くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】のぼうの城/和田 竜

のぼうの城 上
295.のぼうの城(上・下)/和田 竜


歴史物は苦手
私がブログ内では、一貫して言ってる事でありますが、
学生の頃から、歴史・世界史はさっぱりな私
その為、映画にしろ、小説にしろ、
個人の趣味の中でも、歴史物は敬遠しがちであるのですが・・・

また、手にとってみました歴史小説
これで、(たぶん)2作品目ですかね
村上海賊の娘』に続いての、
またまた、和田竜さんの作品『のぼうの城』

映画版を何年か前に見ており、
(その時の記事はコチラ
おおまかなストーリーは解っているのですが、
てか、あえて解ってるからこそ、
苦手分野でもさっくり読めるかなとも思いまして


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は
関東の雄・北条家に大軍を投じた。

そのなかに支城、武州・忍城があった。

周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。

秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、
その数、僅か五百。

城代・成田長親は、
領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。

武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、
なぜか領民の人心を掌握していた。

従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した四十万部突破、
本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg 
(みかん的評価についてはコチラ


いやはや、苦手分野といいながら、
上下巻を一気読みの、
秋の夜長に早速寝不足の私であります
てことで、面白い

しかしまぁ、その一気読みも、
私としては、先に映画版を見ており、
大まか流れを知っていたからというのもあるかなと

本当に、歴史オンチの私は、
たぶん有名であろう近作の舞台『忍城』の存在など全く知らず、
石田三成という人物の名前ぐらいは知ってますが、
今作の『忍城の戦い(水攻め)』という戦自体、
今作を知るまでは、全く知らない戦でしたしね
もちろん、どういった意味合いのあった戦であったかも、あやふやで
そもそも、豊臣秀吉が、『水攻め』という、
大胆な戦法を使うなんて事すら、知らない私でありましたからね

てことで、
やはり先に映画版をみて、
豊臣側と、忍城にて篭城戦を行う、
成田家側の相関関係が解っていたのも大きいですし、
やはり、水攻めという当時の戦では、
規格外の戦法がどのくらいの迫力であり規模であったのかが、
やはり映像で見ていたので、
小説でもその描写がすっと頭に入って描けたという感じがありましたね

まぁ、そうでなくても、
和田 竜さんの書き方が上手く、読みやすく、
エンターテイメント作品として、仕上がってますから、
歴史・史実、云々はなくとも、楽しめそうな作品でしたけどね
序盤では、こまごまと、事実に基づく、薀蓄が程よく入れられてますしね

さて、作品の内容自体ですが、
主役の『(でく)のぼう様』と農民からも愛されて呼ばれる、
城主・成田長親の話ではなく、
敵軍の主将・石田三成について思う事が

映画版の時の記憶がほぼ無いのですが、
やっぱり『のぼう様』の魅力にとらわれていたなぁー。と、思う次第ですが、
小説版で読んでると、
石田三成の自己中っぷりが気になって

石田三成は、
戦にロマンを求めすぎキャラになってましたねぇ
側近の言葉に耳を貸せば、勝てた戦じゃなかったかとね
小説を面白くするための、
フィクション設定であるなんて解りきってますが、
戦をするようにけしかけたり、
(秀吉の戦のっぷりの)憧れから水攻めをしたり、
戦争が始まっても、成田長親の人物像をきにしたり、
田楽踊りの意図を知りたがったりとかね
まぁ、自己中というより、純粋キャラだったかな

のぼう様キャラも際立つ作品ですが、
敵軍の石田三成についても、
小説版ではキャラが際立っていたかなという感じでしたね

まぁ、両軍の主将がそんな魅力的人物であるので、
なお更、面白い作品になりますよねー
それは、


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


179.【小説】村上海賊の娘/和田 竜 (2014.6.10)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 和田 竜 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】村上海賊の娘/和田 竜

村上海賊の娘 上巻村上海賊の娘 上巻
(2013/10/22)
和田 竜

商品詳細を見る

179.村上海賊の娘/和田 竜


2014年第11回・本屋さん大賞受賞作
本読み者ならば、誰もが知ってる、和田竜さんの話題作ですね

この超話題作が読みたくて、
文庫前に手にとってしまいましたねぇ

しかし、私としては、
和田竜さんの作品が初めてなら、
歴史小説というジャンルの小説を読むのも初体験でして
そもそも、私が歴史というのが苦手ということもあり、
歴史小説というジャンルの小説は、
小難しそうで、読みにくそうで、つまらなそう。。。
という勝手なイメージがありまして
完全に敬遠していたジャンルの小説です

が、ここ最近、歴史映画を見るようになり、
天地明察』『のぼうの城』といった、作品に触れ、
普通に面白く、原作を読みたいという思いにかられてました

そこに来ての、
今作『村上海賊の娘』の本屋さん大賞受賞
読もうと思うには十分な後押しでしたね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺。

海路からの支援を乞われた毛利は村上海賊に頼ろうとした。

その娘、景は海賊働きに明け暮れ、
地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女だった…。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg 
(みかん的評価についてはコチラ


面白い
ハードカバーで上下巻とある、
かなりの長作ですが、一気読みでしたねぇ
前回の『屍鬼』からの、眠れぬ日々が続いてました・・・

先に書いたような、
私的歴史小説イメージなんて完全な勘違いでしたね
ホント、この『村上海賊の娘』は読みやすく楽しませてくれました
しかしまぁ、
それは和田竜さんの作品がそういう感じなだけかもしれませんが。。。

てのも、作品は、
『木津川口の戦い』をメインに、
実際の史実を元に作られており、
物語が展開する、要所要所で、
史実ではこうなっていた。とか、
この場所は今でいうと、どこどこの地域あたる。とかとか、
歴史の解説が、入ってくるのですね

まぁ、この書き方というのは、和田竜さん独特の作風だと思うのですが、
歴史に疎い私としては、有り難い解説で、
特に舞台は私の馴染みある瀬戸内海なので、
今で言うどこそこ。という解説は地理が創造しやすく、
作品に入り込める一因となってましたね

しかしまぁ、
正直、この作品は、そんな細かな歴史うんぬんを知らずとも、
私のように、歴史嫌いであろうとも、
全く関係なしに楽しめる物語になってますがね
なので、本屋大賞にも選ばれたのでしょうけど

要は、村上海賊の党首の娘の戦国無双。って思ってもらえたら
チョーざっくりですが

後半(下巻)からの、
2大海賊同士の戦いは読んでて手に汗握ります
海戦という戦略、船上という戦い方、海賊という性格、
全てが見事に描かれており、圧倒されますし、
展開も、2転3転
ホント、読む手がとまりません

が、4転5転としていくウチに、
歴史小説という史実に基づいた物語ってのが、やや邪魔をして、
フィクション過ぎないか・・・って思っちゃたりもしましたが
主人公と、相手海賊のボスとの無双過ぎるバトルがね

まぁ、そんな些細なクレームはおいて置き、
とっても、面白い作品でした

和田竜さんの、脚本家を目指していたという経緯からと、
今作の作風からといい、
映像化されそうな気配満点ですが、
私としては、
映像化された迫力の海戦を見てみたいと思いますので、
期待して待ってたいですね















最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 
 

| 和田 竜 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |