くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】警官の血/佐々木 譲

警官の血〈上〉 (新潮文庫)警官の血〈上〉 (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐々木 譲

商品詳細を見る
224.警官の血/佐々木 譲


2008年『このミステリーがすごい!』で1位となった、
佐々木 譲さんの代表作の一つですねぇ

前回、佐々木 譲さんの作品『笑う警官』を読んだのが、
もう、2年も前になるのですが、
その時から、
佐々木 譲さんの作品を読むなら、
今回の『警官の血』が読みたいと思っていた次第で
テレビドラマ化もされた、上・下巻の長大作
はてさて、どんな警官ドラマが待ってるでしょうか


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

昭和二十三年、
警察官として歩みはじめた安城清二は、
やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。

人情味溢れる駐在だった。

だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。

その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。
だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。

大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。

三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


親子3代にわたる警察官の物語
てことで、作品のボリュームといいスケールといい、
かなり壮大な作品でしたねぇ

一代目の安城清二を初め、
その長男、民雄。
さらに、民雄の長男、和也。
この3人それぞれの半生が、
それぞれの視点での3部構成といった感じで物語は進んでいきます

その半生の物語が、
生い立ち記録かのように丁寧に描かれており、
警察官になるまで、妻との出会い、警察での活躍と、
ホント、大河ドラマって感じ
まぁ、血は繋がっていようとも、
三者三様の性格があり、ドラマがありって感じで、
地続きの中篇3つを読んだって感じもありつつでした

もちろん、ミステリ作品なので、
1代目・清二の時に起きた、
二つの迷宮入り殺人事件と、清二自身の死の真相という、
1本、最後まで通る大きな謎があるのですが・・・

まぁ、上下巻ある長編作品ですが、
先に書いたように、
3通りの警察官の活躍、
人情溢れる駐在さん、
神経をすり減らす、スパイ、
上司をも脅し正義を貫く、アウトロー、
てな感じの活躍が描かれ飽きさせない展開で、面白かったです
また、その世代での時代背景も、
丁寧に描かれ、物語に反映されており、よかったですねぇ

とまぁ、面白い作品なのですが・・・
正直、警察官3代にわたる脈々と受け継がれる血の物語としてみると、
ちょっと、物足りなかったですかねぇ・・・
そのスケールの壮大感に期待しすぎましたかね
親から子へと、子から孫へと、
もっとハッキリと伝わる意思、受け継ぐモノ的な、
単純明快なドラマでも良かったかなぁ。。なんて
まぁ、要は私の頭が幼稚なだけですかね
3世代という流れの中での、盛り上がりってのは、
あまり感じれなかったのが残念

が、やはり作品自体の完成度は、
かなり高いのではないでしょうか
ホント、リアルな警察官の物語
一読の価値ありですね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの佐々木 譲

136.【小説】笑う警官/佐々木 譲 (2013.8.8)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 佐々木 譲 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】笑う警官/佐々木 譲

笑う警官 (ハルキ文庫)笑う警官 (ハルキ文庫)
(2007/05)
佐々木 譲

商品詳細を見る
136.笑う警官/佐々木 譲


佐々木譲さんの人気シリーズ
道警シリーズ第1弾となる、この『笑う警官』
私としては、初めて手に取る作家さんですね

個人的には、
同作者の作品で、
2008年『このミステリーがすごい!』で、1位となった、
『警官の血』が読みたいと思い、
古本屋を巡ってたのですが、
同作者の『笑う警官』というタイトルに惹かれ、
手に取ってみた次第ですねぇ

ちなみに、この作品は、
2005年の『このミステリーがすごい!』で、10位にランクインしてます


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。

遺体の女性は
北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。

容疑者となった交際相手は、
同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。

やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。

捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、
かつて、おとり捜査で組んだことのある
津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、
極秘裡に捜査を始めたのだったが…。

北海道道警を舞台に描く警察小説の金字塔、
「うたう警官」の文庫化。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


面白い

あらすじの通り、
女性の変死体発見、
容疑者確定、
勇士による秘密裏の捜査、
情報漏れ、
そして、真相へ・・・と、
つかみから最後まで、
展開も、スムーズかつスピーディで、
あまり読みダルミすることなく、
一気読みでしたね

これぞ、ザ・警察小説といった作品
面白いです
が、それ以上でもそれ以下でも無いとった感じ
これまでに、
『新宿鮫シリーズ』『隠蔽捜査シリーズ』『雪平刑事シリーズ』等・・・
何作品か警察小説を読んできて、
ちょっと、目が肥えてきてしまったのか・・・
この『笑う警官』も、
もう一波乱二波乱、一癖、二癖、欲しかったですねぇ

また、なんとなくですが、
キャラ設定がちょっと薄く感じてしまい、
作品に深入りできない感覚があったりしましたね・・・
『笑う警官』というタイトルからも、
『笑う』が、私の中で勝手に『あざ笑う』的な解釈になっており、
そういった意味でも個性の強い警察が登場するかと、
思っていた所もあったりですね・・・
ま、タイトルについては、
『うたう警官』から『笑う警官』と改題された時点で、
様々な意見(不評)があるようですがね

てかまぁ、私が読んできた警察小説が、
キャラの強い一匹狼的な主人公物が多く、
個人的に、そーいった作風が好きなだけで、
今作はそーではなかったので、単純な好き嫌いの問題ですかね


警察小説として、
十分に楽しめる作品ですし、
読んでて絵が浮かびやすい作品でしたね
また、映画化、ドラマ化もされてるようで、
確かに、ドラマ向きの作品という感じはしましたね












最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 佐々木 譲 | 00:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |