くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【日記】しまなみサイクリング その2

昨日からの続き
(昨日の記事はコチラ
長男君と二人だけでやってきました、
しまなみサイクリング

しまなみサイクリングは、
全国的にもサイクリングコースとしては有名で、
成功してる事例のようで
DSC_3845.jpg
足元をみれば、
こんな標識が、一定感覚でずっとありますし、

DSC_3843.jpg
そもそもサイクリングコースにそってブルーのラインがずっとひいてあり、
全く迷う心配なしで
町や市が協力して、しまなみサイクリングを盛り上げてますねぇ

して、スタートから20分程度
DSC_3850.jpg
瀬戸内海が見える、海岸線へと出てきました
しかしまぁ、この日は写真の通りのどんより曇り空
道路状態も、前日の晩には雨がふっており水溜りが残る悪路ではあり、
絶好のサイクリング日和とならなかったのは残念

ですが・・・
更に、もう少し進むとー・・・
DSC_3855.jpg
見えてきました、一つ目の大橋
『因島大橋
空は曇り空でも、やはりこの景色は壮観

さぁ、因島大橋まで後もう一息
因島向けてゴー

DSC_3860.jpg
因島大橋入り口
因島まで、もう少しだ

が・・・
DSC_3861.jpg
あれれ
自転車降りちゃって歩いてる長男君

てのも・・・
DSC_3863.jpg
そう、坂道
ま、因島大橋を渡ろうとしてるのですから、
最後は坂道になるのは当たり前ですね
まぁ、坂道といってもそこまで厳しい坂ではないのですが、
ここまでで、既に1時間近く自転車を漕ぎ続けてるのでね

DSC_3864.jpg
無理せず、ゆっくりのんびりとね

DSC_3865.jpg
さぁ、因島大橋到着

DSC_3871.jpg
向こうへ見える因島へ
因島大橋は、しまなみ海道を繋ぐ橋としては、
唯一の自動車道の下に自転車・歩行者道がある橋になっており、
その、自転車・歩行者道ってのが、
DSC_3874.jpg
こんな感じ
まっすぐまっすぐ橋のトンネル
これはこれで、壮観な景色
爽快なサイクリングが堪能できますね
しかし、これが、自転車・歩行者専用ならいいのですが、
原付は通行可なので、やや離合するのに危険かなという感じはありましたね

してして、1.2キロもの大橋を渡りきり・・・
DSC_3878.jpg
因島到着ー


してして、今回も記事が長くなりました
まだまだ、
しまなみサイクリング続きます



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわ~、すごいですね。
遠くに見えたあの橋を実際に渡ってしまうのですね。
何とも気持ちの良いサイクリングです。
上から4枚目の写真に長男君の成長を感じてしまいます。
なんかお兄さんになったなぁ~。(じ~ん)
続きも楽しみにしていますね。

| Shop Asahiyama | 2015/11/10 14:38 | URL |

Shop Asahiyamaさんへ

> うわ~、すごいですね。
> 遠くに見えたあの橋を実際に渡ってしまうのですね。
> 何とも気持ちの良いサイクリングです。
あの規模の橋を自転車で渡るなんて、
正直、私も初体験だったので、
ちょっと感動的だったりで^^
ホント、気持ちのいいサイクリングでしたよ^^

> 上から4枚目の写真に長男君の成長を感じてしまいます。
> なんかお兄さんになったなぁ~。(じ~ん)
ザ・男旅!
って、感じでしょうか^^
次男君もおらず、今回は父と長男の二人旅ですからねぇ。
成長した長男君の背中を見た感じがしましたね。

> 続きも楽しみにしていますね。
もう、暫く続くと思うので、
どうぞお楽しみにー^^

| 瀬戸内みかん | 2015/11/10 23:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setoutimikanblog.blog.fc2.com/tb.php/1089-c4487486

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT