くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】覆面作家/折原 一

覆面作家 (光文社文庫)
297.覆面作家/折原 一


ホラーゲームの後は、
ホラーミステリーってね
みかんの今年の秋の夜は、毎日がホラー祭りでありましたな

といっても、今作はホラーといっても小説
更に、作者は折原 一さん
個人的には、作品を読むのは2作目になりますが、
(過去に読んだ、折原 一さん作品は記事最下部のリンクよりどうぞー)
折原 一さんといえば、『叙述トリック』

いかに読者を欺こうかと、驚かそうかと、
試行錯誤された作品が多く、
そのために、小説自体も、かなり変化球的な作りになってたりですが、
まぁ、そんな今作も作風が惜しみなく出てる一作で

なので、作品紹介でも『傑作ホラー』なんて書いてありますが、
正味、ミステリー要素が強い作品でありましょうね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

顔に白頭巾をかぶってひたすらワープロを打ち続ける男。

行方不明だった推理作家・西田操は七年ぶりに帰還して、
長編『覆面作家』の執筆にとりかかった。

それが、増悪と殺意の渦巻く事件の発端だった。

劇中の小説と現実が激しく交錯し、
読者を夢魔の世界に誘いこむ、傑作ホラー。

真相は覆面作家だけが知っている。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg 
(みかん的評価についてはコチラ


先に書いたにように、
かなりトリッキーな作りになっており、
覆面作家という小説内に、
覆面作家というタイトルの小説が描かれ、
その内容と平行して、
現実の作者にも、小説に書かれた内容と同じような現象が起こる。。。

という、劇中の小説があり、2重構造といいましょうか、
解りやすっく何かあるという作り

更には、覆面作家というタイトルの作品を執筆している、
作者自身も、過去に起きた事故のせいで、
全身火傷で、実際に覆面をしているというところもミソでありまして・・・

現実と仮想(小説)が入り組み、
劇中作の『覆面作家』の作者も覆面をしているために、
真実の作者は誰なのかも、
2重3重での罠がありまして・・・
これを、叙述トリックと言っていいのかナゾではありますが、
単純に解りにくい作品かなと

もちろん、
そんな構造になってるにも関わらず、
(いや、なってるからこそ?)
展開はコロコロと変わっていき、
先が先がと気になる作品になってるのは、流石の筆力

作品を読み進めてると、
劇中作の覆面作家が描かれた後に、
現実世界の物語が小説内と同じ事が起こるという怪現象が・・・展開なので、
読者は、
起こりうる未来を読んで、現実世界ではどうなる
という読み方となるのですが、
この作りに、ワクワクして読み進めてましたねぇ

『叙述トリック』の折原 一さんですから、
その読ませ方が、実際の時系列ではどうなのかなんて、
考え始めると、完全に術中に嵌っていくのだろうなぁー
なんてのも思ってましたね

まぁ、しかしながら、
正直、結末(真相)に至ったては、
私では、全てが理解・納得
見たいな事には、なりませんでしたね
これは、単純に私が作品の真相を理解できなかっただけなのですけどね
私には、ちょっと捻りが強すぎましたかね
ラストだけ、2・3回読み返して少し理解したかなぁー・・・ってね


しかしまぁ、
作風自体は大好きですし、面白い
まだまだ、他のたくさんの作品を読んで、
折原ワールドに嵌っていきたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの折原 一

210.【小説】黒い森/折原 一 (2014.12.30)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 折原 一 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】黒い森/折原 一

黒い森 (祥伝社文庫)黒い森 (祥伝社文庫)
(2010/08/31)
折原 一

商品詳細を見る
210.黒い森/折原 一


折原 一さん、初読みです

少し前に、私のようなブログでも、
懇意にしてくださってる方からの紹介で、
知った作者さんでして、
調べてみると、日本を代表する叙述トリック作家さんだと
おぉ、まさに私好みっぽい

てことで、ずっと気になっていた作家さんです
が、代表作やら有名作なんてのは、それ以上は調べず、
本屋にて感覚的(直感的)に選んだのがこの『黒い森』

いやー、表紙絵をみてなんじゃこりゃ?
と思うと同時に、なかをパラパラと捲ってみると、
袋とじはあるし、
文が逆さまになってるしで、
いかにもトリッキーな作品
して、即決でしたね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

「ミステリー・ツアーの目的地で待っている」

駆け落ちする二人の恋人に、
同じ内容のメールが届いた。

行き先は、樹海の奥、作家が家族を惨殺したと伝えられる山荘。

ツアー客が一人、また一人と樹海の闇に消えてゆく中、
恋人が待つ目的地へ辿り着けるのか?

そして山荘の固く閉ざされた一室で待つものとは…。

仕掛 け満載、心拍数急上昇のサスペンス・ミステリー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


小説ってのも、
ホント色々な形があるものなんですねぇ
倉阪鬼一郎さんの、
三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』を読んだ時も、
作品の作りには驚かされましたが、
この『黒い森』も同様に、
へんちくりんな作りになってますねぇ

樹海の奥のいわく付きの山荘へ向かうというミステリーツアーへと参加した、
1人の男と1人の女の物語ですが、
女性視点で描かれる、生存者編と、
男性視点で描かれる、殺人者編があり、
生存者編は表から普通に始まりますが、
殺人者編が背表紙から捲ると、
文が逆さまに書かれているので、
小説を逆に持ち裏から読んでいくという形になっているのですね

そして、2編が終わる真ん中に、
袋とじがあり、206号室編が封入されているのですねぇ

いやー、なんとも凝った作りで
しかしまぁ、そんな作りになってるからこそ、
否が応にも、2編を読み終えた後の、
206号室の物語、黒い森の物語の結末への期待が膨らみますねぇ

てか、生存者編と殺人者編が結構面白かったのですね
樹海という、入ると2度と出て来れない地へ踏み入れた、
男と女はそれぞれに、樹海奥深くにある山荘へ向かうのですが・・・

生存者編は、山荘へ一緒に向かうツアー参加者が、
1人、また1人と樹海という森に飲み込まれ脱落していき、
主人公の女性もまた、ツアーコンダクターを見失い樹海をさ迷うのですが・・・

殺人者編は、山荘への道中、
1人、また1人とコチラは殺人が行われるのですね。
それでも、ツアーは続行され、遂にたどりついた山荘で更なる惨劇が・・・

そんな展開からの袋とじ
もう、即行で破かずにいらいでか
二人の男女の結末は
このミステリーツアーの目的は
殺人者は誰なのか

物語の展開といい、
作品自体の作りといい、
結末への期待値MAXで開封

てな、そんな感じで期待が膨らみ過ぎてしまったか・・・
テンテンテン。。。。

いや、面白いんですよしかし、驚きはせずかな。
やっぱり、期待しすぎてしまった感は否めず
また、先に色々な謎を書いてますが、
ぶっちゃけ、よめる展開ではありますからね


しかしまぁ、面白い工夫であり、
物語もそれに合うよう盛り上がりますし、
とっても、楽しめる作品でしたね

折原 一さんの作品、
今後、もっともっと読んで行きたいと思います








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg

| 折原 一 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |