くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】心霊探偵 八雲8 失われた魂/神永 学

心霊探偵八雲8  失われた魂 (角川文庫)心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)
(2012/08/25)
神永 学

商品詳細を見る
221.心霊探偵 八雲8 失われた魂/神永 学


読書感想連続の心霊探偵八雲シリーズです

心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている
心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
心霊探偵八雲3 闇の先にある光
心霊探偵八雲4 守るべき想い
心霊探偵 八雲5 つながる想い
心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆』、
心霊探偵八雲6 失意の果てに
心霊探偵八雲7 魂の行方』に続いての、
シリーズ、9作目ですねぇ

前作のあとがきにて、
『物語はクライマックスへ突入!期待せよ!!』
なーんて書いてあるものですから、
期待して読みましょうー


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

あれは、ぼくがやったのか―?

目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。
混乱する八雲の前に、制服姿の少女の幽霊が現れる。

「―赦さない」
呟く少女 を追って歩き出した八雲は、
殺人の疑いをかけられ追われることに。

一方、後藤から八雲が容疑者扱いされていると知らされた晴香は、
八雲が姿を消す直前、
あ る心霊現象の調査を依頼されていたことを突き止め…!?

追い詰められる八雲の運命は!?

大人気シリーズ、緊迫の第8弾。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


やや期待しすぎたか
いやいや、それでも十分に面白く、
やっぱり、一気読みでしたね

クライマックス突入という事で、
登場人物達は着々と完成形へと向かってるのではないでしょうかね
前回の感想記事にも書きましたが、
この八雲シリーズでは、
前々回からの6・7と、
どんどんと登場人物の相関図が変わっていっており、
今作も、後藤刑事にも大きな岐路が・・・
それに合わせて石井刑事の成長も目に見えてはっきりしてきましたね
八雲と晴香、二人の縮まらないモヤモヤ距離感は健在ですが
しかしまぁ、八雲の想う人はやはり1人だけだったという事が、
明確になりますしね

そして、今回もまた、
八雲に関わる謎が一つ明らかになってきます

して、今作は、
珍しく主人公八雲視点で物語が始まります
てのも、いきなり自分が血まみれの死体のそばで目を覚まし、
記憶があいまいのまま殺人犯かと疑われ逃亡
とまぁ、どこなーく、既視感アリアリの展開で始まる訳なのですが、
視点が八雲で、心理描写もあるので、
その点では、新鮮味がありましたね

容疑者・八雲で進む物語
警察に追われる八雲は、
自分で真相を突き詰めようと動くのですが、
何度も、かなりのピンチに見舞われます
その時、もちろん後藤刑事は八雲の見方に付き、
かなりの無茶を断行するのですが・・・
正直、この展開の緊迫感・切迫感がちょっと物足りなかったかな

これまた、前回の感想記事にも書きましたが、
この八雲シリーズを、ミステリー作品のような謎解き感覚ではなく、
エンターテイメント作品として読んでるので、
いよいよ捕まってしまうという、こんな面白くなりそうな場面を、
後藤刑事の力技であっさりと逃げおおせてしまうのも、
ちょっと、もったいないかな?とね

してして、終盤、
まぁ、すべては解決、
無茶した後藤は、大きな代償を払う事となり、
物語は進むのですが、
前作と今作のクライマックスに必ず絡む、
八雲の天敵、七瀬美雪
彼女の無双っぷりは、もうお腹いっぱいですね
そろそろ、その辺りにも、
心霊探偵八雲シリーズのクライマックスに近づいているなら、
決着してほしいと思う所

今作のあとがきにも、
『待て!しかして期待せよ!』って
じゃぁ、次作、またまた期待して読みましょう
(その内に・・・








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 神永 学 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】心霊探偵八雲7 魂の行方/神永 学

心霊探偵八雲7  魂の行方 (角川文庫)心霊探偵八雲7 魂の行方 (角川文庫)
(2011/10/25)
神永 学

商品詳細を見る
220.心霊探偵八雲7 魂の行方/神永 学


久々の、心霊探偵八雲シリーズです

みかん日記としては、
心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている
心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
心霊探偵八雲3 闇の先にある光
心霊探偵八雲4 守るべき想い
心霊探偵 八雲5 つながる想い
心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆』、
心霊探偵八雲6 失意の果てに』に続いて、
シリーズ、8作目ですねぇ

前作で、主人公八雲に関わりのある人物の相関図に大きな変化もあり、
更には、父の秘密が明らかになりで、
そこから、どう物語が展開していくのか
今作から、新章へ突入か?と、勝手に思っております私
はてさて、どんな物語となってますでしょうかねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

友だちが、神隠しにあった──晴香のもとに、
助けを求める電話をかけてきたのは、
晴香が以前、
教育実習の際に担当となったクラスの児童・大森真人だった。

それを聞いた八雲は調査のため一路長野へ向かう。

一方、石井のもとには、
護送車が事故を起こしたとの緊急連絡が入った。

その車は、あの七瀬美雪を乗せていたというが……!? 

2つの事件の舞台は、
鬼が棲むという伝説が伝えられる信州鬼無里へ! 

新展開のシリーズ第7弾。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


いやはや、相変わらずの上質なエンターテイメント作品
一晩で一気読みでした

シリーズものとは言え、
各登場人物が、
ここまで変化というか、
成長していく物語ってのも珍しいのではないでしょうかね?

まぁ、先に書いたように、
前作で大きな変化点があったので、
その影響ってのは大いにあると思いますが、
主人公・八雲は赤い左目を隠すのを止め、
自分の能力を受け止め、
その運命に立ち向かう姿勢を見せるようになり、
刑事の後藤は、
家庭を顧みない、一匹狼あらくれ刑事だったのですが、
奈緒を引き取る事によって、
すっかりデレデレ育メンパパになっちゃいましたし、
ズッコケ石井刑事も、
回を重ねる毎に成長し続けてますね

てことで、8作目ともなると、
主人公のみならず、それぞれのサブキャラの個性もしっかりしてきて、
(てか、濃いキャラが多いですしね)
それぞれの物語も楽しめるようになってるので、
シリーズを通してみてるファン(私)には、
ホント楽しめるのですが、
逆に、今作から手に取るってのはやはり楽しさ半減でしょうね
もちろん、今作から読んでも問題の無い作りにはなってますが

して、物語の展開ですが、
4作目で登場した真人の危機を聞きつけ、
舞台は長野へ
そこで調査を続けるうちに、
八雲の父親の出生の秘密も解り、
また、今回も八雲を取り巻く謎の一つが解明されることに
しかしまぁ、作品のジャンルは、
すっかりエンターテイメント作品なっちゃいましたかね
シリーズ序盤の頃は、
ホラー風味のミステリー作品と呼べる、
トリックだったり、しどろおどろした描写だったりがあったと思うのですが、
そんな感じではなくなっちゃいましたかね
まぁ、それでも十分面白いのですがね


してして、最後の作者のあとがきに、
物語りもついにクライマックスに突入と。。
待て!しかして期待せよ!
との言葉が
そんな文句が書いてあったら、
むしろ待ちきれませんよねぇ
てことで、早速、『八雲8 失われた魂』を読んでる最中です



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの神永 学

186.【小説】心霊探偵八雲6 失意の果てに/神永 学 (2014.8.2)
185.【小説】心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆/神永 学 (2014.7.31)
154.【小説】心霊探偵 八雲5 つながる想い/神永 学 (2013.11.8)
153.【小説】心霊探偵八雲4 守るべき想い/神永 学(2013.11.4)
152.【小説】心霊探偵八雲3 闇の先にある光/神永 学 (2013.10.31)
151.【小説】心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの/神永 学 (2013.10.24)
150.【小説】心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている /神永 学 (2013.10.22)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 神永 学 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】心霊探偵八雲6 失意の果てに/神永 学

心霊探偵八雲6  失意の果てに(上) (角川文庫)心霊探偵八雲6 失意の果てに(上) (角川文庫)
(2010/09/25)
神永 学

商品詳細を見る
186.心霊探偵八雲6 失意の果てに/神永 学


前回の読書日記に続いての、
心霊探偵八雲シリーズ作品

みかん日記としては、
心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている
心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
心霊探偵八雲3 闇の先にある光
心霊探偵八雲4 守るべき想い
心霊探偵 八雲5 つながる想い
心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆』に続いて、
シリーズ、7作目ですねぇ

また、個人的には、
に続く、シリーズ作読破になりますねぇ

しかしまぁ、この八雲シリーズについては、
今現在で、ナンバリング作品は9作、番外編で3作、
計12作品もありやっと折り返したぐらいで
まだまだ、八雲の世界を楽しめると思うと、
楽しみな限りですねぇ

してして、前回は番外編『心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆』を読み、
これまでの作品にはなかった感動を味わったのですが、
今作は、どんな展開が待ち受けてますでしょうかね?


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

“絶対的な悪意”七瀬美雪が逮捕され、
平穏が訪れたかに思えたのもつかの間、
収監された美雪は、自ら呼び出した後藤と石井に告げる―

私は、拘置所の中から 斉藤一心を殺す…。

拘束された身である美雪には、
物理的に不可能な殺人の予告。

しかし、彼女の目はなぜか自信に満ち溢れていた。

本当にそんなことが可能な のか!?後藤は疑心にかられつつも、
一心を守ろうと決意する。

八雲の叔父を狙う、美雪のその真意とは―。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


これまで読んできた中では、
シリーズ最高の感動でした

いやはや、今作は、
シリーズ作品としては、
かなり重要なターニングポイントになる作品なのではないでしょうかね?
一応、ネタバレ無しで感想を綴ってますので、
あまり語れないところですが、
ホント、そこにメスを入れちゃうか
という、ホントにシリーズファンにはまさかの展開と、
これまで謎だらけだった、
八雲の父親でもある、両目が赤い男。
コイツの正体についても語られるのですねぇ

この2点に展開(真実)には、驚愕の一言で

しかしまぁ、読んでる途中から、
ある程度結末が読めてしまいますが、
ファンとしては、
やっぱりそうなってしまうであろう展開は受け入れたくないという感情から、
最後まで、もしかしたら・・・を期待して読んじゃいますが、
まぁ・・・・
特に、前回『心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆』を読んでますから、
全てがハッピーエンドに収まらない、
シリアスな現実を突きつけられる作品であるという事も解ってますから、
なおの事、やはりそうなるか・・・とね

しかし、そうやって読める展開であっても、
感動は収まらないですよね
孤独と悲劇を抱え込む八雲、
血の繋がりのない妹、
お節介な刑事に、八雲を想う女性の存在、
そんな彼らを繋ぎ合わせ、そして包み込んでいた僧侶、
全てを、成長させ、よりいっそう強い絆で結ばせるという、
ホントに素敵で涙の感動作品でした

そして、もちろんそんなドラマ的な物語ばかりではなく、
ミステリー作品ですから、事件が起こるのですが、
ま、その事件が感動のドラマの始まりなのですが・・・
正直、ミステリー作品としてはパンチは弱いでしょう
事件の真犯人であったり、トリックであったりは、ふーん。程度で
てか、捜査中の刑事達が、
そんなことで、あたふたとすんなよと、突っ込みを入れたくなっちゃたり

まぁ、やはり今作は、ミステリーというより、
ドラマ的な部分が強いので、
そんなトリックがつまらない。なんていう文句なんて吹き飛びますけどね

更に、先に述べましたが、
これまでのシリーズ作品の事件にちょこちょこ絡んできた黒幕、
両目の赤い男ですが、コイツの真実が解るという爆弾もありますしね
この爆弾は結構破壊力ありますね。。。
まぁ、『心霊』探偵ですから、無しじゃないけど、
なんか一線超えちゃったかなぁー・・・なんて


てことで、次回作からの展開が大いに気になる、
ホント、6作目にして大きな転換を迎えた作品でしたね




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの神永 学

185.心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆
154.心霊探偵 八雲5 つながる想い
153.心霊探偵八雲4 守るべき想い 
152.心霊探偵八雲3 闇の先にある光 
151.心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
150.心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 神永 学 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆/神永 学

心霊探偵八雲  SECRET FILES 絆 (角川文庫)心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫)
(2009/10/24)
神永 学

商品詳細を見る
185.心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆/神永 学


みかん日記としては、
心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている
心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
心霊探偵八雲3 闇の先にある光
心霊探偵八雲4 守るべき想い
心霊探偵 八雲5 つながる想い』に続いて、
神永 学さんの大人気シリーズ、
心霊探偵八雲・6作目ですね

シリーズナンバーが付いてる、
『心霊探偵八雲6 失意の果てに』が順番通りなのでしょうけど、
私としては文庫版の発行順で読んでるので、
間を今回の番外編(外伝)を手に取ることに

今作は、主人公・八雲の過去。
中学時代を描いたものってことで

シリーズにすっかり嵌ってる私としては、
あのひねくれ八雲の過去はいかがなものか
楽しみに手に取った次第で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

一心の口から語られる驚くべき八雲の過去に、晴香は涙する―

中学教師の高岸明美は、
他人を寄せ付けず、
寂しげな目で教室にたたずむ1人の少年のことが気に なっていた。

彼の名は斉藤八雲。“幽霊が見える”と噂され、
クラスメートから疎まれる孤独な少年を、
明美は必死に理解しようとするが…

迫りくる恐るべき事 件の影、
その先に待ち受ける最大の悲劇、
その時八雲は!?

謎に包まれた過去が明らかになる、
衝撃の八雲少年時代編。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


シリーズの好きには必見の番外編ですねぇ

主人公・八雲の人となりが少しでも解る、
痛くもあり、切なくもあり、そして悲しい物語でしたね

八雲の性格としては、
かなり淡白で、つっけんどんで、自己中心的で、
でも、心の奥底(本心)では、
誰よりも熱くそして、優しい心をもってるというキャラですが、
今回の八雲は、中学三年という最も心の葛藤がある時代

母親に殺されかけた経験、
見えざるものが見える赤い目の存在、
それらが、八雲の心を深く閉ざし、
心根の優しさも無く、自身の存在価値も見出せない、
正に、孤独を抱える青年。

そんな八雲と向き合おうとする担任教師の物語なのですが、
そこには、もちろんシリーズ定番の、
僧侶の一心、刑事の後藤、
そして、異母妹の奈緒も絡んでくるのですが、
ホント、全てがハッピーエンドでは無い、
シリアスな現実を迎える物語だからこそ、
血のつながりこそ無いサブキャラ達と八雲との、
正に、作品のタイトルにある『絆』がはっきりと伝わる作品でしたねぇ

とまぁ、ホント、ドラマ性の濃い、
感動必須の作品でしたね
ますます、八雲という作品に嵌ってしまいますね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの神永 学

154.心霊探偵 八雲5 つながる想い
153.心霊探偵八雲4 守るべき想い 
152.心霊探偵八雲3 闇の先にある光 
151.心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
150.心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 神永 学 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】心霊探偵 八雲5 つながる想い/神永 学

心霊探偵八雲5  つながる想い (角川文庫)心霊探偵八雲5 つながる想い (角川文庫)
(2009/06/18)
神永 学

商品詳細を見る
154.心霊探偵 八雲5 つながる想い/神永 学


心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている
心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
心霊探偵八雲3 闇の先にある光
心霊探偵八雲4 守るべき想い』につづく、
神永 学さんの八雲シリーズ第5弾

八雲シリーズを5作品まとめ買いをし、
シリーズ一気読みしておりましたが、
私が現状で手元にある八雲作品としては、
最後の1冊です

シリーズを通して、
とっても読みやすい作品で、
展開もわかりやすく、スピーディなので、
いづれの作品も一気読みでしたが、
4作品も立て続けに読んでると、
話に多少のマンネリ化も感じ始めての5作目ですが・・

はてさて、今回はどんな展開が待ってる作品なのでしょうかね
やっぱり、楽しみに手に取った次第


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

八雲が消えた―!?

15年前に起きた猟奇殺人事件の現場で、
ビデオカメラに映り込んだ、
恐ろしい形相をした女性の幽霊。

八雲は相談を受けるが、
その映像を見たとたん、なぜか突然姿を消してしまう。

一方、時効成立間近に姿を現した、
殺人事件の容疑者を追う後藤刑事までもが行方不明に。

いったい2人はなぜ姿を消し、何処へ行ってしまったのか!?

今、晴香の命をかけた八雲捜索が始まる―

大人気シリーズ、緊迫の第5弾。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


これまでにない話の展開で、
見事にマンネリ打開でしたねぇー
面白かった

これまで、物語の核であった主人公・八雲に、
事件をひっぱる後藤刑事、
この二人が物語の序盤から行方不明にるという、非常事態

では、誰が今作『心霊探偵八雲5 つながる想い』をひっぱっていくのか?
なんと今作は、
トラブル持ち込み人、ヒロイン晴香と、
ズッコケ担当(ボケ担当?)、刑事石井なのですねぇ

これまでは2人とも、
常に、八雲に助けられ、後藤に引っ張られと、
完全に、物語に花を笑いをと一味添えるサブキャラだったのですが、
この2人がメインで、それぞれのやり方で、
事件を追い、行方不明となった八雲と後藤を探しだすのですねぇ

物語の主軸だった2人が完全に入れ替わった展開となってるので、
前4作品とは、完全に一風変わった作品となってましたね
まさに、マンネリ展開打開でしたねぇ

特に、石井刑事の成長ぶりはなかなか
後藤刑事が行方不明となり、引っ張ってくれる上司がいなくなった時の、
石井刑事のネガティブ思考には、
読んでいて本当にイライラさせられましたが・・・
それでも支えてくれる、記者の土方、
叱責してくれる、晴香、
任せてくれる、後藤の奥さんにより、
下ばかりを見てた、石井刑事の目が覚めるのですねぇ

ふっきれた石井刑事の行動力は半端無く猛進、
晴香も、八雲も見つけ出す為無我夢中に手掛かりを追い、
無事、2人を救出
事件の真相もみえたかに思えましたが、
八雲、復活早々に、
事件のどんでん返しが始まるのですねぇ
このあたり、ミステリーとしてもとっても楽しめますね

事件の真犯人に、さらにその裏に見え隠れする黒幕の正体にと・・

5作目にして、大きな成長と遂げた、
晴香と石井刑事に、
シリーズ通しての謎の男にも肉薄しており、
ココに来てなお、シリーズ作品として、
盛り上がってきておりますね
4作目を読んだ感想に、マンネリ化なんて言葉を使ってしまいましたが、
失礼千万でした


シリーズとしては、現状で9作目まで出ており、
(外伝をあわせれば、10作)
まだまだ、折り返し
次作、『心霊探偵八雲6 失意の果てに』
また、手に取る時が楽しみです



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの神永 学

153.心霊探偵八雲4 守るべき想い 
152.心霊探偵八雲3 闇の先にある光 
151.心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
150.心霊探偵八雲1赤い瞳は知っている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 神永 学 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT