くるくるみかん日記

二人息子の育児に家族旅行に、ミステリー小説の読書感想に映画感想、たまにB'z情報・・・、まとまりの無いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さい

≫ EDIT

【日記】次男君誕生日2017 その1

本日、6月18日は次男君の誕生日

DSC_1865.jpg
5歳になりましたー

今日が自分の誕生日であることを、
すっかり覚えております次男君は、
1週間前から、自分の誕生日までをカウントダウンしてました

して、迎えた誕生日当日
『今日はゆいくん誕生日よー
 ケーキ食べるんよー
とね

その誕生日ケーキはコチラー
DSC_1888.jpg 
特性・カープ坊やケーキであります

DSC_1892.jpg
美味しそうな、誕生日ケーキに、
パンツ一丁で、小躍り次男君

いやはや、順調に自由人わるガキ次男君へと成長してるようで、
可愛らしさが失いつつあるような・・・
ま、それも成長でありますが


してして、
簡単ではありますが、今日はこの辺で
誕生日プレゼント編は、また明日ー



~~~ 次男君誕生日関連記事 ~~~

739.【日記】次男君誕生日2016 その2 (2016.6.20)
738.【日記】次男君誕生日2016 (2016.6.18)
554.【日記】次男君誕生日2015 (2015.6.21)
553.【日記】次男君誕生日2015(仮) (2015.6.18)
379.【日記】次男君誕生日2014 (2014.6.23)
377.【日記】次男君誕生日2014(仮) (2014.6.18)
213.【日記】次男君誕生日2013 (2013.6.18)


最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小説】天空の蜂/東野 圭吾

天空の蜂 (講談社文庫)
291.天空の蜂/東野 圭吾


みかん日記では、
ダントツの読了数であります、東野 圭吾作品

今作『天空の蜂』で、21作目となりますが、
実は、このブログを始める前より、
読んでいた作品も多々ありまして

加賀恭一郎シリーズも、
何気に前作読んでおりますゆへ
実際は30作以上読んでるではないかと

まぁ、それだけ読みたくなる魅力が、
やはり『東野 圭吾作品』にはありますよね

して、今回の『天空の蜂』は、
2015年に映画化もされ、
さらには、作品のテーマもクローズアップされ、
話題となった作品でありますね

やはり、見逃せない一作ということで、
手にとってみました


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ストーリー紹介 (BOOK紹介より)

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。

無人操縦でホバリングしているのは、
稼働中の原子力発電所の真上。

日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、
政府が下した非情の決断とは。

そしてヘリの燃料が尽きるとき…。

驚愕のクライシス、
圧倒的な緊迫感で魅了する傑作サスペンス。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


みかん的評価:m_157.jpgm_157.jpgm_157.jpgm_157_1.jpg m_157_1.jpgm_157_1.jpgm_157_1.jpg
(みかん的評価についてはコチラ


正直、素直な感想を述べるとすると、
面白くなかった
まぁそれは、『東野 圭吾作品』という期待値からすると。
という、注意書きが必要ですけどね
更に、今作は、物語のテーマが原発ですから、
純粋に、エンタメ作品としてみた場合という、
注意書きもプラスしておきましょうかね
(なんだか、言い訳がましてくなりますが・・・)

どうしても、何作品ものヒット作を生み出しています、
東野 圭吾さんでありますから、
重厚な人間ドラマありきの、
手に汗握る、ドキドキ感もありつつの、
どんでん返し本格ミステリーを期待しますからねぇ
って、これは期待しすぎですかね
ま、そんな期待を裏切らない作品が多いだけにね

しかしまぁ、今回の『天空の蜂』が、
そういった要素が無いことは全然無いのですが、
まず、事件の舞台が原発ということ、
事件もテロ行為であること、
その渦中に、子供が巻き込まれてること、
脅迫に対する政府の決断、
そして、テロの首謀者(犯人)、
と、面白さてんこ盛り

にもかかわらず正直な感想が『面白くない』と思ってしまったのは、
物語の間延び感がどうしても・・・
それが影響してか、
物語りも淡々と進んでる感もでてきて、
間違いなく面白い話ではあるのと思うのですが、
東野 圭吾作品を読んでる自分としては珍しく、
寝落ちしてしまったりで・・・

それも、今作のテーマが原発であるという事が、
大きく影響してるのですかね?
原発についての、
まさにプロ根性が伝わるような取材をされたのでしょう。
ホントに事細かな薀蓄が並びまして
まぁ、私には読んでてチンプンカンプンである所が多いですが、
『原発』というものをよく知って欲しいという、
作者の気持ちはとてもよく伝わる物語でありましたね

この作品が書かれたのが、
今から20年以上も前ってのも、なんだかねぇ・・・


して、映画版の評判がかなりいいようなので、
原作との違いも楽しみつつで、
また、見てみたいと思います



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みかんの東野 圭吾

286.【小説】夢幻花/東野 圭吾 (2016.12.1)
271.【小説】マスカレード・イブ/東野 圭吾 (2016.4.8)
268.【小説】ラプラスの魔女/東野 圭吾 (2016.3.15)
267.【小説】人魚の眠る家/東野 圭吾 (2016.3.5)
262.【小説】あの頃ぼくらはアホでした/東野 圭吾 (2016.1.25)
223.【小説】歪笑小説/東野 圭吾 (2015.4.3)
219.【小説】黒笑小説/東野 圭吾 (2015.2.27)
193.【小説】疾風ロンド/東野 圭吾 (2014.9.23)
160.【小説】祈りの幕が下りる時/東野 圭吾 (2013.12.28)
140.【小説】毒笑小説/東野 圭吾 (2013.8.26)
139.【小説】怪笑小説/東野 圭吾 (2013.8.24)
138.【小説】プラチナデータ/東野 圭吾 (2013.8.20)
103.【小説】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野 圭吾 (2013.1.5)
100.容疑者Xの献身/東野 圭吾 (2012.11.27)
84.夜明けの街で/東野 圭吾 (2012.09.12)
83.さまよう刃/東野 圭吾 (2012.09.09)
82.使命と魂のリミット/東野 圭吾 (2012.09.06)
80.ダイイング・アイ/東野 圭吾 (2012.08.28)
79.白銀ジャック/東野 圭吾 (2012.08.26)
1.マスカレード・ホテル (2011.10.01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 東野 圭吾 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】ほたる2017

今年もこの季節がやってきました
梅雨時期になれば、
小川のほとりを幻想的に光照らします・・・
DSC_0365.jpg
ホタル達であります
たくさんの自然が残る、綺麗な小川周辺にしか生息しないホタル
現代では、見たこと無いって人も多いのではないでしょうか?

嫁さんのおばぁちゃん家では、
未だ、たくさんの自然が残り、野生ホタルが見れる場所で、
毎年恒例となりつつありますが、今年もホタルを見にいってきました
といっても、
私自身は、今回は行けれなかったのですが、
今年もたくさんのホタルが出ており幻想的な風景を楽しめたようで、
子供たちも喜んでました

とまぁ、帰ってきた子供たちの手に、
フワリと光る虫かごが・・・
DSC_0363_20170616220515854.jpg
えぇー
捕まえて帰ってきちゃったのー
ご存知、ホタルの寿命は成虫となってから1週間程度とかなり短命
どうしても、かわいそう・・・と思ってしまうところですが、
嫁さんも、おばぁちゃんも、
次男君の強い希望に押し切られたのでしょうね
『保育所に持って行って、みんなに見せたい』という希望に
まぁ、同じ保育所に通う子供たちも、
もしかしたら、見たこと無いという友達もいるでしょうかね

して、翌日
保育所の友達に、見せてあげた後、
やはり、このまま虫かごの中で息絶えてしまうのはよくない・・・

てことで、
DSC_1823.jpg 
家の近くの裏山へ逃がしてあげることに。
流石に、平日仕事終わりに、おばぁちゃんの家まで行くのが距離がありますので・・・
住宅団地の裏山へ、
自然の小川が流れるような場所ではありませんが、
少しでも草木がある場所でと思いやってきたのですが・・・

なんと、
DSC_1839.jpg
ホタルがいるではありませんか
まぁ、私が住む場所は片田舎ではありますが、
ホタルが生息できるような環境ではないと思っていましたけどねぇ・・・
ほんの数匹ですが、生息してる姿を見て、
今の地域に住み始めて30年目の大発見であったりです

DSC_1826_20170616222302ad5.jpg  
数匹ではありますが、仲間の元へ逃がしてあげる子供たち

どうしも、自分達の住みやすさを求めて、
近くにコンビニがあれば、いいのにな。と、思いがちではありますが、
ホタルたち住めるような環境は大切にしていきたいと改めて思いました
壊すのは簡単でも、取り戻すのはかなり困難でありますからね

DSC_1836.jpg 
来年も、わが町の、この裏山でホタルを見たいものです



~~~ ほたる関連記事 ~~~

737.【日記】ほたる2016 (2016.6.17)
550.【日記】ほたる祭り (2015.6.14)
373.【日記】ホタル (2014.6.8)



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】急性胃腸炎?

今朝、早く、
『おなかが痛い・・・』
と、私のベットにやって来た次男君
『お腹出して、寝よーるけぇよ。
 父さんの横で、横になっておき』
と、布団を掛けて寝かせると・・・

『おぇぇぇぇ

と、嘔吐してしまった次男君

びっくり飛び起きた私と嫁さんで
まぁ、その後、
嘔吐く次男君を背中をさすって介抱しまして・・・
DSC_1842.jpg
やっと落ち着いたと思えば、時刻は朝7時過ぎ

嫁も私も仕事に行く時間
ですが、嫁さんは今日の為に準備してきた仕事があり、
休めないので、今回は私が看病する事に

さぁ、次男君が起きたら、
とりあえず病院へ連れて行って、
汚れた布団を洗濯してー、
お昼ごはんの準備と、
お腹にいい食べ物を買ったりしてー・・・

と、思いつつ。。。
1時間ほど寝た次男君が起きてくるとー・・・
DSC_1840.jpg
はい、元気
『もう、お腹治ったよ』で、
携帯ゲームをし始める次男君

2時間ほど前に、
顔面蒼白で布団にゲロぶちまけて下さり、
痛い痛いと死にそうだった次男君でありますが・・・

DSC_1844.jpg
もう、元気
で、トムとジェリーを見て笑う次男君

はい、私の看病終了でーす

ま、もちろん病院にはいきましたが、
当たり前ですが、原因不明
ただ、のどが腫れてるのと、
腸の動きが鈍い感じなので、
食事を食べさせすぎずに、一日は安静にしといてね。との事


しかしまぁ、
すっかり元気を取り戻した次男君が大人しくしてる訳も無く、
まぁ、次男君は熱もあるわけじゃないし、
私も、する事もないので・・・
DSC_0979_20170614113801588.jpg
ちょこーっと、お外で虫取りでも行ってみちゃったり
ボール遊びとかの運動系でなく、
お散歩程度なものなのでいいかなぁー、なんて思って

で、
タイミングよく嫁にバレてね

・・・・・・ → 

はい。
病人はちゃんと安静にしておきましょうね


一応。
次男君は翌日、
元気に保育所へ行きましたとさ
ちゃんちゃん。



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】虫取り遊び

梅雨入りはしたようですが、
穏やかなポカポカ陽気の週末

ずっと次男君よりお願いされておりました、
DSC_1765_201706122055377ef.jpg
虫取り遊びへ一緒に行ってきましたー

次男君が捕まえたい虫を聞いてみるとー・・
『ショウリョウバッタとー、
 ナナホシテントウとー、
 カマキリとー、
 クソムシ(フンコロガシ)とー、
 キチョウとー、
 ナナフシー』
多い多い
しかも、お気づきでしょうか?
全て、虫の名前が具体的
『バッタ・テントウムシ・チョウチョ』とかでなく、
具体的な名前がスラスラ出てくる事に驚きな私であります

極め付けが『ナナフシ』って
木の枝に似た昆虫でありますが、
次男君が何処で覚えたのでありましょうかねぇ

てか、
『ナナフシ』の名前はある程度有名でも、
捕まえるのは流石にむりかなぁー。。。
私自身、生では見たことないし・・・
と、思いつつ・・・・・・
近くの公園へしゅっぱーつ

DSC_1769_20170612220621f73.jpg
『むしさーん。どこいるのー?』

DSC_1786_201706122228089be.jpg 
『ここにおるかなぁー

DSC_1780.jpg
『おったーーー

てな感じで、
虫取り網片手に、
楽しそうに探し回る次男君であります

DSC_1798.jpg
しかしまぁ、虫を捕まえるのは、
網は使わず、素手でありますけどね

DSC_1792_201706122231147df.jpg 
『いっぱい、捕まえたー
と、嬉しそうな次男君

いやはや、すっかり次男君も、
『男の子』になったなぁー。なんて
昨年マデは、長男君と一緒に出て、
長男君が捕まえる虫を嬉しそうに自分の虫かごに入れてましたが、
この日は次男君だけであり、
私が同伴はしてますが、自分から進んで裏山に登ったり、
公園の影へ虫を探して行くようになちゃって


ちなみに、この日の成果は、
ダンゴムシ多数、ナナホシテントウ1匹、ショウリョウバッタ1匹、
謎の虫数匹・・・
でありました
やっぱり、『ナナフシ』はいませんでした。
ちゃんちゃん。



最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしければ、ポチッと応援ヨロシクお願い致します1045.jpg 

| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT