FC2ブログ

くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】私に似た人/貫井 徳郎

私に似た人 
284.私に似た人/貫井 徳郎


今回は、特に理由もなく、
いつもの、なんとくなく手に取ってみたパターンのヤツです

まぁ、作者が貫井 徳郎さんですし、
作品も、直木賞候補に入った作品ですし、
外れはないだろうとね

また、表紙画の、
なんとも言えない禍々しさに、惹かれましてね
って、そんな所に惹かれるってのもどーなんだ?
ってな感じではありますけどね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

小規模なテロが頻発するようになった日本。

ひとつひとつの事件は単なる無差別殺人のようだが、
実行犯たちは一様に、
自らの命をなげうって冷たい社会に抵抗する“レジスタント”と称していた。

彼らはいわゆる貧困層に属しており、
職場や地域に居場所を見つけられないという共通点が見出せるものの、
実生活における接点はなく、
特定の組織が関与している形跡もなかった。

いつしか人々は、犯行の方法が稚拙で計画性もなく、
その規模も小さいことから、
一連の事件を“小口テロ”と呼びはじめる―。

テロに走る者、
テロリストを追う者、
実行犯を見下す者、
テロリストを憎悪する者…

彼らの心象と日常のドラマを精巧に描いた、
前人未到のエンターテインメント。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


表紙画で感じた、
『なんとも言えない・・・』ってのは、
意外にも作品の内容を表してたかなぁ。。という感じで

貫井 徳郎さんの作品は、
まだ、今作を含めて、4作程度しか読んでいないので、
ウィキペディア情報で申し訳ないですが、
作風的に、読後感が非常に暗く重い作風であるらしいのですが、
今作はどうでしょうねぇ・・・

作品は10作の短編となっており、
いづれの作品も主人公は違い、
物語も全く別の話であるのですが、
全てに繋がるのは、小口テロといわれる、要は自爆テロ
ま、それで、読後感が良い訳ないのですがね

して、
それぞれの短編は独立した物語ですが、
随所に伏線があり、
短編を読み勧めるウチに、小口テロのからくりが判明していき、
最終的には、小口テロの首謀者が判明するという、
一つのミステリーとしては解決というより、解答が出る感じではありますかね

しかしまぁ、
やはり読み始めると嵌りこんでしまいますねぇ
短い物語の中で、
小口テロという、悲劇に巻き込まれる人、引き起こす人、
それぞれが主人公の物語が、
人物像や、その時の世界観ってのが、
読んでいてすっと入ってくるってのは、
貫井 徳郎さんの筆力の賜物でしょうねぇ

まぁ、先に書きました読後感という話では、
個々の短編の物語に入っていけるのですが、
結局は小口テロが絡んできて、
ドンヨリと闇を落とす話が多いのですがね。。。

また、最終的に出る『解答』
あえて、『解決』ではなく、『解答』としたのですが、
やはりスッキリしない所がりますし、
個々の物語は面白いものがあるのですが、
後味は良くないですからね

てことで、
『なんとも言えない・・・』ってね
ま、面白くなくは無いですのでね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの貫井 徳郎

256.【小説】ドミノ倒し/貫井 徳郎 (2015.12.8)
141.【小説】プリズム/貫井 徳郎 (2013.8.30)
107.【小説】慟哭/貫井 徳郎 (2013.2.6)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 貫井 徳郎 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setoutimikanblog.blog.fc2.com/tb.php/1326-32945553

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT