FC2ブログ

くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ゲーム】死印

死印
13.死印


秋の夜長にホラーゲーム
第3弾であります

と、もう秋ではありませんね

温暖気候の瀬戸内地方であるにも関わらず、
雪がちらつく、『真冬』であります
シーズンに数える程しかみない雪を、
ここ数日間は、連日みてますねぇ・・・寒い

そんな、何もしなくても寒いのに、
夜な夜な、ホラーゲームで肝を冷やしている、
アホな親父みかんであります

連続して、ホラーゲームを楽しんでるのですが、
もともとは、バイオハザード7でゲームは一段落させようと思ってましたが、
UNTIL DAWN -惨劇の山荘-と、
合わせて、どちらも凄く面白かったのでね
最近のホラーゲームの完成度の高さに驚かされて、
続けて、サウンドノベル系の最新ホラーを楽しみたいと思い、
調べると、今回の『死印』に行き着いた次第であります


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

東京都H市、この郊外都市に最近奇妙な噂話が広がっていた。

“シルシ”を持つ者は死ぬ—

突如体にまるで噛まれたような痣“シルシ”が刻まれ、原因不明の死を遂げるというものだ。

事実この町では、人が謎の不審死を遂げる怪奇事件が発生していた。
この事件は都市伝説的に、どこかで幽霊に遭遇したせいだ、
知らぬ間に呪いに祟られるようなことをした、
などと様々な憶測を元に広まっていった。

記憶を失ったあなたは、
“シルシ”を持つ者を保護するという洋館の前にいた。

何かに引き寄せられる様に洋館の扉を開くと、館の主である美しい人形が出迎えた。

「ようこそ、九条館へ」

続けて人形は語る。

「このままでは、あなたは死にます。ただ、助かる方法がない訳ではない」

“死”へのカウントダウンはすでに始まっていた…

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


いやー、ヤバイほど怖い
こんなゲームやる人がいるんですかねぇ・・・
って思う私がやってますけどね

まず、目を引くのが、
イラストレーター友野 るいさんが描かれた、
美しくゾクリ気持ち悪い『絵』ですね

パッケージの絵にも、その魅力は存分に溢れていますが、
血塗れのウエディング姿の女性に公衆電話・・・
なんともいえない違和感が、
絵だけで恐怖感MAXですよね

全編、その魅力満点のイラストが、
個人的には最高によかったです
ちょっとしたエロスも含め、ホラー要素満点でした

ゲームシステムとしては、
心霊スポットを探索して、怪異の原因を見つけ出し、成敗するという流れ
探索パートもおそろしの仕掛けが多々
真夜中の廃校をライト一つで探索していくというのは、
ヒヤヒヤ・ビクビクしながら、なんどビクッと、驚かされてるかとね

怪異との対決についても、
探索した内容をしっかり踏襲して挑まないと、
いとも簡単にやられてしまうという、
ある意味ナゾトキ的要素もあって、楽しめました
まぁ、それ以前に、怪異のビジュアルが、オソロシオソロシで・・・


とまぁ、全体的には、
ゾクゾクホラー満点で楽しめたのですが、
ストーリーのボリュームがやや少なめ?
かつ、似たような場所をグルグル回る事になり、
なお更、繰り返し感が出てしまうのが、
ちょっと残念かなと

それにしても、
最近のホラーゲームは、何にしても怖いですね
これは、もう少し、
私の中でホラーゲームブームは続くかもです
次に、面白そうなホラーゲームは?・・・とねぇ





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】バイオハザード7 レジデント イービル

バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション グロテスクバージョン 【CEROレーティング「Z」】
12.バイオハザード7 レジデント イービル


秋の夜長にホラーゲーム
第2弾であります
ちなみに、第1弾は『UNTIL DAWN -惨劇の山荘-』であります
ま、もう秋というには、寒すぎますがね。。。

なんてことは、さておき

タイトルだけ見れば、
もう、ゲーム好き嫌いにかかわらず、
誰もが知る、カプコンが誇る、超・有名タイトルの最新作であります
『バイオハザード7』

もう、シリーズ1作目が登場して、
20年以上が経ちました、バイオシリーズ
このブログでも、
私のバイオ好きは、何作品かの紹介と共に語らせて頂きました

てことで、
今回はツラツラと語らずに、
ホラーアドベンチャーゲームのパイオニア
『バイオハザード7』
とっても、楽しみに手にとってみました


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメール。

導かれるまま主人公=イーサン・ウィンターズは
遠くルイジアナへと自動車を走らせ、荒れた邸にたどりつく。

妻の痕跡を求め、
異様な気配が漂う邸内を捜索するが、
突然何者かの襲撃を受け、意識を失ってしまう…。

目覚めたイーサンを待っていたのは、
狂気で満たされた邸の住人ベイカー一家だった

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


怖えぇぇぇぇ・・・・


ナンバリングシリーズでは、
4作目にフルモデルチェンジして、5作・6作目と、
アクション性の高いシューター的なゲーム(いわゆるTPS)だったのですが、
『原点回帰』という言葉と共に、
初期のシリーズの作風と恐怖感を思い出させてくれたのが、
バイオハザード リベレーションズ
という、スピンオフ作品を挟んでの
今作

カプコンさんは、
この大人気シリーズ作品の7作目にて、
また大胆な改革を実施しちゃいまして

『すべては恐怖のために』

まさに、キャッチコピーどおり
すんげぇ、怖ぇゲーム
基本的に私がゲームをやる時間ってのは、
23時を過ぎた、ほぼ深夜の時間帯であるのですが、
ビクビク・ドキドキ・ハラハラとしながら、
三十路半ばのおっさんがゲームをしてましたね

して、いったい何が怖いのか?
ていうと、全てと言ってしまうのですが
まぁ、それでは何も伝わらない感想となってしまいますので・・・
やっぱり、恐怖の核はストーリーにあるかと思います

失踪した嫁さんの手がかりを元に、
やってきた屋敷にて起こる悲劇
序盤は、何が起こってるのかさっぱりわからない状態
嫁さんは早々に見つかりますが、
突然の襲いかかられる主人公・・・
その時の狂気っぷりが半端無くてねぇ・・・
そこからは、恐怖と狂気の連続ですよ

嫁さんに起こった事態と、
この屋敷の住人達に起きた悲劇、
自身も捕らわれとなり、屋敷から脱出する過程で、
様々な真相を知っていくことになるのですが・・・

更に、ゲーム難易度もかなり高く、
手に入るアイテム(武器)は、有効に使っていかないと、
詰んでしまうという事もあって、
屋敷を探索する時も、敵がどこから襲ってくるのか・・・
『出てくるな、くるな・・・』
なーんて思ってると、壁をぶち壊して出てきたりしてきて、
深夜に一人、ビクッ
て、なりつつでしたよ

本当に『そこを歩く恐怖』を味わいました

また、今作はVRにも対応してるのですが、
私は、今までにVRは一度も体験したことはありませんが、
こんなゲーム、VRでやると本当に発狂してしまうじゃないかと。。。


とまぁ、
私自身、まさにバイオハザードの『恐怖』を味わいたくて、
先にかいた、ハラハラ・ドキドキ・ビクビクを味わいたくて、
要は好きで手にとってますから
そういった意味では、最高の作品でありました
(ちょっと怖すぎでしたが・・・)


バイオハザードという恐怖極めり

初代からのシリーズ好きには、
きっと私のように、おっさん世代になってるでしょうけど、
是非、手にとって、
当時の恐怖を最新の恐怖を持って思い出し、
楽しんでもらいたいと思うところです






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】UNTIL DAWN -惨劇の山荘-

Until Dawn -惨劇の山荘- 【CEROレーティング「Z」】
11.UNTIL DAWN -惨劇の山荘-


ブログで紹介するのは、
約1年ぶりのゲームネタであります

私の趣味の第一党にあがるのは、
正直、読書ではなく、ゲームであります
三十路の道も半ばになり、四捨五入でギリ30歳な、
完全なる『おじさん』でありますが、
未だにゲームコントローラーを握ってる私

隙あらばゲームをやっていたい私でありますが・・・
ゲームをする上で、一つのルールが私の中でありまして、
『子供の前でゲームはしない』
これを鉄則としてまして、
要は、子供をほったらかして自分一人ゲームで遊ばないという事で
となると必然的に、
有難い事に仕事も忙しい中で、
ゲームなんてやる時間は、ほぼ無い状態ですので、
好きだけど、やっていないというのが今の私で

しかしまぁ、
嵌ってしまうと、トコトンやりつくしてしまうのもB型みかんの特徴で

そして、その嵌ってしまったのが、今回のコレ
『UNTIL DAWN -惨劇の山荘-』
はい。
ガッツリホラーの18禁ゲームってのが、
やや引かれてしまいそうですが

ホラーゲームのお勧めを検索してると、紹介してあったのが、今作で
私、『かまいたちの夜』というノベライズゲームにど嵌りしまして、
近作が同じようなシチュエーションの、
雪山・山荘という、キーワードのみで、手に取った次第であるのですが


してして、前置きが長くなりすぎましたが、
『UNTIL DAWN -惨劇の山荘-』
どんな、恐怖が待ってるか、
楽しみにプレイです


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

事件の発端は、1年前にさかのぼる。
10人の若者グループは休暇を楽しむため、冬の山荘へ。

しかし、そのうちの1人・ハンナが仲間たちから度の過ぎたイタズラを受け、
そのショックで山荘を飛び出して行ったことから悲劇が始まる。

身ひとつで雪山に消えたハンナを心配し、後を追う双子の姉妹ベス。
ベスはハンナを発見し合流するが、
突如何者かに追われて2人とも崖から転落し、
行方不明となってしまう。

ハンナとベスが消息を絶ってから1年、
彼女たちの兄・ジョッシュの呼びかけで、
残る8人は再び山荘に集まることに。

だが、自分たち以外はいないはずの山荘に何者かの気配が濃厚に漂いはじめる。
続発する奇怪な現象、忍び寄る脅威。そして次々と惨劇が襲う。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


ヤバイ
最新ホラーゲームは、
こんなことになっとりましたかー
半端無い恐怖と、狂気のミステリー、そして、グロと
ものすごく怖かったー
が、(表現おかしいですが)面白い作品で

そもそも、こんなゲームソフトを手に取る時点で、
爽快アクションゲームを期待してる訳ないのでね
ホントに肝から冷える恐怖を味わいたくて手に取ってるなら、
間違いなく完璧な作品ではないでしょうか

操作は簡単
操作キャラの行動や言動を2択から選んで物語を進めていくだけ
(ま、もちろんそれだけでなくQTEなども多々ありますが)
その選択によって、
8人いるキャラクターの運命がそれぞれに決まっていくという物語

そして、ゲームオーバーなく、
どんな選択をしても必ず、最終章までいけるシステム
もちろん、その選択によってバッドエンド・グッドエンドありますけどね
ま、何人最後まで生き残れるかというだけでありますが

てことで、操作がそれだけというだけなので、
もう、ストーリーでしか、ゲームの良し悪しが計れない所だとおもうのですが、
その物語が、個人的には最高によかったですね

仲間の一人が襲われてしまうという事件から、
第3の人物の影が見え隠れしつつも、
怪奇現象に襲われ、
人ならざるものの存在も・・・
と、同時進行で様々な事件が発生する、
ミステリーとホラーがバッチリ融合した内容で

そして、やっぱりゲームですので、
映画の中に登場する人物の一人になれた感覚で、
操作することが出来て、
ホントに、作品の中に自分が入っていってるような感じを味わえるのですが、
ゲームに入っていけば行くほど、
恐怖にぶっとんでしまうというね
何度、深夜に一人で、『うぁぁぁぁー』と、
声を上げていたことか
(もちろん、近所迷惑になりますので、本当には上げてませんが)
一人、ビクっとなっていたのは確か

やはり、
映画を見てるだけでは味わえない、
ゲームならでは、作品世界への入り込みが出来て、
ミステリーとしては、真剣に犯人を推理してみて、
超常現象の原因を考えたりと、
すごく面白かったですねぇ


ただ、描写は過激すぎ
まぁ、それがあっての18禁なのですが、
見る人が見れば、トラウマレベルでしょうね
絵も無駄に綺麗ですし
更には、海外ゲームなので、
国内では描写NGの表現なんてのもあって、
まさかの、暗転してしまうという、シーンもチラホラ
それほどまでの描写をゲームでしてしまうってのも、
いかがとは思うところではありますが・・・


しかしまぁ、
一つ、残念なところをあげるとすると、
マルチエンディング仕様ではありますが、
2度目をする気にはなれない。という所ですかね
それは、内容的にではなく、
システム的に適度にスキップできたりする機能が無いので、
全てをやり直さないとたどりつけないってのは、
流石にやる気が無くなる仕様ではありましたね
実際に、私は1度しかやりませんでした
他のエンディングは『ようつべ』さんにお世話になりました


とまぁ、ホラー好きゲーム好きの方は、
一度は手にとってみてもいい作品ではないでしょうかね
秋の夜長に、恐怖の世界へと・・・






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】アンパンマンのあいうえお教室3DS

アンパンマンとあそぼ NEWあいうえお教室
10.アンパンマンのあいうえお教室3DS


本日は『ゲーム』紹介
久々ですねぇ
いつぞやの記事にて、
後日、詳細内容をご紹介
なーんて、書いておきながら、
すっかり忘れており、先日の記事を書いてる最中に思い出した次第で
(そのいつぞやの記事ってのはコチラです

して、この
『アンパンマンのあいうえお教室3DS』
ですが、やってるのは勿論、私ではなく次男君
DSC_0643.jpg
みかん塾にて、勉強を終えた後に・・・

DSC_6130.jpg
ご褒美で、ゲームをさせてあげるという感じで使っております
勉強をした後に、知育ゲームという、
勉強付けかよ
という、ツッコミは無しにしておいてくださいね

あ、また、次男君の服装の季節感がかなり違ってるのはお気になさらず
かなり前に、このゲームの纏め記事を綴っておこうと、
撮っていた写真なのでねー


てことで、実際に遊んでる次男君と一緒に、
ゲーム紹介を

まず、ゲームを始めると、
遊ぶ時間を設定する画面になります
DSC_6113.jpg
次男君は、有無をいわせず、15分を設定させておりますが
ま、遊び初めて設定した時間経過すると、
アラームがなるという仕組みですね

すると、遊びたいゲームを選ぶ画面になるのですが、
知育ゲームで遊ぶか、ひらがなおけいこするか、おえかきするか、
というメニューが表示されるのですが、
とりあえず、次男君が選ぶのは・・・
DSC_6380.jpg
『あいうえおきょうしつ』
ホントに、ゲームでもひらがな練習をしてる次男君
自分で書きたいひらがなを選んで、
そのひらがなの練習を行うというゲーム
数字、カタカナの練習もできますし、
書き方のモードがあり、
書き順通りなぞるだけか、フリーハンドで書くのとあります

書きたい文字を選んで練習といいましたが、
DSC_6118.jpg DSC_6121.jpg
ちなみに、次男君は毎回、
自分の名前『ゆ・い・と』は欠かさず選んで練習しております

してして、ひとしきり書くと、
続いては知育ゲームへと
難易度がやさしい・ふつう・むずかしいと3段階あって、
次男君はまだ『やさしいゲーム』しか基本しません

DSC_6126.jpg
次男君がやってるのは、
『つなげてレール』というゲーム
線路をゴールへとつなげる、迷路ゲームですね

DSC_6131.jpg
ゲームが終わるたびに、
もういちど遊ぶか聞かれ、
その時、最初に設定した遊ぶ時間の残りが表示されようになってます

DSC_6137.jpg
これは、『ひらがなぱん』(だったかな?)というゲーム
まぁまた、ひらがな練習みたいなものですね

上手に書けると・・・
DSC_6142.jpg
ふっくら美味しいパンに焼きあがりますが・・・

DSC_6141.jpg
へたくそだと焦げちゃうというね
 
DSC_0677_20160913234310427.jpg
これは、『じゃんけんゲーム』
チーズとじゃんけんで勝てれば、『グリコ』と階段を3段あがっていくという、
子供の頃だれもが一度はやったであろうゲームです


とまぁ、次男君がやってるゲームの紹介としたので、
やさしいゲームばかりですが、
全部で20種類以上のあり、
とっても楽しめるゲームソフトとなってるのではないですかね

しかしまぁ、毎日のノルマや、課題的なものではなく、
結構、自発性に偏ってるゲーム仕様となっており、
あいうえお教室とありますが、
好きな知育ゲームしかしない。
なんて事になりそうなゲームソフトでもあるなと思いましたね
なので、
普通に、あいうえおを覚えさせる為のゲームとして考えるなら、
親と一緒にやらないといけないかな







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ゲーム】ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
9.ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君


来ましたー
みんな大好き、ドラクエ8
その3DSへのリメイク版です

しかしまぁ、
ゲーマーの私としては、
もちろんPS2版でプレイ済みなのですが・・・
それは、もう10年も前の話ってんで、
こうやって、リメイクされると、
どうしても、久々にやってみたくなっちゃいますよね

それに、
個人的には、ドラクエ8は、
全てのシリーズ(10意外)をやってきた私としては、
5の次に、好きなシリーズですので、
とっても楽しみに、
魔王を倒しに大冒険へと旅立った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

いにしえより邪悪な力をもつといわれた杖。
その封印をひとりの道化師が解き放ってしまう。

目覚めた邪悪な力の呪いにより、
杖を封印していた城の時が止まった…。

呪いからまぬがれたたった一人の若者―
キミは城や国王たちを救うため、
広大なる冒険の世界へと旅立つ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やはり、これぞドラクエ
これぞ、王道RPG
正に、誰もが楽しめるゲームですねぇ

タイトル通り、
空に海に大地に、
ひろーーい世界を一歩一歩進んで行き、
新しい町に到着する度に様々なイベントが待っており、
それをこなす毎に成長していき、
最後、大魔王へと挑む物語
ホント、安定して面白いです

ドラクエシリーズらしさそのままの、
ターン制のバトルシステムに、
プレイヤー側も表示され、より戦闘がダイナミックになった戦闘もいいですし、
スキルポイントによる、
キャラクターの成長を選べるシステムも面白い

物語も、
ヤンガスがらみのギャグ要素もありつつ楽しめますし、
ゼシカ・ククールという仲間も、
それぞれに物語がありはまり込めますし、
やっぱりドルマゲスという、圧倒的悪がいるので、
善悪がハッキリして解り易くていいですよね
なんだかんだで、やっぱりシンプルなのが良いんですよ

その他、
カジノに、モンスタースカウト、バトルロード、錬金釜といった、
サブシステム的なところも十分やりこみ要素があって楽しいですし、
更には、3DSになっての新要素も盛りだくさんですが、
その中では、
クリア後の要素がかなり濃密になってますね
流石に現状で、全てをやりこむ程やってはいませんが、
『追憶の回廊』をどこまで制覇できるか、
のんびりとですが、やりこんでる次第であったり


とまぁ、べた褒め状態ですが、
一番よかったと思える所は、
今作の魅力は、ドラクエ初心者(初体験)の人が、
とっても楽しめる仕様になってる点でしょうかね
てのも、嫁さんや私の姉貴が、
普段はゲームなんてしない人が、
ドラクエ8なら最後まで攻略したって事もありまして、
やっぱり、みんなが楽しめる作品になってるだなぁとね
まぁ、長男君は(まだ)全くやろうとはしませんでしたがね


してして、最後になりますが、
とっても楽しめたドラクエ8・3DS版ではあるのですが、
まぁ、やっぱりリメイクということで、
完全新作とはならないのでね・・・
そういった意味では、
やっぱりささやかながらのうわさが出始めてる、
ドラクエ11
10とは違い、オフライン仕様になるようなので、
また、新たなドラクエの世界を早く楽しみたいなと
期待しつつ、続報を待ちましょう







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| ゲーム | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT