FC2ブログ

くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

殺戮にいたる病/我孫子武丸

今日は、昨日と打って変わって久々に定時で帰宅
しかし、帰ると・・・
親父には、『雨が降るど』
嫁には、『まだ、ご飯できてないよ』
長男君には・・・・、て。いない・・・
聞いてみると、嫁の実家に行ってるよと

次男君だけは、私の顔をみて、
『あーうー。』
(きっと、お父さんお帰りーと言ってるんだ
と、笑顔で迎えてくれました


さて、今日も一冊
殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸

商品詳細を見る
88.殺戮にいたる病/我孫子武丸


以前も書いた事ありますが、
我孫子武丸さんと言えば、
私としては、ゲームの印象が強い作家さん
そう、『かまいたちの夜』シリーズが、
大好きでして

して、この『殺戮にいたる病』
『どんでん返し本』と言えばで、調べてみると、
ほぼ紹介されている作品に名前を連ねているという一冊
かなりの期待値を持って読んだ作品です


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

永遠の愛をつかみたいと男は願った―。

東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。

犯人の名前は、蒲生稔!

くり返される凌辱の果ての惨殺。

冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の
行動と魂の軌跡をたどり、
とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

先日の、『姑獲鳥の夏』からいうと、
まさかの、1日、一気読みでしたねぇ
作品にぐいぐいと惹きこまれ、
結末まで読まないと、とても寝れないという状態でしたねぇ

初めから、かなり高い期待値を持って、
何かをしようとすると、
大概の場合、期待ほどでもなかった・・・
という、オチが待ってるというのは、よくあることだと思いますが、
この作品は、
見事に私の期待に応えてくれましたねぇ

前評判通りの作品で、
イニシエーション・ラブ』以来の、
ラスト数行での、衝撃
ほんっと、見事に世界がひっくり返されました
元々、そーゆー本であると解って読んでいても、
騙されるという・・・
まぁ、それは私だけではないでしょう

が、内容としては一つ難点が・・・
描写がキツイ
殺人ではなく、本当に殺戮
結構、生々しく殺戮を描写してあるので、
苦手な人には、
注意ではなく、警告として、おススメできませんね

まぁ、それでも、
本当に最後の真相には、
度肝を抜かれること間違いない事は保証します


いやはや、まだまだこんな秀逸な作品は、
たくさん眠っているのでしょうねぇ
これだから、ミステリー小説は辞められません



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの

46.0の殺人/我孫子武丸 
45.8の殺人/我孫子武丸 
43.探偵映画/我孫子武丸 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 我孫子 武丸 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setoutimikanblog.blog.fc2.com/tb.php/217-e3097d9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT