くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

五色沼黄緑館藍紫館多重殺人/倉坂鬼一郎

昨日は眠れなかった・・・
やっと眠りにつけたのは午前5時前
流石に、会社ヤバイかもと思ってたけど、
以外に、なんとも無く一日こなせました

歳だ歳だとボヤいてますが、まだまだ、いけるか?
・・・・が、今日は早く寝よう


五色沼黄緑館藍紫館多重殺人 (講談社ノベルス)五色沼黄緑館藍紫館多重殺人 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る
26.五色沼黄緑館藍紫館多重殺人/倉坂鬼一郎

倉坂鬼一郎さんの作品は、私にとっては、
三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』
『新世界崩壊』

に、続く3作目

作品自体、シリーズもので登場人物等はつながってる訳でなく、
作品の中に込められた仕掛けが共通している作品です
ホントに、実に恐ろしい、超バカミス・・・・

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介

タイトル通り。
館にて、連続殺人が発生し、探偵が推理する。

ストーリー紹介は、こんな感じ
完全に手抜き過ぎますが、まぁ、いいでしょう

作者を知って、この作品はそーゆーバカミスであることを知って読む人は、
ストーリーより、別の視点での期待を持って読まれるでしょう
もはやアートバカミス最終進化型
帯の言葉ですが、まさにその通り芸術です

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリーが感想みたいになっちゃってますが
毎度、倉坂さんの作品には、驚かされっぱなしです

既に同系の作品を読むのは3作、
いい加減、そーゆー目で見てしまうので、
多少、楽しみは薄れるのではと思ってましたが、
これは、とんだ勘違いでした

何重にも仕掛けられたトリックは、
何一つ見破れず、まさに驚愕
『テキストを過剰に支配する作者』
という、一文がありますが、
ホント支配しすぎ・・・・

ホント、面白い作品(芸術)です
是非、一読を


しかし、次作はあるのでしょうかねぇ?
ほんと、やりつくした感はありますが
今後の動向に期待ですね

五色沼黄緑館藍紫館多重殺人 (講談社ノベルス)

中古価格
¥366から
(2012/2/15 22:05時点)



新世界崩壊 (講談社ノベルス)

中古価格
¥350から
(2012/2/15 22:06時点)



三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)

中古価格
¥531から
(2012/2/15 22:06時点)


| 倉阪 鬼一郎 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新世界崩壊/倉坂鬼一郎

昨日、今日と姉と甥っ子が来てました
天気もよかったので、
息子君と甥っ子で、たこあげしてきました
風も強く、よく飛んだので喜んでました


新世界崩壊 (講談社ノベルス)新世界崩壊 (講談社ノベルス)
(2010/09/07)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る
25.新世界崩壊/倉坂鬼一郎

新宿鮫シリーズに嵌ってる最中ですが、
1ヶ月の休憩中に読んでた作品より一つ
この作者『倉坂鬼一郎』さんも、私の好きな作家さんの一人
つっても、同作者の作品は『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』しか、
読んだことないのですが


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介

同作者の『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』を、
読んでいれば、この作品の大体は判るでしょう


ニューヨーク・ロンドンを股に書けて行われる、不可能犯罪
はてさて、今回、作者がしかけた罠はいかがなものか?

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
そんなバカなその2.
ですねぇ(私としては)

前に、『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』を読んだ時に、
こんな作品もあるんだと、かなりの衝撃を受けたのですが、
今回、それと判って読んだにも関わらず、
そんなバカな
といった所

講談社ノベルズの小説の体裁(?)をつかって、
上下で、物語が同時進行する箇所があるのですが、
そこに仕込まれている罠は秀逸
暗号めいた童話も挟まっており、
その謎を解いていけるのも、楽しみの一つでしょう

いやはや、
この作品を仕上げる為の労力には感服しますねぇ
それとも、難なくポンポンとこんなアイディアと言葉がでてくるのでしょうか?
実はもう一作品、同作者の『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』も、
既に読んでいるのですが、
これも、恐ろしい作品でした
それについては、また次回


新世界崩壊 (講談社ノベルス)

中古価格
¥350から
(2012/2/12 22:26時点)



三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)

中古価格
¥218から
(2012/2/12 22:27時点)


| 倉阪 鬼一郎 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人/倉阪鬼一郎

ついに12月になりましたねぇ
直にクリスマスがきて、年末・正月と・・・
なんやかんやで、2012年になるんだろうねぇ
ま、まずはクリスマスプレゼントを用意しなければ

三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)
(2009/09/08)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る
18.三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人/倉阪鬼一郎


2・3ヶ月前に、とあるサイトにて、
この作品紹介がされているのを見て、
興味を引かれて探していた作品
ひたすら、捜し求めた古本屋。(やはり、古本
そして、終ぞ見つけました
(一人、かなりテンションあがりまくりましたねぇ。
 まさに、あげぽよー・・・・・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
あげぽよストーリ紹介

芸術大学のファインアート研究会のメンバーである、
西大寺の元に、黒鳥館という洋館から招待状が・・・
不振がりつつも、
黒鳥館を訪れた西大寺は・・・
そう!殺されぽよー。しかーも、密室での殺人ぽよ

また、同研究会の他のメンバー達の元にも、
招待状が・・・
不振がりながらも、なぜかしらその館へ向かうメンバー・・・

んで、案の定、殺られぽよー
して、この密室連続殺人事件の真相とは

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
いわゆる、『バカミス』です。
しかも、とんでもないくらいです。
本当の、マジでの、『そんなバカな』という、結末が待ってます。
必ず必ず読み返しますねぇ。

先に、言いましたが、
とあるサイトにて、かなりの好評価を得てて、
『仮に文庫を待ってる人には、
永遠に読むことのない作品です。』
なんて事が書いてあるもんだから、
文庫かつ古本メインのケチケチみかんの私としては、
そんな事言われると、気になるし、
文庫化を待ってもダメなら、せめて古本で探してやると、
息巻いていました

そして、読破した今。
うん。
なっとく と、まんぞくと。

いやぁ、すさまじい作品でした。
ホント、作者の才能というより、努力?には感服ですねぇ
私個人としては、この作品のつくりをみて、
サウンドノベルの『かまいたちの夜』を思い出します
(この気持ち(意図)が伝わる人は、いるかなぁ

驚かされましたおススメです(ま、やりすぎ感もありますが)

三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)

中古価格
¥400から
(2011/12/2 20:44時点)


| 倉阪 鬼一郎 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |