くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】GOSICKⅢ -ゴシック・青い薔薇の下で-/桜庭 一樹

GOSICK 3 ゴシック・青い薔薇の下で (角川文庫)GOSICK 3 ゴシック・青い薔薇の下で (角川文庫)
(2010/01/23)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
190.GOSICKⅢ -ゴシック・青い薔薇の下で-




あまり、間を空けることなく、
ちょこちょこと1作目から読み進めてますが、
個人的には、
サクサクっと読める、ちょうど良いライトなミステリ作品で、
ある意味、小休止的感覚で読んでたりだったり


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

“青い薔薇”を買ってきてちょうだい
―故郷にいる姉の頼みで、
首都ソヴレムに出かけてきた一弥は、
巨大高級デパート“ジャンタン”で、不気味な体験をし た。

街に流れる“人間消失”の噂、
異様な計算能力を持つストリートチルドレン

―深まる一方の謎を抱え、
一弥は風邪で寝込んでいるヴィクトリカに電話をす る。

“知恵の泉”は距離の壁を超え、
難事件を解決できるのか…!?

大人気ミステリシリーズ、胸騒ぐ第3巻。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


ちょうどよいボリュームで、
ほどよいミステリーで、
素敵なキャラクター達で、
小休止的な読み物としては、やっぱり良いですねぇ
(別に、悪い意味ではないですよ
安定して、面白い作品です

作品は、
番外編(?)も含めると10作品以上あり、
大人気シリーズとなってますね
作品ごとに、いろんなパターンの事件と物語(ドラマ)があるんだろうな、
と、読むのに期待してしまうところで、
今回は、探偵『天才美少女ヴィクトリカ』と
ワトソン『草食系日本男児・一弥』が、
離れ離れとなって、
一弥が事件に巻き込まれるという展開

そて、一弥が困って、電話でヴィクトリカに助けを求め、
ヴィクトリカは、電話口で事件を聞いただけで、一発解決
とまぁ、予定通りの展開ではあるのですが・・・

やはり、話の展開が面白いですね
いつも一緒に事件に巻き込まれるヴィクトリカに変わり、
今回は、ヴィクトリカの義兄のグレヴィール刑事であったり、
この、グレヴィール刑事のキャラも面白く、
また、今作では特徴的な髪型の秘密も判明するという楽しみもありで

病床にあるヴィクトリカを振り回す(振り回される)、
一弥とのやりとりも、やっぱり面白く、可愛いらしく、萌えるところで


また、次回第4弾はどんな展開が待ってるのか、
楽しみなところで



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


180.GOSICK II -ゴシック・その罪は名もなき-
172.GOSICK ―ゴシック―

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 桜庭 一樹 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】GOSICK II -ゴシック・その罪は名もなき- /桜庭 一樹

GOSICK II ──ゴシック・その罪は名もなき──: 2 (角川文庫)GOSICK II ──ゴシック・その罪は名もなき──: 2 (角川文庫)
(2012/09/01)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
180.GOSICK II -ゴシック・その罪は名もなき- /桜庭 一樹




真面目でやさしい少年と、
天才ツンデレ美少女の、
冒険ミステリー

個人的には前回・前々回と、
かなりの長編大作を続けて読んだので、
ちょうど手ごろで、ライトなミステリーを楽しもうかな
ってな所で


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

「“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する」

不思議なその広告を見たヴィクトリカは夜、
学園を抜けだし山間の小さな村にやってきた。

時 が止まったようなこの地で、またも起こった惨劇。

それは、かつて彼女の母・コルデリアが
巻き込まれた事件と呼応するかのように続いてゆく。

そして、最後に ヴィクトリカが見抜いた真実とは…!?

直木賞作家がおくるダーク・ミステリ待望の第2巻登場。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


相変わらずの、
独特で素敵な世界観をもった作品ですねぇ
世界大戦後のヨーロッパの小国で、
正に『萌える』という言葉がぴったりな美少女探偵『ヴィクトリカ』と、
帝国軍人の厳格な家庭に生まれた、草食系少年『久城 一弥』が、
出会う、ちょこっとの青春ありきの冒険ミステリー

やっぱり、この作品の魅力は、
美少女探偵とワトソン少年のキャラにあるでしょね
秀才のヴィクトリカに、小バカにされ続ける久城で、
謎(ミステリー)がでてくると、
ヴィクトリカには全く適わないのですが、
いざ危険が迫るという時には、軍人の息子とだけあって、
小動物的ヴィクトリカを守る久城

ほぼ前作と変わらない流れ、やりとりだったりしますが、
それが安定して面白いのですがね
まぁ、二人の仲も、
わずかながらも進展があったりもしますしね

そんな登場人物達の魅力は十分だったのですが、
今作は、話の核となるミステリーが、
あまりにも貧弱な感じで

未だ多くの謎に包まれてる、ヴィクトリカの素性。
そんなヴィクトリカの母に対して起こった事件の謎を求めて、
始まったミステリーなので、
深ーい物語を期待してしまうのですが、
これがなんともねぇ
肩透かしの、ちょっと残念な内容となってますかね

しかしまぁ、まだまだ長いシリーズ作品なので、
先々の物語、展開に期待ですかね





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


172.GOSICK ―ゴシック―

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 桜庭 一樹 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】GOSICK ―ゴシック―/桜庭 一樹

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
(2009/09/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
172.GOSICK ―ゴシック―/桜庭 一樹


また、新たなシリーズ物に手をつけてみました
桜庭 一樹さんの『GOSICK』

シリーズは13作(『GOSICKs』を含む)もでており、
漫画化・アニメ化もされてる
人気シリーズ

まぁ、小説の表紙からもなんとなく世界観が伝わってきますが、
どういった作品なのか、
楽しみに手に取った次第ですねぇ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。

極東の島国から留学した久城一弥は、
聖マルグリット学園の図書館塔で
奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。

彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、
ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、
そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。

やがて彼ら自身に危機が迫ったとき、ヴィクトリカは―!?

直木賞作家が贈る、キュートでダークなミステリ・シリーズ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


正に、表紙のイラストと、
あらすじであるとおり、
いかにもなヨーロッパのメルヘンちっくな世界観をもつ作品ですが、
結構、無残な殺人が起きるという、ミステリー小説

まぁ、ミステリー小説といっても、
複数の伏線あり、トリックあり、驚きあり・・・
っていうものではなく、
二人の少年・少女の冒険ミステリー的な感じですかね
作風も、ライトノベル的な感じなので、
作品自体はとっても読みやすかったです
(てか、この作品は、ライトノベルなのですかね?)

また、世界観もそうですが、
登場人物たちのキャラも個性的で、
作品を面白くしてますねぇ
まず作品の主人公(探偵役)の少女・ヴィクトリカが、
いいキャラしてるのですよねぇ
まさに表紙のイラスト(シルエット)から感じ取れる、
ツンデレ秀才お嬢様って感じで、
論理的な思考回路でなのですね。
ワトソン役となる、
もう一人の主人公・やさしくまじめな草食系・久城一弥を、
小バカにするようなやりとりばかりなのですが、
そん中で、一弥の優しさ・根の強さに触れて、
垣間見せる、ヴィクトリカの素の感情や態度と言葉が、
なんとも、可愛らしく、萌えるのですねぇ

まぁ、ミステリとは無縁のところですが、
そんな所が結構面白かったりしましたね

長く続いている、人気シリーズなので、
そんな二人の今後の進展や、
まだまだ、謎の多いヴィクトリカの素性等、
楽しみな次第ですねぇ

また、近々続編を読みたいと思います














最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 桜庭 一樹 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |