くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小説】彼女が死んだ夜/西澤 保彦

彼女が死んだ夜 (幻冬舎文庫)
288.彼女が死んだ夜/西澤 保彦


前回の読書感想に引き続きまして、
西澤 保彦さんの『タックシリーズ』

前回、手に取った『仔羊たちの聖夜』は、
既にシリーズ3作品目だったという、
シリーズ物は1から読みたい派の私としては、
致命的なミスをしでかしたのですが、
その反省を踏まえて、
改めて、シリーズ1作目となる今作、
『彼女が死んだ夜』を手に取った次第です



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

門限はなんと六時!
超厳格教育で育てられた
箱入り娘のハコちゃんこと浜口美緒。

両親を説得し、やっとのことでアメリカ旅行の許可を得た。

両親の目を盗んで大学の仲間が壮行会を開いてくれた出発前夜、
家に帰ると部屋に見知らぬ女性の死体が!

男性陣が駆けつけると、
こんなトラブルに巻き込まれて旅行が中止になってしまっては、
と興奮したハコちゃんは、
喉にナイフを当てこういった。

「この死体を捨ててきてくれなければ、わたしは死ぬゥ!」。

とんだ難題の処理が大事件に発展し…。

タック、タカチ、ボアン、ウサコ、キャンパス四人組が挑む第一の事件。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


前回読みました、
仔羊たちの聖夜』についても、
あらすじ段階で、
無茶苦茶な設定のミステリーだなぁ
面白そう
で、手に取ったのですが、
今作も、滅茶苦茶な設定ですよね
それが、本格ミステリーに仕上がってるってんで、
そりゃ、人気シリーズになるってもんですねぇ

で、今回の物語は、
超・箱入り娘の超・我侭ドタバタトンデモ殺人劇
てな感じでー

とりあえず、最初から、
見知らぬ女性で自宅で倒れてるから、
よそへ捨てて来てー
なんていう、訳のわからない話から始まるのが、
もう、話が飛んでますよねぇ

まぁ、それが惚れた女の頼みなら
とばかりに、手伝ってしまう事となるのですが、
そこからの展開も滅茶苦茶で
遺棄した女性の身元はわからず、
現場にあった遺品(髪の毛)とも一致せず、
余計なことをしてしまったばかりに、
事件は完全に行き詰まりつつ・・・

ハチャメチャな展開な上に、
むしろ、ハチャメチャな展開だからこそ、
真相はいよいよどうなってるんだーとね

ま、今作は、西澤 保彦さん得意のSFミステリーではなく、
もちろん本格ミステリーですから
全ての謎が解ける、ひとつの真相がありますが・・・
これはこれで、無茶苦茶
結果、昼ドラでもないような、
ありえへん展開と、男女のドロドロっぷり、そして、
どんでん返しをしたいが為に、作られた物語な感じ
まぁ、それはそれで、
とっても面白く楽しませてもらったのですけどね


それに、やっぱり主人公達の、
タック、タカチ、ボアン、ウサコのキャラは素敵で、
作品をより面白くしてますよね

このまま、シリーズ一気読みー
とは、いきませんが・・・
読み進めていきたいシリーズですね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの西澤 保彦

287.【小説】仔羊たちの聖夜/西澤 保彦 (2017.2.16)
274.【小説】瞬間移動死体/西澤 保彦 (2016.5.18)
270.【小説】解体諸因/西澤 保彦 (2016.3.31)
228.【小説】腕貫探偵/西澤 保彦 (2015.5.16)
71.7回死んだ男/西澤 保彦 (2012.07.25)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 


| 西澤 保彦 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

書評投稿サイト「本が好き!」のご案内

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。レビューをご投稿の上ご連絡いただけましたら、通常は審査を通過した方のみ申し込み可能な献本に、すぐご応募いただけるようにいたします。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿し、交流しているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

| 本が好き!運営担当 | 2017/04/05 23:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setoutimikanblog.blog.fc2.com/tb.php/1388-f670069d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT