くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【映画】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 スタンダード・エディション [Blu-ray]
174.ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章


ついに
といいますか・・・、やっと。ですかね

ジョジョ1部より全巻コンプリート、
今なお、愛読し続けています、
『ジョジョの奇妙な冒険』
いやはや、ファンなら必見の実写版

すっかり映画館での鑑賞からは、離れてしまった私ですが、
このジョジョのためなら、
一人でも見に行ってもいいくらいだと思っていましたが、
まぁ、もろもろの諸事情()もあって、
タイミングを失い、結局見ず仕舞いで、
まさに、ニワカファンを露呈した形ではありますが、
気になる映画No.1に変わりなく、
レンタル解禁と共に、手に取った訳であります

しかしまぁ、
基本的には、ネタバレするのを恐れて、
あらすじ以外の評判だとか、
感想だとはあえて触れないようにしている私なのですが、
この『ジョジョ』だけは、気になるNo.1ですから、
ちょこっと目にしてたのですね。。。

その評判てのが、ちょっとあやふやで、
私が見た情報だけでいえば、
『大コケ』『続編打ち切り』というマイナス要素から、
『以外に良かった』『ファンとしても、見れる作品』
という、想像より良かった系の評判も・・・

結局、どうなのか
正直、私のような根っからのファンからすれば、
やはり期待値は低めですが・・・
なんだかんだで、とっても楽しみに手に取った次第でありますが・・・


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
作品紹介

荒木飛呂彦の人気漫画を山崎賢人主演で
実写化した超異色のサスペンス。

変死事件が続発している杜王町。

“スタンド”と呼ばれる特殊能力を持つ仗助は、
この町で満ち足りた生活を送っていた。

そんなある日、仗助はコンビニで強盗事件に遭遇し…。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157.jpg m_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg


『ジョジョ』
改めて、最高

個人的には、
(ほぼ)最高の『ジョジョ化』ではないですか
と、言いたいですねぇ

総評から、言ってしまうと、
完璧ではありません
ジョジョの世界は、かなり独特

『ドキューン』『ゴゴゴゴゴ』『ズキャーーン』などの擬音による表現
肉体美を最大限表現できる(らしい)、いわゆるジョジョ立ち(ポーズ)
そして、受け継がれるジョースター家の血と人間賛歌

長い間で構築され、
そして、たくさんのファンの心をつかんだ、
この『ジョジョワールド』は、
たったの2時間の映画で再現するなんてまず不可能
そもそも、擬音とジョジョ立ちなんて、漫画だからこその表現なのでね、
実写映画でどう表現するかでなく、
どうアレンジするか?
という課題だったのではと思いますが・・・

それを踏まえてでも、最高のジョジョワールドが出来ていたのではないでしょうか
というのも、
撮影ロケ地はスペイン
漫画の舞台、杜王町は宮城県仙台市がモデルなので、
日本でいいものを、海外ロケにて撮影を実施
より世界観が似た場所を選ばれたとの事ですが、
これは、バッチリ合っていたのではないでしょうか?
まぁ、これが、無駄に撮影費を上げて足を引っ張ったという結果論はあるかもですが・・・
少なくとも、私としては漫画を読んで感じた杜王町と、ぴったりマッチしてました

つづいて、『スタンド』
ジョジョを描く上では、避けれない、最重要ピースの一つ
もちろん、実写版ではCGで描かれるのは解りきってますが、
その完成度でありますが・・・
これまた、最高
守護霊という意味もある、精神エネルギーが具現化したのスタンドという、
まぁ、超能力であるのですが、
そのスタンドのデザインも、ジョジョの魅力の一つでありますが、
すばらしい表現で、綺麗で、かっこよく、スタイリッシュでしたねぇ
バットカンパニーとのスタンドバトルは、燃えました

最後はキャスト
ゴツゴツの男祭りでもある、ジョジョですが、
今回、映画化されたジョジョ4部の物語が、
ジョジョシリーズの中でもちょっと風味が変わり、
日常生活に潜むミステリー(怪異)と立ち向かう物語になっておる事もあり、
こってこてのキャストでなくても、嵌っていたのは良かったのではないでしょうか
まぁ、それでも主人公の仗助は、
ジョジョの血を次ぐ男としては、長身ムキムキ必須のキャラを、
山崎賢人さんが演じるというのは、まぁ、ファンからは物議をかもしますよねぇ・・・
が、ふたを空ければ、しっくり
仗助の優しさとプッツンの2面キャラをしっかり物にしていたかと思います
鑑賞後の今は、仗助は山崎賢人さんしかないなと思えるほど
ジョーカー的キャラの承太郎も、伊勢谷友介さんにしても、決まってましたねぇ
他のキャストさんたちは、もう100点でしょう
虹村兄弟は、完璧
広瀬康一も、完璧
山岸由花子のミステリアスさも、完璧

キャストも完璧ッス


いやはや、
やはり、語りすぎると無駄に長くなってしまうので、
てか、既に長文になってしまってますが・・・
とにかく、続編切望であります
どうやら、本当に興行収入的には、大コケで、
完全打ち切り濃厚ではあるのですが、
あの終わり方で終われないでしょ
いろんな要素が置き去りのままかつ、
ジョジョ4部の重要キャラ、露伴先生に吉良先生も登場しないままだなんて
なんなら、じゃんけん小僧との勝負も見たい

個人的には、
本当に面白く、是非、3部作完成させてもらいたい一作であります
(映画館で見てないけど・・・)






最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 邦画 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setoutimikanblog.blog.fc2.com/tb.php/1653-fbbd9562

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT