くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【小説】恥知らずのパープルヘイズ/上遠野 浩平

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
263.恥知らずのパープルヘイズ/上遠野 浩平


やっと、手に取りました

JOJOファンである私が、
この作品の存在を知らない訳がないのですが
作品が発表された頃は、
まだ、そこまでの読書家でなかったので、
ノベライズ作品とはいえ、
当時は作品を手に取るのに多少、躊躇いがありスルーしてたのですが・・・

今では、是非とも読みたい作品リストの一つであり、
先日、遂に古本屋にて発見して、
手に取った次第で

・・・まぁ、是非読みたい作品であっても、
古本100円で手に入れるというスタンスがみかんスタイルであるのですが

して、
今作『恥知らずのパープルヘイズ』は、
みなさんご存知、
『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』
の後日談が絵柄得たスピンオフ作品
ジョジョ25周年を記念して発表された、
『VS JOJO』シリーズの第1弾ですね

しかしまぁ、
タイトルから、アツいですね
ジョジョ本編では途中リタイアした
『パンナコッタ・フーゴ』が主人公の物語

小説版JOJOという事もあって、
はてさて、どんな作品となっているのか
とっても楽しみに手に取った次第です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

これは、一歩を踏み出すことができない者たちの物語――。

多くの犠牲の末に”ボス”を打ち倒したジョルノたち。

しかし、彼らと袂を分かった少年・フーゴの物語は、
未だ終わっていなかった・・・。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


活字だけであっても、
正に、アツいアツいJOJOワールド堪能でした
とっても、面白い

少年誌の冒険譚物語としては珍しく、
仲間(主人公)を裏切るという形で、
作品からフェードアウトしていったキャラ、
『パンナコッタ・フーゴ』

作中で、仲間の下を離れた後は、
本当に一切、登場してこないというね
一度は裏切ったけど、
仲間のピンチにやっぱり帰ってきたぜ
みたいな展開なく、完結してしまうというね

中々に、斬新で衝撃的な展開で消えていったキャラだったのですが、
こうやってスピンオフとして、
主役として戻ってくるとは

『パンナコッタ・フーゴ』というキャラの性格や生い立ち、
それを反映した、特異なスタンド
ココでは、その辺りを詳細には書きませんが、
改めて、主人公として描かれた今作を読むと、
ホント魅力あるキャラクターであったのだなと

仲間とも最後まで行動できなかった男が、
改めてもらったチャンス、
チームを組み仲間を最後まで信じて、
任務を最後まで成し遂げることで、
開花するパンナコッタ・フーゴの新たな才能

挫折(裏切った)した男の、
アツいアツい物語であり、成長譚であり、JOJOでありました

また、パンナコッタ・フーゴだけの後日譚でなく、
その他の仲間の状況であったり、
当時、共に行動した仲間達の、
本編では語れなかった物語もちょこちょこ盛り込まれており、
JOJOファンには、大満足の内容でしたねぇ

活字だけで描かれるJOJOワールドも、
どこまで、再現(体感?)できるものかと思っておりましたが、
そんなもの、全くの杞憂でしてしたね
次々と出てくる、中々にエグイスタンドを持った敵たちも、
むしろ想像できて、JOJOワールドに浸れたかなぁ。とね

しかしまぁ、それはJOJOファンだからなのかなという気も・・・
そもそも、仮に今作がJOJO初見の人からすると、
どうなのでしょうね
ぶっちゃけ、面白さは半分以下なのかなぁ・・・って
物語の展開も、ファンなら、ココでその『アイテム』が出てくるか
と、衝撃展開がありますが、
知らないと、ポカーン・・・。じゃないかと思える終盤の展開がありますからね


とまぁ、人を選ぶ作品なのかもしれませんが、
JOJO好きには、間違いなくおススメできる作品でした
見逃してしまってる方は、ゼヒゼヒ







最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 上遠野 浩平 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |