パートナーは無敵という謎の設定により、難易度も減
更に、特殊能力で敵の位置がわかるって。。。

まぁ、全てゲーム要素としては、
新たな機能満載で、面白いと思ってはいますけど、
いかに敵にばれずに進むかっという傾向に傾いている感じでしたね

しかしまぁ、今作はストーリーはとっても良かったですね
オンラインストアで各エピソードを順番に販売されたのですが、
各エピソード終了後は、次が次がと気なる展開で、
ホント、いい感じに盛り上がる作り方でしたね
クレア編とバリー編と分かれて進む展開ってのも、
絶妙に話が交差しており、面白かったですねぇ

また、ストーリーとは別に、
前作同様、レイドモードなるやり込み要素も健在
ま、流石に私はそこまでやり込めるほどのゲーム元気は無いので、
全くやってませんがね


して、先にも書きましたが、
来年はバイオハザード20周年
今後、どんな作品で楽しませてもらえるか、
ホント、楽しみですねぇ







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 (初回特典「ドラゴンクエストIII勇者コスチューム」コード同梱)&Amazon.co.jp限定特典:「スライムアックス」が先行入手できるアイテムコード付
7.ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城


みかん日記としては、
いつも思い出したかのように書いてるゲーム日記

しかし、私自身は完全なゲーム親父と自負しており、
実際、年中、暇さへあればゲームしてたりです
といっても、子供の前ではやらないですし、
読みたい本、見たい映画を優先するので、
結果、ゲームなんてやる時間、ほぼ無いのですが・・・

それに、
オンラインゲームや、
スマホでゲームをする事は全く無い私。
と、考えると、とてもゲーム親父とは言えないかな

いや、三十路を超えても、
テレビゲームをポチポチやってる時点でゲーム親父ですかね
やっぱり、年に2・3作品は、
今作(ドラゴンクエストヒーローズ)のような、
どうしても、やりたーーーい
ってのが、あるんですもの

ま、記事にするには、
いつものみかん日記らしく、
かなり時代遅れの作品にはなってますがね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

人間とモンスターが手を取り合って暮らす平和な国・エルサーゼ。

しかしある日、モンスターたちが豹変して暴れ出し、
人間を襲い始めてしまう。

エルサーゼの 親衛隊長であるアクトとメーアは、
モンスターたちの本来の心を取り戻すため、
そして王国に再び平和をもたらすために立ち上がる——。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


バッチリ、ドラクエ世代の私としては、
この作品には、
発売前から、かなり食いついていた次第で

歴代のドラクエ登場人物が出る
という時点で、かなり目を惹く作品でしたが、
更には、ドラクエでアクションRPGと来たもんで

ドラクエの世界で無双シリーズとは
まぁ、正直、無双シリーズはあまりやらないジャンルので、
自分でも爽快に楽しむことができるかと、
思ったりでしたが、
そんな心配は杞憂に終わりましたね

バッサバッサとモンスターを切り倒し、
進んでいくのは爽快そのもの
また、もちろん歴代のドラクエキャラも仲間になり、
操作していくのも楽しめましたし、
それぞれの技や呪文も、
ドラクエらしくて良かったです

また、防衛線のような展開もあり、
あちこちから攻めてくるモンスターを、
どうやって防ぐか?
どのラインを先に攻めるか?
といった、知略戦的なところもあったり、
大物モンスターも存在して、
ひたすら突っ込んで切り倒せば良いだけのゲームじゃないってのも、
面白く、よく出来ているなぁとね

登場するモンスターも、
いい所をついてますよねぇ
キラーマシンや、まおうのつかい、
キングレオ辺りは、
一人で『おおぉー』なんて呟いてたり

まぁ、ストーリーの方は、
シンプルで解りやすく良いって、事にしておきましょう
なんだか、場面の雰囲気からはズレてないかい?
と思う、場面・セリフはありましたが、
今作はストーリーではなく、
アクション部分で面白さが多々あるという事で


して、
どうやら、このドラクエヒーローズ続編の製作も決まってるようで
次回は、どんなキャラが参戦してくるのか
どんなモンスターが登場してくるか
いやー、楽しみでなりませんね






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】逆転裁判5

逆転裁判5逆転裁判5
(2013/07/25)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る
6.逆転裁判5


ひっさびさのゲーム日記
1年ぶりですね

学生の頃は
休みとあらば一日中ゲームをしてても、
平気、てかむしろ、幸せを感じてたほどですが・・・
三十路となった今、めっきりしなくなりましたね
まぁ、この年になっても、
ゲームをやってるほうがレアかもしれませんが
そう思うと、年一作品でも、
ゲームをやってる私は、やっぱりゲーム好きでいいのですかね


して、今回のゲーム日記は、『逆転裁判』
今や、法廷ゲームといえば、コレ
みたいなほどの超人気シリーズとなりましたねぇ

私が、ゲームっ子全盛期の頃にシリーズ1作目が発売され、
口コミで面白いというのが広まり、
それに乗っかって私もやってみたところ、
面白いってことで、すっかり嵌ってしまい、
これまで、スピンオフ作品を含めほぼ全てのシリーズを、
制覇してきてました

しかし、今作『逆転裁判5』は、3DSでの発売となり、
私は3DSを持っていないので、
ついに、逆転裁判シリーズも卒業の時がきたかと思っておりましたが、
なんと、iPadアプリでも発売されるという事を知り、
ほぼ衝動買いで、買ってしまった次第で


いやはや、まだまだ、
私がゲームを卒業する日は遠そうですな。。。



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

8年ぶりの弁護に挑む成歩堂 龍一。

『逆転裁判 5』のストーリーは、
法廷爆破という大事件から幕を開ける。

見るも無残に破壊された法廷。

その傷跡は深く、壁は崩れ天井にはぽっかりと穴が開いている。

すさまじい爆発が法廷内で起きたことを物語っている。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


『異議あり』ってねぇー
やっぱり、面白いですねぇ
ここ数週間は、夜な夜なゲーム祭りでしたね

登場人物達の名前からもわかりますが、
主人公『成歩堂(ナルホド)』だとか、
『王泥喜(オドロキ)』といった、
コミカル感、
良い意味での悪ふざけ感が、
もう、この作品最大の魅力でしょうね

もちろん名前だけでなく、
物語の中にも数多の小ネタや、
ツッコミどころやら面白い展開が仕込まれており、
裁判ゲームという、
もしかしたら、堅苦しいと感じるイメージを完全になくしてますよ

そんな遊び心を前面に出しつつ、
肝心の物語はよく考えられており、
タイトル通り、『逆転・逆転』
要は、どんでん返しだらけで、
それをゲームとして自分が進めていけるってのが、
ホント、面白いですよねー

そのゲームを進めるってのが、
弁護側に経ち、事件を推理し、真相と解き明かし、
被告人の無罪を勝ち取るってのが流れですが、
『事件の推理』ってのが、
ミステリー小説好きの私からすると、
やっぱり最高に楽しいですよね

しかしまぁ、今作のその推理の部分ですが、
やや簡単(易しめ)でしたかね
前作まで毎回、必ず行き詰る所があったのですが・・
今回、わりと詰まる事なく、
最後まで進める事ができましたね
ま、新たに追加された新要素の一つ、
心理分析のパートは、苦戦しましたが・・・


してして、
IPadアプリとして発売されたので、
出来た『逆転裁判5』
ホント楽しかったです
てか、やっぱり私ゲーム好きですなぁ・・・。
で、少し調べてると、
なんと、『逆転裁判』の最新作が、
2015年に発売予定とあるじゃないですか
その名も『大逆転裁判』
ううう。。。
こりゃ、もしかしたら3DS買ってるかもな・・・











最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT